ウェイクを車買取査定や下取りで最も高く売る方法|値引き以外の大切なポイント

目安時間:約 8分

軽自動車では最も背が高く、全高が1835mmもあるエクストラハイルーフ軽自動車のダイハツ・ウェイク。

 

レジャーに使える機能をたくさん備えていて、釣りやキャンプ、サーフィン、スキーなどアクティブな趣味を持つ人にピッタリの車です。

 

そんなウェイクを下取りや車買取で高く売るには、どうすればいいのでしょうか?

 

ウェイクの特徴を紹介しつつ、『ダイハツ・ウェイクを最も高く売る方法』についてお話ししますね。

 

最も高く売るポイントは、複数の車買取店やディーラーの下取り査定を受け、競合させることなんですよ。

 

 

ちなみに、ウェイクの名前の由来は、「目覚める、目覚めさす」の英語の「Wake」から来ていて、「ワクワクした期待を呼び覚ますクルマ」という思いが込められています。

 

 

「愛車を高く売りたい」 が現実になる方法
  • 大切に乗ってきた車だから高く売りたい
  • 下取り査定額を上乗せしたい
  • 今の愛車の価値を知りたい

 

毎月100人以上が利用する方法で、あなたのこの悩みを解決できます。

⇒詳細はこちらをクリック

ダイハツ・ウェイクの特徴|新しいタイプの電気自動車を設定

軽乗用車の中で最も背が高く、レジャーで高い機能を発揮するダイハツ・ウェイク。

 

後席へ乗り込みしやすいなど日常的な使い方でも便利なので、幅広い人に人気の室内空間が圧倒的に広く、使い勝手が良い車です。

 

 

ウェイクは、タントをベースとして開発されましたが、全高は85mmも高くなっています。

 

それにより、室内高は1455mmを確保しています。

 

この高さはMクラスミニバンを上回るほどで、運転席、後席ともに広々で快適です。

 

 

荷室もかなり広く、自転車も積みやすいです。

 

アンダートランクを使えば、スノーボードやゴルフバックをを立てまま積むことも可能です。

 

上下2段式調整式デッキボードを備えているので、荷室を無駄なく使え、4人分のキャンプ道具などを積むこともできますよ。

 

 

シートレイアウトも多彩で、助手席は座面を引き起こして背もたれを倒せるので、床面の高さが平らに近いです。

 

シートなどには撥水加工が施されているので、汚れも落としやすいです。

 

車中泊にも対応していて、前席を倒せば全面フルフラットにすることもでき、足を伸ばして寝ることもできますよ。

 

 

ウェイクは、レジャーを想定した機能が数多く備わり、しかもオプションでバージョンアップできるのも魅力的です。

 

釣りやキャンプ、サーフィンなど、アウトドアが好きな人にはぴったりな車です。

 

 

残念ながらダイハツ定番のカスタム仕様はありませんが、パワートレインはターボ仕様とノンターボ仕様があり、駆動方式も2WD、4WDの設定があるので、用途に合わせて選びやすいです。

 

個性的な外観をしているので、人と違う車に乗りたい人にもぴったりです。

 

 

このように、ウェイクは、

 

・軽自動車とは思えないほど室内空間が広い

・荷室もかなり広く、使い勝手が良い

・レジャーにピッタリな機能をたくさん装備している

 

というアクティブな遊びやレジャーをする人にピッタリの軽自動車なんです。

 

ウェイクのライバル車は、ピクシスメガ(トヨタ、兄弟車になります)、Nボックス(ホンダ)、デイズルークス(日産)、タント(ダイハツ)、スペーシア(スズキ)となっています。

 

値引きの上乗せ交渉などのときに、競合車として使ってくださいね。

 

 

ダイハツ・ウェイクのデメリット|重心が高い

ウェイクのデメリットは、操舵感が鈍く、コーナリングも不安ところです。

 

ウェイクは、室内空間を広くするために、高さを追求して開発されました。

 

それにより全高は1800mmを超えて高重心になり、安定性を保つために操舵感を鈍めにしてあるんです。

 

それでも重心が高いので、コーナリングでは不安を感じることもあります。

 

 

乗り心地が硬めなところもデメリットです。

 

重心が高いので、安定性を高めるために足回りなどを硬めに設定しているので、乗り心地は硬めです。

 

 

ターボ未装着車では、動力不足なところもデメリットです。

 

ウェイクは、車両重量が1トン前後もあり、軽自動車ではかなり重いです。

 

そのため、ターボ未装着車では、力不足を感じます。

 

一方、上級グレードはターボを装着してパワー不足を補っていますが、燃費があまりよくありません。

 

