安全に雪道ドライブするための知恵。車に積んでおくといいものは?

目安時間:約 6分

北海道や東北地方のように、毎年、雪が積もる地域の人は、冬のドライブに長けています。

 

一方、東京などのようにあまり雪が降らない地域の人は、冬の雪道ドライブに慣れていないですよね。

 

そのため、急な降雪であたふたする人は多いです。

 

そこで、『安全に冬ドライブするための知恵袋』についてお話ししますね。

 

 

「愛車を高く売りたい」 が現実になる方法
  • 大切に乗ってきた車だから高く売りたい
  • 下取り査定額を上乗せしたい
  • 今の愛車の価値を知りたい

 

毎月100人以上が利用する方法で、あなたのこの悩みを解決できます。

⇒詳細はこちらをクリック

雪道ドライブをするときに、車に積んでおくといいものは?

スタッドレスタイヤやチェーンを装着していても、雪にはまってしまうときはあります。

 

雪にはまったときは、人力で脱出を図るのが基本ですが、このようなときはJAFなどの救助も混雑していていつ来るかわかりません。

 

なので、自分でどうにかする必要があります。

 

 

車に積んでおくといいものは、雪にはまって自分で脱出するときに快適に、安全に作業するためのものです。

 

軍手や新聞、小さなスコップなどを積んでおくといいですよ。

 

軍手は手を守ってくれますし、園芸用の小さなスコップは、雪かきに使えます。

 

新聞紙は、ウエスの代わりなどに使うことができます。

 

積んでおくと、自分以外にも、他の人が雪にはまったときも役に立ちますよ。

 

 

雪にはまったときの脱出方法は?

雪が深いところでは、車がスタックする(動けなくなってしまう)ことがあります。

 

雪にはまってしまったときは、タイヤのグリップを回復させることが脱出のポイントになります。

 

 

まずは、車を前後に動かしてタイヤ周辺の雪を固めたり、スコップなどで雪を取り除いたりしてみます。

 

これでも脱出できないならば、駆動輪のタイヤと雪の間にフロアマットなどをかませます

 

あれば砂利や小石、小枝などを拾ってきて、路面とタイヤの間に撒いたり、入れ込んだりなどしてゆっくり発進させると、脱出することができる可能性が高いです。

 

どうしても脱出できないときは、JAFなどのロードサービスに救助してもらうのが一番です。

 

 

雪道ドライブで安全に走るために必要なものは?

雪道で安全に走るには、ウインドウォッシャー液をたくさん積んでおくといいです。

 

きれいな雪道でも路面は汚く、前走車によって巻き上げられてフロントガラスはかなり汚れます。

 

何も気にせずにウォッシャー液を使っていると、すぐになくなってしまうことも多いんです。

 

なので、雪道を走る前に、ウォッシャー液を積んでおくといいですよ。

 

 

雪国以外の人は知らないことが多い冬専用カーパーツ

雪国以外の人は知らないことが多い冬専用パーツに、「スノーブレード」というものがあります。

 

雪が降るなか車で走行していると、ワイパーの骨部分に雪が積もってしまうことがあります。

 

すると、ワイパー全体が歪み、ゴムがフロントガラスに密着しなくなって、視界が確保できなくなることがあります。

 

 

こまめに外に出てワイパーに積もった雪を取り除けばいいのですが、それも少し面倒ですよね。

 

そこで便利なのが、「スノーブレード」なんです。

 

スノーブレードは、骨の部分をゴムでカバーして雪が入り込めないようになっているんですよ。

 

 

ウインドウデフォッガーをいきなり全開で入れない

車のウインドウは、飛び石以外にも、温度差によって急に割れてしまうことがあります。

 

冷えたコップに熱湯をいれると、コップが割れてしまうことがあります。

 

車のウインドウでも同じことが起こってしまうんです。

 

 

