車両重量が1kg違うだけで、カタログ燃費の数値は大きく変わる

目安時間:約 7分

車のカタログやサイトには、JC08モード燃費(カタログ燃費)が記載されています。

 

けれど、カタログ燃費と実燃費に差があることは、ドライバーにとってはある意味「常識」となっています。

 

ですが、なぜカタログ燃費とJC08モード燃費には、大きな誤差があるのでしょうか?

 

そこでこれまでに、「JC08モード燃費があてにならない理由」や「JC08モード燃費の達成率がよい車種」についてお話ししました。

 

※燃費測定は、燃費スペシャルカーと低燃費運転のプロドライバーの影響が大きい

実燃費との差が大きいJC08モード燃費が、あてにならない理由とは?

 

※燃費不正問題で揺れた三菱自動車が、カタログ燃費達成率が一番よい

JC08モード燃費達成率ランキング&メーカー別カタログ燃費の達成率

 

 

今回は、『車両重量が1kg違うだけで、JC08モード燃費は大きく変わることがある』についてお話ししますね。

 

 

「愛車を高く売りたい」 が現実になる方法
  • 大切に乗ってきた車だから高く売りたい
  • 下取り査定額を上乗せしたい
  • 今の愛車の価値を知りたい

 

毎月100人以上が利用する方法で、あなたのこの悩みを解決できます。

⇒詳細はこちらをクリック

「等価慣性重量」のせいで、燃費スペシャル仕様のグレードが発生する

JC08モード燃費の計測は、シャシーダイナモという測定器で行われます。

 

シャシーダイナモには道路のかわりにローラーがついていて、車のタイヤが回転するとローラーも回転するようになっています。

 

このローラーに車の重量などの走行抵抗にあたる負荷(等価慣性重量)をかけて、燃費の計測は行われます。

 

等価慣性重量は、下記の表のように車両重量によって細かく区分されています。

 

等価慣性重量の一例
車両重量 等価慣性重量
~740kg 800kg
741~855kg 910kg
856~970kg 1020kg
971~1080kg 1130kg
1081~1195kg 1250kg
1196~1310kg 1360kg
1311~1420kg 1470kg
1421~1530kg 1590kg
1531~1650kg 1700kg

(引用元:ベストカー)

 

 

車の燃費は、車両重量に大きく左右されます。

 

そのため、JC08モード燃費を計測するときは、車両重量に見合った負荷(等価慣性重量)をかけて燃費計測が行われます。

 

等価慣性重量は、車両重量がある範囲を超えると、階段状にガクっと増えるんです。

 

 

例えば、コンパクトカーでよくある車両重量1080kgの車であれば、等価慣性重量は1130kgになります。

 

これが1kgだけ重くなり1081kgになると、等価慣性重量は1250kgになって急激に負荷が増えてしまい、JC08モード燃費は悪化してしまうんです。

 

そのため、車両重量を1080kg内に収める“燃費スペシャルグレード”が、燃費自慢の車種には発生するというわけなんです。

 

 

アクアもプリウスもフィットもデミオも燃費スペシャルグレードが存在する

例えば、アクア(トヨタ)のSとGグレードは、車両重量は1080kgで、JC08モード燃費は37.0km/Lです。

 

けれど、車両重量が1090kgのXアーバンのJC08モード燃費は、33.8km/Lと急激に悪くなっているんです。

 

たかが10kg増えただけで実燃費がこんなに悪くなることはないのですが、JC08モード燃費ではこのようになってしまうんです。

 

 

フィットハイブリッド(ホンダ)も同様で、標準グレードは車重1080kgで、JC08モード燃費は36.4km/L。

 

Fパッケージは、車重1140kgで、JC08モード燃費は31.4km/Lになるんです。

 

 

デミオ(マツダ)も同じで、XDの標準グレード(6MT専用)は車重1080kgで30km/Lですが、ツーリング(6AT専用)は車重1130kgで26.4km/Lとなるんです。

 

フィットやデミオの車重1080kgのグレードは、燃料タンクの容量も少なくしているのですが、これは、車重は燃料満タンの状態で測るからなんです。

 

燃料の量を減らすことで、グラム単位で車重を軽くし、1080kgに抑え込んでいるというわけなんです。

 

 