 

ウェイクには、このようなデメリットがあります。

 

 

ダイハツ・ウェイクのメリット|室内がとても広く、使い勝手がかなり良い

ウェイクのメリットは、室内空間がとても広く、使い勝手が良い設備を備えているところです。

 

ウェイクは軽自動車とは思えないほど室内空間が広いです。

 

自転車など大きな荷物も積みやすいです。

 

トレイなど収納設備がたくさんあるので、小物なども整理しやすいんです。

 

助手席を前に倒すと、背面をテーブルとして使えて便利です。

 

 

広大な荷室を作ることができるのもメリットです。

 

後席は床面へ落とし込むように小さく畳めるので、背の高いボディと相まって大容量の荷室を作ることができるんです。

 

しかも、荷室や室内は、汚れに強い素材になっているので、使い勝手が良く、レジャーにも最適です。

 

 

安全性が高いのもウェイクのメリットです。

 

緊急自動ブレーキを装備していて、歩行者も検知するので安全性が高いんです。

 

 

このように、軽自動車とは思えないほど室内空間が広く、使い勝手が良い車がウェイクです。

 

そんなウェイクを最も高く売るポイントは、以下にお話しするように、複数の車買取店やディーラーの下取り査定を受け、査定額を比較・競争させることなんです。

タグ:  

カテゴリ:ダイハツ 

愛車を高額買取してもらう方法。車買取一括査定の利用がポイント

車を高く売るためには、普通にディーラーの下取り査定や車買取店の査定を受けるだけではダメです。
 
複数の車買取店やディーラーの査定を受け、価格競争させることが重要です。
 
これをすることで、1店舗だけの査定よりも、数十万円以上も高く売ることができる可能性があるんです。
 
 
方法は簡単です。
 
以下のような流れで行えばいいんです。
 
1.車買取一括査定サイトを利用して、複数の車買取店から査定を受ける
2.複数の車買取店を競合させて、最も高い査定額を引き出す(⇒車買取で最も高い査定額を得る交渉術。買取価格が数十万円アップも
3.ディーラーの下取り査定を受ける
4.「ディーラーの下取り査定額」と、2の「車買取店の最も高い査定額」を競わせる(⇒車の下取り査定額を上乗せする方法。車買取店との競合がコツ
5.最終的に高い方に売却する(ただし、差が2~3万円くらいのときはディーラーへ下取りに出す)
 
このように行えば、愛車を最も高く売ることができ、下取り査定の上乗せも期待できるんですよ。(車を売却するだけの人は、2.で終わればいいです)
 
「愛車を最も高く売りたい」「下取り査定額をアップさせたい」という人は、ぜひ行ってください。
 
 
ただ、たくさんの車買取店を回るのは大変ですよね。
 
そこで便利なのが“車買取一括査定サイト”です。
 
必要項目を入力するだけで、あなたの住んでいる所の複数の車買取店が無料で査定をしてくれるんです。
 
しかも、実際に車を見て査定をするときも、無料で自宅まで来てくれるんです。
 
愛車を高く売るたい人は、車買取一括査定サイトを利用して、複数の車買取店に査定を受けることからスタートです。

当サイト人気一括査定サイトランキング

かんたん車査定ガイド

たった45秒で一流業者が愛車の値段を教えてくれる!

入力項目が少ないので査定依頼がとっても簡単。東証一部上場企業が運営しているので安心ですね。一流の大手買取業者からコダワリの専門業者まで最大10社の一括査定を受けることができますよ。しかも、入力してすぐに概算の最高額も分かるのもGoodです。

車査定比較.com

申し込み後、すぐに買取相場を教えてくれる!

全国の200社以上の質の高い車買取業者と提携し、サイトの運営会社は上場企業なので、安心して利用できる無料買取一括査定サイトです。たった数項目の入力で、最大10社の車買取店から見積りがもらえます。しかも、全国75万台のデータから算出した買取相場を、申し込み後すぐに教えてくれますよ。

カーセンサー.net簡単ネット査定

意外な高値が期待できる一括査定サイト

リクルートが運営しているカーセンサーの一括査定サイト。最大30社から見積もりが届きます。地方の中小買取企業も参加しているため意外な高値が期待できます。さらに、大手では買い取ってくれない車に強いのも特徴です。


車を最も高く売却する方法
愛車を高く売るコツ
車を高く売却する車選び
車買取査定の基本
車買取の裏ネタ
新車を安く購入するコツ
新車を購入する時期
賢い商談方法と予約購入につい
商談を行う販売店選び
お得に新車を買う商談の基本
今月の人気記事
カテゴリー

ページの先頭へ