ウインドウの凍結を解消する方法。軽油は凍結に注意。雪道走行での知恵袋2

目安時間:約 6分

東京などのようにあまり雪が降らない地域の人は、冬の雪道ドライブに慣れていません。

 

そのため、急な降雪であたふたする人は多いです。

 

そこで前回、『安全に雪道でドライブするための知恵袋』についてお話ししました。

 

※軍手やスコップ、新聞紙を積んでおくと、重宝します

安全に雪道ドライブするための知恵。車に積んでおくといいものは?

 

 

今回も続きとして、

 

・ウインドウのクリアな視界を確保するコツ

・ウインドウの凍結を解消する方法

・夜の降雪で視界を良くするには?

・雪道ドライブの後は、下回りを洗っておこう

・軽油は凍結に注意

 

についてお話ししますね。

 

 

50万円以上もたかく売れる可能性も
  • 大切に乗ってきた車だから高く売りたい
  • 下取り査定額を上乗せしたい
  • 今の愛車の価値を知りたい

 

あなたは、これらに悩んでいませんか?

 

このサービスを使えば、50万円以上も高く売ることができる可能性があります。

かんたん車査定ガイド

↑↑↑  

無料でできます

ウインドウのクリアな視界を確保するコツ

車を一晩止めておいたら、朝になってフロントウインドウなどがガチガチに凍り付いていることってありますよね。

 

走っているときは、熱で雪が溶かされますが、止めておくと冷えてガチガチに凍ってしまいます。

 

ボディやウインドウについた氷はとても落としにくく、ガリガリと無理に取ろうとすると、塗装が傷ついてしまいます。

 

 

「一発でウインドウの凍結をすっきり解消!」という方法はありませんが、コーティングをあらかじめしておくと、氷を落としやすくなります

 

とくに視界に直結するフロントウインドウは、事前のコーティングしておくといいですよ。

 

 

ウインドウの凍結を解消する方法

ウインドウの凍結は、かなり面倒です。

 

朝、仕事の出発前に車の窓が凍結していたら、かなり焦りますよね。

 

ひどいと氷が張り付いたようになっていて、取るのに一苦労することもあります。

 

 

あらかじめいらないバスタオルなどをかぶせておけば、凍結を防ぐことができます

 

けれど、突然、凍ってしまうときもありますよね。

 

このようなときは、アルコールで溶かすことができます

 

手の除菌用に売られているアルコールスプレーなどを使ってみるのも、一つの手ですよ。

 

 

温度差でガラスが割れてしまうことがあるので、熱湯をかけるのは絶対にやめてくださいね。

 

 

夜の降雪で視界を良くするには?

吹雪の夜にクルマで走行すると、視界が雪で覆われて真っ白になってしまうことがあります。

 

これは「ホワイトアウト」と呼ばれ、視界が雪で覆われて、そこにヘッドランプの光が当たって反射し、真っ白になってしまう状態です。

 

 

ホワイトアウトの状態は視界がかなり悪いので、吹雪が収まるまで待つのが一番安全です。

 

けれど、どうしても車で走る必要があることもありますよね。

 

そんなときは、ヘッドライトは消して、フォグランプで走ってみるといいですよ。

 

フォグランプは下についているので、視線の先を真っ白に照らすことはありません。

 

ただし、絶対に無理はせず、危険だと感じたら走行をやめてくださいね。

 

 

雪道ドライブの後は、下回りを洗っておこう

雪道には融雪剤が撒かれることが多いです。

 

融雪剤は塩と同じなので、車の下回りにつくと猛烈なダメージとなり、サビさせてしまいます。

 

なので、雪道を走った後は、下回りを簡単でいいので洗い流しておくと、ダメージから車を守ることができます

 

 

「寒冷地仕様は下回りに対策が施されている」「最近の車は錆びない」と思っている人は多いですが、最近は、下回りに防錆ワックスを塗らないことも多いです。

 

なので、雪国を走っていた車の下回りが、サビまくっているということもあるんですよ。

 

 

軽油は凍結に注意

ディーゼル車は注意が必要なのですが、燃料の軽油は凍結してしまいます。(正確には、シャーベット化します)

