2017年の年度末商戦で好条件を獲得して新車を購入するコツ

目安時間:約 6分

新車販売の世界では、年度末商戦は一年のうちで最もお得に新車を購入できる時期です。

 

2017年に新車購入を考えている人にとって、外せない時期のひとつです。

 

お得に購入できる時期だからといっても、ただディーラーを訪れて商談するだけでは、好条件を獲得することはできません。

 

そこで、『年度末商戦で好条件を獲得するポイント』についてお話ししますね。

 

 

「愛車を高く売りたい」 が現実になる方法
  • 大切に乗ってきた車だから高く売りたい
  • 下取り査定額を上乗せしたい
  • 今の愛車の価値を知りたい

 

毎月100人以上が利用する方法で、あなたのこの悩みを解決できます。

⇒詳細はこちらをクリック

そもそも、年度末商戦とはなに?

一般的に、3月が中心で、2月と併せて年度末商戦期といわれます。

 

新車販売の世界でも、値引き条件の拡大が引き出しやすい”増販期”がいくつかあり、事業年度に合わせたものが”年度末商戦”(2月、3月)となっています。

 

 

ただ近年は、一年を通して増販期が続いているようなものなので、車両本体値引きは、通年でほぼ変わらなくなってきています。

 

その代わり、年度末商戦などの増販期は、オプション値引きや下取り査定額の上乗せなどの特典が設定されるため、総額として値引きがアップするんです。

 

年度末商戦は、この値引き支援が年間で最も厚くなるので、最も車が売れるんです。

 

 

これまで2月と3月が年度末商戦期となっていましたが、近年は、新型車や人気車を中心に、納期遅延が多くなっています。

 

とくに販売店在庫をほとんど持たないトヨタ車は、納車に時間がかかる傾向が強いです。

 

新車の販売実績は、その月に販売した台数ではなく”その月に登録した台数”でなので、年度末商戦期の販売実績は、3月31日までに登録できた台数です。

 

そのため、トヨタ系ディーラーが前倒しで1月から年度末商戦の販促活動を行っていて、他社のディーラーもそれに合わせて1月から販促活動を行うことが多くなってきているんです。

 

なので近年の年度末商戦は、1月から始まっているようなものなんです。

 

 

2017年は4月から5月にかけて現行のエコカー減税から、対象車が少なくなる新エコカー減税に移行します。

 

新エコカー減税への移行により、駆け込み需要が増える可能性大です。

 

そのため、ギリギリ新年度に納車がまたがり、新エコカー減税対象となって値引きが減るというトラブルを避けるために、ディーラー側もいままで以上に1月に売りたいと考えているんですよ。

 

 

2017年の年度末商戦は、多くのディーラーで客寄せパンダ的新型車がある

2017年の年度末商戦の特徴は、客寄せパンダ的な新型車をどの自動車メーカーも用意しているところです。

 

■年度末商戦注目の主要ニューモデル

 

トヨタ・ルーミー&タンク(2016年11月発売)

ダイハツ・トール(2016年11月発売)

スバル・インプレッサ(2016年10月発売)

トヨタC-HR(2016年12月発売)

日産ノート(2016年11月改良実施)

スズキ・ソリオ(2016年11月追加モデル設定)

スズキ・スイフト(2016年12月フルモデルチェンジ)

スズキ・ワゴンR(2017年2月フルモデルチェンジ予定)

マツダCX-5(2016年12月日本国内デビュー)

(引用元:CARトップ)

 

これら新型車は、年度内納車はかなり厳しいのですが、各販売店は新型車の発表展示会や試乗会を積極的に行ってきます。

 

もちろん新型車なので値引きは渋く、納期遅延傾向なので、営業マンは別の取り扱い車種を薦めてくるという流れです。

 

 

ライバル車メーカーの販売店も、ライバルが新型車になった相乗効果を狙って、販促活動をより活発にしてきます。

 

もちろん新型のライバル車に対抗するために、値引きアップをしてきます。

 

