年度末商戦で、大幅値引きなど好条件を引き出す商談の進め方

目安時間:約 5分

新車販売の世界では、年度末商戦は一年のうちで最もお得に新車を購入できる時期です。

 

今年、新車の購入を検討している人にとっては、好条件で購入できるチャンスです。

 

けれど、お得に購入できる時期といっても、何も考えずにディーラーを訪れて商談するだけでは、好条件を獲得することはできません。

 

そこで、『年度末商戦で好条件を獲得する商談の進め方』についてお話ししますね。

 

 

ちなみに、前回、今年の年度末商戦のポイントや、好条件を引き出すコツについてお話ししました。

 

こちらもぜひ参考にしてください。

 

※今年の年度末商戦は、客寄せパンダ的新型車がたくさんある

2017年の年度末商戦で好条件を獲得して新車を購入するコツ

 

 

50万円以上もたかく売れる可能性も
  • 大切に乗ってきた車だから高く売りたい
  • 下取り査定額を上乗せしたい
  • 今の愛車の価値を知りたい

 

あなたは、これらに悩んでいませんか?

 

このサービスを使えば、50万円以上も高く売ることができる可能性があります。

かんたん車査定ガイド

↑↑↑  

無料でできます

年度末商戦で大幅値引きなど好条件を引き出すキー

近年、新型車や人気車を中心に、納期の遅延が多くなっています。

 

年度末商戦期間(2月、3月)に受注しても、3月までの納車に間に合わないことが多いです。

 

そのため在庫車をあまり持たないトヨタ系ディーラーを中心に、1月から年度末商戦をスタートさせています。

 

新型車や人気車を購入する予定の人は、1日でも早く動き始めることが重要です。

 

また、納期が極端に遅くなっていない車種も納期が遅くなっている傾向なので、2月上旬には契約すれば、年度内納車可能なので好条件が獲得しやすいです。

 

 

大幅値引きを引き出すポイントは、『納期』にあります。

 

値引きアップを導くキーワードはズバリ“納期”。“現行エコカー減税も終わるというし、年度内には最低でも納車してほしい”と告げれば、年度内実績にしたいディーラー側とは利害が一致しているからだ。

 

納期遅延となっている新型車が本命ならば、“ライバル車は値引き条件もいいし年度内納車可能ですよ”とセールスマンに揺さぶりをかけ、その他の場合は、“以外に新型車のわりには値引きはいいんだけど、納車に時間がかかるのがねえ”とセールスマンを揺さぶるのが効果的といえるだろう。

 

販売サイドとしては、年度内実績可能、もしくは見込める契約は手から喉が出るほど欲しい。そこを突くためには、“短期間速攻契約”がこの時期の商談でのマスト条件となるのも忘れないでほしい。

(引用元:CARトップ)

 

このように、新型車や人気車を狙うにしても、そのほかの車種を狙うにしても、“納期”を利用して好条件を引き出せばいいんです。

 

ただし、年度末商戦はお客の数が多いので、だらだらと商談をする人は営業マンに嫌われて好条件を引き出すことはできません。

 

商談をする前に購入希望車種を1~2車種まで絞り、予算を決めて、短期決戦で商談を行ってくださいね。

 

 

軽自動車で好条件を引き出すポイントは、年度末商戦最後の月(3月)に勝負

登録車(軽自動車より大きい規格の車。普通車のこと)は、上でお話しした通り、少しでも早く動き出したほうがいいです。

 

けれど、軽自動車は、3月に入ってから商談を行い、3月上旬に契約したほうが好条件を引き出しやすいんです。

 

 

軽自動車は、車庫証明の交付が必要でもナンバー取得後で構わないので、取得までの時間は短くなります。

 

また、軽自動車は、在庫車販売がメインなので、納車に時間があまりかからないんです。

 

そのため3月に入ってからギリギリのタイミングで商談を行い、追い込むように値引きをアップさせたほうが、効率的に好条件を引き出すことができるんです。

 