コンパクトカークラスだけでなく、その上のクラスでも同じようなことが行われています。

 

プリウス(トヨタ)は、EグレードだけJC08モード燃費が40.8km/Lですが、他のグレードは37.2km/Lに落ちてしまいます。

 

これもやはり同じように、Eグレードは車重を1310kgに抑えているので等価慣性重量は1360kgですが、他のグレードは車重が1360kg~1380kgなので等価慣性重量は1470kgになります。

 

110kgも負荷が増えているため、Eグレード以外は急激にJC08モード燃費が悪化しているんです。

 

プリウスも燃料タンクを小さくしていて、Eグレードは38L、他のグレードは43Lになっているんです。

 

 

このようにどの自動車メーカーもJC08モード燃費の数値を少しでも良くするために、燃費スペシャルグレードを作って負荷を減らしているんです。

 

これだけのことをしていれば、JC08モード燃費(カタログ燃費)と実燃費に、大きな差が出るもの分かりますよね。

愛車を高額買取してもらう方法。車買取一括査定の利用がポイント

車を高く売るためには、普通にディーラーの下取り査定や車買取店の査定を受けるだけではダメです。
 
複数の車買取店やディーラーの査定を受け、価格競争させることが重要です。
 
これをすることで、1店舗だけの査定よりも、数十万円以上も高く売ることができる可能性があるんです。
 
 
方法は簡単です。
 
以下のような流れで行えばいいんです。
 
1.車買取一括査定サイトを利用して、複数の車買取店から査定を受ける
2.複数の車買取店を競合させて、最も高い査定額を引き出す(⇒車買取で最も高い査定額を得る交渉術。買取価格が数十万円アップも
3.ディーラーの下取り査定を受ける
4.「ディーラーの下取り査定額」と、2の「車買取店の最も高い査定額」を競わせる(⇒車の下取り査定額を上乗せする方法。車買取店との競合がコツ
5.最終的に高い方に売却する(ただし、差が2~3万円くらいのときはディーラーへ下取りに出す)
 
このように行えば、愛車を最も高く売ることができ、下取り査定の上乗せも期待できるんですよ。(車を売却するだけの人は、2.で終わればいいです)
 
「愛車を最も高く売りたい」「下取り査定額をアップさせたい」という人は、ぜひ行ってください。
 
 
ただ、たくさんの車買取店を回るのは大変ですよね。
 
そこで便利なのが“車買取一括査定サイト”です。
 
必要項目を入力するだけで、あなたの住んでいる所の複数の車買取店が無料で査定をしてくれるんです。
 
しかも、実際に車を見て査定をするときも、無料で自宅まで来てくれるんです。
 
愛車を高く売るたい人は、車買取一括査定サイトを利用して、複数の車買取店に査定を受けることからスタートです。

当サイト人気一括査定サイトランキング

かんたん車査定ガイド

たった45秒で一流業者が愛車の値段を教えてくれる!

入力項目が少ないので査定依頼がとっても簡単。東証一部上場企業が運営しているので安心ですね。一流の大手買取業者からコダワリの専門業者まで最大10社の一括査定を受けることができますよ。しかも、入力してすぐに概算の最高額も分かるのもGoodです。

車査定比較.com

申し込み後、すぐに買取相場を教えてくれる!

全国の200社以上の質の高い車買取業者と提携し、サイトの運営会社は上場企業なので、安心して利用できる無料買取一括査定サイトです。たった数項目の入力で、最大10社の車買取店から見積りがもらえます。しかも、全国75万台のデータから算出した買取相場を、申し込み後すぐに教えてくれますよ。

カーセンサー.net簡単ネット査定

意外な高値が期待できる一括査定サイト

リクルートが運営しているカーセンサーの一括査定サイト。最大30社から見積もりが届きます。地方の中小買取企業も参加しているため意外な高値が期待できます。さらに、大手では買い取ってくれない車に強いのも特徴です。


車を最も高く売却する方法
愛車を高く売るコツ
車を高く売却する車選び
車買取査定の基本
車買取の裏ネタ
新車を安く購入するコツ
新車を購入する時期
賢い商談方法と予約購入につい
商談を行う販売店選び
お得に新車を買う商談の基本
今月の人気記事
カテゴリー

ページの先頭へ