海外ドライバーの運転技量やマナー、道路環境はどのくらい違うの?

目安時間:約 6分

今や車は、世界中で走っています。

 

世界にはいろいろな人がいるので、国によって運転の様子や道路環境は違っています。

 

そこで、『海外ドライバーの運転技量&マナー&道路環境はどのくらい違うの?』についてお話ししますね。

 

実は、日本はかなり道路環境が良い国なんですよ。

 

 

「愛車を高く売りたい」 が現実になる方法
  • 大切に乗ってきた車だから高く売りたい
  • 下取り査定額を上乗せしたい
  • 今の愛車の価値を知りたい

 

毎月100人以上が利用する方法で、あなたのこの悩みを解決できます。

⇒詳細はこちらをクリック

道路環境が良い日本人は運転があまりうまくない!?

日本は、世界中を見てもかなり道路環境がいい国です。

 

道路は定期的に再舗装されるので、うねりや穴が少ないです。

 

道路標識も最新型に交換されていて、信号機も定期点検がしっかり行われるので故障は少ないです。

 

警察が厳しく取り締まりを行うので暴走車の数もかなり減り、交通ルールを守る人がとても多いです。

 

そのため、日本人ドライバーは、全般的にあまり運転がうまくないんです。

 

こうした日本人にとっては「当たり前」と思える社会基盤は、世界のなかでは極めて恵まれた状況。つまり、ドライバーは「温室育ち」になり、運転の技量は上がらない。

 

一方で、車両の技術の面も日本は「温室」だ。車載カーナビが世界でもっとも普及しているため、ドライバーはカーナビからの「指示待ち」。さらに、ADAS(先進的運転支援システム)が廉価な軽自動車までに普及している現状は、海外から見れば異例だ。

(引用元:CARトップ)

 

日本の道路環境は世界を見渡してもかなり良いので、日本人ドライバーの運転技術はなかなか上がらないんです。

 

けれど、道路環境や運転マナーが良いことは、素晴らしいことですね。

 

 

ドイツは、マナーがいいが、ハンドルを握ると人格が変わる

ドイツの人は、ハンドルを握ると人格が変わることがあるんです。

 

普段、穏やかな性格の人も、ひとたびハンドルを握れば、ガツン!とアクセル全開フルスロットルでアウトバーンを駆け抜ける。遅いクルマがいると、「オランダ人め!高速代と燃料代をケチってドイツの道を走りやがって!」、「ドーバー海峡を超えてイギリスに帰りやがれ!」なんて罵る。……と、人格が変わる。

(引用元:CARトップ)

 

このように、ハンドルを握ると性格が変わるようなんです。

 

 

とはいっても、運転は丁寧で、マナーもよいです。

 

交通ルールの遵守もバッチリで、アウトバーンでは、追い越したらすぐに走行車線に戻りますし、交差点での譲り合いも徹底されているんですよ。

 

ドイツ

 

技量  ★★★★★

マナー ★★★★★

運転環境★★★★★

 

※技量、マナー、道路環境の採点は5点満点。3点が日本と同等、4点は日本より優れる、5点で日本に比べて大きく優れる、という評価。逆に2点は日本より劣る、1点は日本に比べ大きく劣る、となっている

(引用元:CARトップ)

 

 

アメリカは、路面状況が悪い

アメリカは、自動車大国ですが、路面の塗装の質は低いです。

 

さらに、公共事業への予算が少ない地域では、再舗装の頻度が低いので、道路は穴だらけです。

 

 

一般道でも最高速度が50マイル/h(80km/h)のところもあり、お店に入るときは市街地でもフルブレーキングをする人も多いです。

 

若い世代や女性層は、運転中にスマホでSNSをする人がかなりいて、地方都市ではウインカーを出さないで車線変更するケースもいるんです。

 

アメリカで車を運転するのは、けっこう怖いですよ。

 

アメリカ

 

技量  ★★★★☆

マナー ★★☆☆☆

運転環境★★☆☆☆

(引用元:CARトップ)

 

 