ディーラーも年度末商戦の厳しいノルマを達成するために、3月に入ると軽自動車で販売実績の上積みを進めてくるので、好条件が出やすいんですよ。

 

軽自動車を購入する人は、3月に入ってから短期勝負の商談を行い、好条件を引き出してくださいね。

 

もちろん、短期勝負なので、あらかじめ購入希望車種と予算を決めておいてくださいね。

愛車を高額買取してもらう方法。車買取一括査定の利用がポイント

車を高く売るためには、普通にディーラーの下取り査定や車買取店の査定を受けるだけではダメです。
 
複数の車買取店やディーラーの査定を受け、価格競争させることが重要です。
 
これをすることで、1店舗だけの査定よりも、数十万円以上も高く売ることができる可能性があるんです。
 
 
方法は簡単です。
 
以下のような流れで行えばいいんです。
 
1.車買取一括査定サイトを利用して、複数の車買取店から査定を受ける
2.複数の車買取店を競合させて、最も高い査定額を引き出す(⇒車買取で最も高い査定額を得る交渉術。買取価格が数十万円アップも
3.ディーラーの下取り査定を受ける
4.「ディーラーの下取り査定額」と、2の「車買取店の最も高い査定額」を競わせる(⇒車の下取り査定額を上乗せする方法。車買取店との競合がコツ
5.最終的に高い方に売却する(ただし、差が2~3万円くらいのときはディーラーへ下取りに出す)
 
このように行えば、愛車を最も高く売ることができ、下取り査定の上乗せも期待できるんですよ。(車を売却するだけの人は、2.で終わればいいです)
 
「愛車を最も高く売りたい」「下取り査定額をアップさせたい」という人は、ぜひ行ってください。
 
 
ただ、たくさんの車買取店を回るのは大変ですよね。
 
そこで便利なのが“車買取一括査定サイト”です。
 
必要項目を入力するだけで、あなたの住んでいる所の複数の車買取店が無料で査定をしてくれるんです。
 
しかも、実際に車を見て査定をするときも、無料で自宅まで来てくれるんです。
 
愛車を高く売るたい人は、車買取一括査定サイトを利用して、複数の車買取店に査定を受けることからスタートです。

当サイト人気一括査定サイトランキング

かんたん車査定ガイド

たった45秒で一流業者が愛車の値段を教えてくれる!

入力項目が少ないので査定依頼がとっても簡単。東証一部上場企業が運営しているので安心ですね。一流の大手買取業者からコダワリの専門業者まで最大10社の一括査定を受けることができますよ。しかも、入力してすぐに概算の最高額も分かるのもGoodです。

車査定比較.com

申し込み後、すぐに買取相場を教えてくれる!

全国の200社以上の質の高い車買取業者と提携し、サイトの運営会社は上場企業なので、安心して利用できる無料買取一括査定サイトです。たった数項目の入力で、最大10社の車買取店から見積りがもらえます。しかも、全国75万台のデータから算出した買取相場を、申し込み後すぐに教えてくれますよ。

カーセンサー.net簡単ネット査定

意外な高値が期待できる一括査定サイト

リクルートが運営しているカーセンサーの一括査定サイト。最大30社から見積もりが届きます。地方の中小買取企業も参加しているため意外な高値が期待できます。さらに、大手では買い取ってくれない車に強いのも特徴です。


愛車を高く売りたいなら必見!

↑↑↑

【無料でできます!】

愛車を高く売りたいなら必見!

↑↑↑

【無料でできます!】

車を最も高く売却する方法
愛車を高く売るコツ
車を高く売却する車選び
車買取査定の基本
車買取の裏ネタ
新車を安く購入するコツ
新車を購入する時期
賢い商談方法と予約購入につい
商談を行う販売店選び
お得に新車を買う商談の基本
今月の人気記事
カテゴリー

ページの先頭へ