カタログ燃費の細分化、エアコンを使用した測定も。WLTP導入での変化2

目安時間:約 5分

現在、日本ではJC08モードでカタログ燃費の測定が行われていますが、2018年10月から世界共通の“WLTPモード”になります。

 

JC08モードからWLTPモードになると、燃費はどのように変わるのでしょうか?

 

そこでこれまでに、WLTP導入で何が変わるのかお話ししました。

 

今回も続きとして、『WLTP導入で、何が変わるの?2』についてお話ししますね。

 

 

※燃費試験はかなり難しいので、素人がやると正確に測定できない

新基準WLTPモードで実際に測定すると、燃費数値はどうなる?

 

※JC08モード燃費が良いクルマほど、WLTPモードでは燃費数値が悪化する

WLTP導入で燃費測定がどう変わるの?ハイブリッド車は悪化するかも

 

 

 

「愛車を高く売りたい」 が現実になる方法
  • 大切に乗ってきた車だから高く売りたい
  • 下取り査定額を上乗せしたい
  • 今の愛車の価値を知りたい

 

毎月100人以上が利用する方法で、あなたのこの悩みを解決できます。

⇒詳細はこちらをクリック

WLTP導入で、カタログ燃費の表記が細分化される

JC08モードからWLTCモードに変わると、カタログに表示される燃費の書き方は、これまでと大きく変わります。

 

まだ検討中の部分もありますが、今のところWLTCモード導入で、

 

・WLTCモード燃費(平均値)

・60km/hまでの低速フェーズ(市街地)

・80km/hまでの中速フェーズ(郊外)

・100km/hまでの高速フェーズ(高速道路)

 

の4つがカタログに記載されるようになるそうです。

 

 

エアコンを使用した燃費測定が実施されるかも

これまで日本で使われていたJC08モードでは、エアコンなしでテストが行われていました。

 

現在導入が決まっているWLTCモードでも、燃費試験を行うときはエアコンなしとなっています。

 

けれど、エアコンを使用した試験法も国際会議の場で議論されていて、設定温度は何℃にするか?風量はオートがいいか?など、試験法を統一するにはどうすれいいかが議論されています。

 

 

エアコンは、燃費に大きく影響していることは分かっているので、積極的に議論を進めているそうです。

 

具体的な内容が決まれば、それを適応した試験方法に変わっていくことになります。

 

 

走行抵抗値の測定方法に新手法が追加される

三菱自動車の燃費不正問題で注目された「惰行法」。

 

惰行法は、燃費を測定するときの走行抵抗値の測定方法です。

 

WLTCモードになると、惰行法のデータの取り方なども変わることになります。

 

JC08では往路復路3回ずつ測定して平均しなさいという規定になっているが、WLTPでは往路復路を3回測定し、その統計的に標準偏差を出し、その数値が妥当であるのかを判定する。妥当と判断されたら、そのすべての平均値を使用することになる。現在の惰行法よりも精緻になると言える。

 

また、JC08では採用されていなかった、大型風洞(ムービングベルト式)を使用した測定試験も選択肢のひとつとして加えられる。惰行法の測定誤差の原因である、外的要因(横風など)を受けにくい利点があるそうだ。

 

ただし、この試験法による結果には、「惰行法で測定された数値との誤差が5%以内」という要件が付いている(風洞の施設として誤差5%以内が確認されていれば、最初の確認のみでOK)。

(引用元:ベストカー)

 

このように、惰行法の測定方法も変わるんです。

 

 

まだ国土交通省でも検討段階の項目が多いので、今後、さらに変わっていく可能性がありますが、WLTCモード導入で実燃費とカタログ燃費との差がどれだけ縮むか注目ですね。

愛車を高額買取してもらう方法。車買取一括査定の利用がポイント

車を高く売るためには、普通にディーラーの下取り査定や車買取店の査定を受けるだけではダメです。
 
複数の車買取店やディーラーの査定を受け、価格競争させることが重要です。
 
これをすることで、1店舗だけの査定よりも、数十万円以上も高く売ることができる可能性があるんです。
 
 
方法は簡単です。
 
以下のような流れで行えばいいんです。
 
1.車買取一括査定サイトを利用して、複数の車買取店から査定を受ける
2.複数の車買取店を競合させて、最も高い査定額を引き出す(⇒車買取で最も高い査定額を得る交渉術。買取価格が数十万円アップも
3.ディーラーの下取り査定を受ける
4.「ディーラーの下取り査定額」と、2の「車買取店の最も高い査定額」を競わせる(⇒車の下取り査定額を上乗せする方法。車買取店との競合がコツ
5.最終的に高い方に売却する(ただし、差が2~3万円くらいのときはディーラーへ下取りに出す)
 
このように行えば、愛車を最も高く売ることができ、下取り査定の上乗せも期待できるんですよ。(車を売却するだけの人は、2.で終わればいいです)
 
「愛車を最も高く売りたい」「下取り査定額をアップさせたい」という人は、ぜひ行ってください。
 
 
ただ、たくさんの車買取店を回るのは大変ですよね。
 
そこで便利なのが“車買取一括査定サイト”です。
 
必要項目を入力するだけで、あなたの住んでいる所の複数の車買取店が無料で査定をしてくれるんです。
 
しかも、実際に車を見て査定をするときも、無料で自宅まで来てくれるんです。
 
愛車を高く売るたい人は、車買取一括査定サイトを利用して、複数の車買取店に査定を受けることからスタートです。

当サイト人気一括査定サイトランキング

かんたん車査定ガイド

たった45秒で一流業者が愛車の値段を教えてくれる!

入力項目が少ないので査定依頼がとっても簡単。東証一部上場企業が運営しているので安心ですね。一流の大手買取業者からコダワリの専門業者まで最大10社の一括査定を受けることができますよ。しかも、入力してすぐに概算の最高額も分かるのもGoodです。

車査定比較.com

申し込み後、すぐに買取相場を教えてくれる!

全国の200社以上の質の高い車買取業者と提携し、サイトの運営会社は上場企業なので、安心して利用できる無料買取一括査定サイトです。たった数項目の入力で、最大10社の車買取店から見積りがもらえます。しかも、全国75万台のデータから算出した買取相場を、申し込み後すぐに教えてくれますよ。

カーセンサー.net簡単ネット査定

意外な高値が期待できる一括査定サイト

リクルートが運営しているカーセンサーの一括査定サイト。最大30社から見積もりが届きます。地方の中小買取企業も参加しているため意外な高値が期待できます。さらに、大手では買い取ってくれない車に強いのも特徴です。


車を最も高く売却する方法
愛車を高く売るコツ
車を高く売却する車選び
車買取査定の基本
車買取の裏ネタ
新車を安く購入するコツ
新車を購入する時期
賢い商談方法と予約購入につい
商談を行う販売店選び
お得に新車を買う商談の基本
今月の人気記事
カテゴリー

ページの先頭へ