ブラジルは、運転していても強盗の危険が…

ブラジルは、運転技量や道路環境がどうこうの前に、とにかく治安が悪いです。

 

信号で停車していると、日中でも強盗に遭います。

 

それもサンパウロやリオデジャネイロのような、官公庁があるような中心都市でも発生するんです。

 

また、高級車に乗っていると、自宅まであとをつけられて強盗にあうケースもあるんだとか。

 

 

都市では渋滞がひどく、快適なドライブはできません。

 

ブラジル

 

技量  ★★★☆☆

マナー ★☆☆☆☆

運転環境★☆☆☆☆

(引用元:CARトップ)

 

 

このように、ドライバーの運転技量やマナー、道路環境は、国によって大きく違います。

 

こんなにも違うというのは驚きですね。

 

次回も、続けて紹介できなかった国のドライバー状況についてお話ししますね。

愛車を高額買取してもらう方法。車買取一括査定の利用がポイント

車を高く売るためには、普通にディーラーの下取り査定や車買取店の査定を受けるだけではダメです。
 
複数の車買取店やディーラーの査定を受け、価格競争させることが重要です。
 
これをすることで、1店舗だけの査定よりも、数十万円以上も高く売ることができる可能性があるんです。
 
 
方法は簡単です。
 
以下のような流れで行えばいいんです。
 
1.車買取一括査定サイトを利用して、複数の車買取店から査定を受ける
2.複数の車買取店を競合させて、最も高い査定額を引き出す(⇒車買取で最も高い査定額を得る交渉術。買取価格が数十万円アップも
3.ディーラーの下取り査定を受ける
4.「ディーラーの下取り査定額」と、2の「車買取店の最も高い査定額」を競わせる(⇒車の下取り査定額を上乗せする方法。車買取店との競合がコツ
5.最終的に高い方に売却する(ただし、差が2~3万円くらいのときはディーラーへ下取りに出す)
 
このように行えば、愛車を最も高く売ることができ、下取り査定の上乗せも期待できるんですよ。(車を売却するだけの人は、2.で終わればいいです)
 
「愛車を最も高く売りたい」「下取り査定額をアップさせたい」という人は、ぜひ行ってください。
 
 
ただ、たくさんの車買取店を回るのは大変ですよね。
 
そこで便利なのが“車買取一括査定サイト”です。
 
必要項目を入力するだけで、あなたの住んでいる所の複数の車買取店が無料で査定をしてくれるんです。
 
しかも、実際に車を見て査定をするときも、無料で自宅まで来てくれるんです。
 
愛車を高く売るたい人は、車買取一括査定サイトを利用して、複数の車買取店に査定を受けることからスタートです。

当サイト人気一括査定サイトランキング

かんたん車査定ガイド

たった45秒で一流業者が愛車の値段を教えてくれる!

入力項目が少ないので査定依頼がとっても簡単。東証一部上場企業が運営しているので安心ですね。一流の大手買取業者からコダワリの専門業者まで最大10社の一括査定を受けることができますよ。しかも、入力してすぐに概算の最高額も分かるのもGoodです。

車査定比較.com

申し込み後、すぐに買取相場を教えてくれる!

全国の200社以上の質の高い車買取業者と提携し、サイトの運営会社は上場企業なので、安心して利用できる無料買取一括査定サイトです。たった数項目の入力で、最大10社の車買取店から見積りがもらえます。しかも、全国75万台のデータから算出した買取相場を、申し込み後すぐに教えてくれますよ。

カーセンサー.net簡単ネット査定

意外な高値が期待できる一括査定サイト

リクルートが運営しているカーセンサーの一括査定サイト。最大30社から見積もりが届きます。地方の中小買取企業も参加しているため意外な高値が期待できます。さらに、大手では買い取ってくれない車に強いのも特徴です。


車を最も高く売却する方法
愛車を高く売るコツ
車を高く売却する車選び
車買取査定の基本
車買取の裏ネタ
新車を安く購入するコツ
新車を購入する時期
賢い商談方法と予約購入につい
商談を行う販売店選び
お得に新車を買う商談の基本
今月の人気記事
カテゴリー

ページの先頭へ