冷え込んでいるときに走りだし、ガラスなどの曇りを取るためにヒーターを全開にしてデフォッガーを入れると、冷たいウインドウに温風が当たって割れてしまう可能性があるんです。

 

※デフォッガーとは、カーエアコンの除湿・温風機能を利用して結露を取り除くものと、電熱線を用いて結露を取り除く熱線デフォッガーがあります

 

温度差でウインドウが割れないようにするには、デフォッガーをつけるときは少しずつ温度を上げればいいんですよ。

 

 

慣れていない人も、慣れている人も、雪道はドライ路面よりも危険が多いです。

 

安全にドライブするために、走行前に準備し、トラブルが起きても慌てずに落ち着いて対処してくださいね。

愛車を高額買取してもらう方法。車買取一括査定の利用がポイント

車を高く売るためには、普通にディーラーの下取り査定や車買取店の査定を受けるだけではダメです。
 
複数の車買取店やディーラーの査定を受け、価格競争させることが重要です。
 
これをすることで、1店舗だけの査定よりも、数十万円以上も高く売ることができる可能性があるんです。
 
 
方法は簡単です。
 
以下のような流れで行えばいいんです。
 
1.車買取一括査定サイトを利用して、複数の車買取店から査定を受ける
2.複数の車買取店を競合させて、最も高い査定額を引き出す(⇒車買取で最も高い査定額を得る交渉術。買取価格が数十万円アップも
3.ディーラーの下取り査定を受ける
4.「ディーラーの下取り査定額」と、2の「車買取店の最も高い査定額」を競わせる(⇒車の下取り査定額を上乗せする方法。車買取店との競合がコツ
5.最終的に高い方に売却する(ただし、差が2~3万円くらいのときはディーラーへ下取りに出す)
 
このように行えば、愛車を最も高く売ることができ、下取り査定の上乗せも期待できるんですよ。(車を売却するだけの人は、2.で終わればいいです)
 
「愛車を最も高く売りたい」「下取り査定額をアップさせたい」という人は、ぜひ行ってください。
 
 
ただ、たくさんの車買取店を回るのは大変ですよね。
 
そこで便利なのが“車買取一括査定サイト”です。
 
必要項目を入力するだけで、あなたの住んでいる所の複数の車買取店が無料で査定をしてくれるんです。
 
しかも、実際に車を見て査定をするときも、無料で自宅まで来てくれるんです。
 
愛車を高く売るたい人は、車買取一括査定サイトを利用して、複数の車買取店に査定を受けることからスタートです。

当サイト人気一括査定サイトランキング

かんたん車査定ガイド

たった45秒で一流業者が愛車の値段を教えてくれる!

入力項目が少ないので査定依頼がとっても簡単。東証一部上場企業が運営しているので安心ですね。一流の大手買取業者からコダワリの専門業者まで最大10社の一括査定を受けることができますよ。しかも、入力してすぐに概算の最高額も分かるのもGoodです。

車査定比較.com

申し込み後、すぐに買取相場を教えてくれる!

全国の200社以上の質の高い車買取業者と提携し、サイトの運営会社は上場企業なので、安心して利用できる無料買取一括査定サイトです。たった数項目の入力で、最大10社の車買取店から見積りがもらえます。しかも、全国75万台のデータから算出した買取相場を、申し込み後すぐに教えてくれますよ。

カーセンサー.net簡単ネット査定

意外な高値が期待できる一括査定サイト

リクルートが運営しているカーセンサーの一括査定サイト。最大30社から見積もりが届きます。地方の中小買取企業も参加しているため意外な高値が期待できます。さらに、大手では買い取ってくれない車に強いのも特徴です。


車を最も高く売却する方法
愛車を高く売るコツ
車を高く売却する車選び
車買取査定の基本
車買取の裏ネタ
新車を安く購入するコツ
新車を購入する時期
賢い商談方法と予約購入につい
商談を行う販売店選び
お得に新車を買う商談の基本
今月の人気記事
カテゴリー

ページの先頭へ