 

凍結してしまうと、もちろんエンジンをかけることができないので注意です。

 

 

対策としては、雪のないところから雪が降る所に行くときは、現地(雪があるところ)で燃料を入れるということです。

 

寒冷地の軽油は-20℃以下の対応となっていて、一般的な軽油は-7.5℃以下の対応となっているんですよ。

 

 

慣れていない人も、慣れている人も、雪道はドライ路面よりも危険が多いです。

 

安全にドライブするために、走行前にばっちり準備をして、トラブルが起きても慌てずに落ち着いて対処してくださいね。

愛車を高額買取してもらう方法。車買取一括査定の利用がポイント

車を高く売るためには、普通にディーラーの下取り査定や車買取店の査定を受けるだけではダメです。
 
複数の車買取店やディーラーの査定を受け、価格競争させることが重要です。
 
これをすることで、1店舗だけの査定よりも、数十万円以上も高く売ることができる可能性があるんです。
 
 
方法は簡単です。
 
以下のような流れで行えばいいんです。
 
1.車買取一括査定サイトを利用して、複数の車買取店から査定を受ける
2.複数の車買取店を競合させて、最も高い査定額を引き出す(⇒車買取で最も高い査定額を得る交渉術。買取価格が数十万円アップも
3.ディーラーの下取り査定を受ける
4.「ディーラーの下取り査定額」と、2の「車買取店の最も高い査定額」を競わせる(⇒車の下取り査定額を上乗せする方法。車買取店との競合がコツ
5.最終的に高い方に売却する(ただし、差が2~3万円くらいのときはディーラーへ下取りに出す)
 
このように行えば、愛車を最も高く売ることができ、下取り査定の上乗せも期待できるんですよ。(車を売却するだけの人は、2.で終わればいいです)
 
「愛車を最も高く売りたい」「下取り査定額をアップさせたい」という人は、ぜひ行ってください。
 
 
ただ、たくさんの車買取店を回るのは大変ですよね。
 
そこで便利なのが“車買取一括査定サイト”です。
 
必要項目を入力するだけで、あなたの住んでいる所の複数の車買取店が無料で査定をしてくれるんです。
 
しかも、実際に車を見て査定をするときも、無料で自宅まで来てくれるんです。
 
愛車を高く売るたい人は、車買取一括査定サイトを利用して、複数の車買取店に査定を受けることからスタートです。

当サイト人気一括査定サイトランキング

かんたん車査定ガイド

たった45秒で一流業者が愛車の値段を教えてくれる!

入力項目が少ないので査定依頼がとっても簡単。東証一部上場企業が運営しているので安心ですね。一流の大手買取業者からコダワリの専門業者まで最大10社の一括査定を受けることができますよ。しかも、入力してすぐに概算の最高額も分かるのもGoodです。

車査定比較.com

申し込み後、すぐに買取相場を教えてくれる!

全国の200社以上の質の高い車買取業者と提携し、サイトの運営会社は上場企業なので、安心して利用できる無料買取一括査定サイトです。たった数項目の入力で、最大10社の車買取店から見積りがもらえます。しかも、全国75万台のデータから算出した買取相場を、申し込み後すぐに教えてくれますよ。

カーセンサー.net簡単ネット査定

意外な高値が期待できる一括査定サイト

リクルートが運営しているカーセンサーの一括査定サイト。最大30社から見積もりが届きます。地方の中小買取企業も参加しているため意外な高値が期待できます。さらに、大手では買い取ってくれない車に強いのも特徴です。


愛車を高く売りたいなら必見!

↑↑↑

【無料でできます!】

愛車を高く売りたいなら必見!

↑↑↑

【無料でできます!】

車を最も高く売却する方法
愛車を高く売るコツ
車を高く売却する車選び
車買取査定の基本
車買取の裏ネタ
新車を安く購入するコツ
新車を購入する時期
賢い商談方法と予約購入につい
商談を行う販売店選び
お得に新車を買う商談の基本
今月の人気記事
カテゴリー

ページの先頭へ