このように、2017年の年度末商戦は、新型車をメインに商談を進めると好条件が狙いやすいんです。

 

 

また、多くの自動車メーカーが新型車を用意するなか、ホンダは目新しい新型車がありません。

 

そのためホンダは、値引きで対抗するしかない状態なので、ホンダ車をからめて商談するのもありなんです。

 

本命がホンダ車なら「〇〇社の新型も気になっている」とけん制し、本命がホンダ車以外なら「ホンダは納車も早く、値引き条件もいい」とけん制するというわけです。

 

 

新型車やホンダ車をうまく絡めて、好条件を引き出してくださいね。

 

次回は、年度末商戦での商談の進め方についてお話ししますね。

愛車を高額買取してもらう方法。車買取一括査定の利用がポイント

車を高く売るためには、普通にディーラーの下取り査定や車買取店の査定を受けるだけではダメです。
 
複数の車買取店やディーラーの査定を受け、価格競争させることが重要です。
 
これをすることで、1店舗だけの査定よりも、数十万円以上も高く売ることができる可能性があるんです。
 
 
方法は簡単です。
 
以下のような流れで行えばいいんです。
 
1.車買取一括査定サイトを利用して、複数の車買取店から査定を受ける
2.複数の車買取店を競合させて、最も高い査定額を引き出す(⇒車買取で最も高い査定額を得る交渉術。買取価格が数十万円アップも
3.ディーラーの下取り査定を受ける
4.「ディーラーの下取り査定額」と、2の「車買取店の最も高い査定額」を競わせる(⇒車の下取り査定額を上乗せする方法。車買取店との競合がコツ
5.最終的に高い方に売却する(ただし、差が2~3万円くらいのときはディーラーへ下取りに出す)
 
このように行えば、愛車を最も高く売ることができ、下取り査定の上乗せも期待できるんですよ。(車を売却するだけの人は、2.で終わればいいです)
 
「愛車を最も高く売りたい」「下取り査定額をアップさせたい」という人は、ぜひ行ってください。
 
 
ただ、たくさんの車買取店を回るのは大変ですよね。
 
そこで便利なのが“車買取一括査定サイト”です。
 
必要項目を入力するだけで、あなたの住んでいる所の複数の車買取店が無料で査定をしてくれるんです。
 
しかも、実際に車を見て査定をするときも、無料で自宅まで来てくれるんです。
 
愛車を高く売るたい人は、車買取一括査定サイトを利用して、複数の車買取店に査定を受けることからスタートです。

当サイト人気一括査定サイトランキング

かんたん車査定ガイド

たった45秒で一流業者が愛車の値段を教えてくれる!

入力項目が少ないので査定依頼がとっても簡単。東証一部上場企業が運営しているので安心ですね。一流の大手買取業者からコダワリの専門業者まで最大10社の一括査定を受けることができますよ。しかも、入力してすぐに概算の最高額も分かるのもGoodです。

車査定比較.com

申し込み後、すぐに買取相場を教えてくれる!

全国の200社以上の質の高い車買取業者と提携し、サイトの運営会社は上場企業なので、安心して利用できる無料買取一括査定サイトです。たった数項目の入力で、最大10社の車買取店から見積りがもらえます。しかも、全国75万台のデータから算出した買取相場を、申し込み後すぐに教えてくれますよ。

カーセンサー.net簡単ネット査定

意外な高値が期待できる一括査定サイト

リクルートが運営しているカーセンサーの一括査定サイト。最大30社から見積もりが届きます。地方の中小買取企業も参加しているため意外な高値が期待できます。さらに、大手では買い取ってくれない車に強いのも特徴です。


車を最も高く売却する方法
愛車を高く売るコツ
車を高く売却する車選び
車買取査定の基本
車買取の裏ネタ
新車を安く購入するコツ
新車を購入する時期
賢い商談方法と予約購入につい
商談を行う販売店選び
お得に新車を買う商談の基本
今月の人気記事
カテゴリー

ページの先頭へ