タントを車買取査定や下取りで、最も高く売却する方法。値引き以外の大切なコツ

目安時間:約 9分

スーパーハイトワゴン軽自動車の元祖で、幅広い世代から大人気のダイハツ・タント。

 

現行型の3代目は、2013年10月3日に発売されました。

 

そんなタントを下取りや車買取で高く売るには、どうすればいいのでしょうか?

 

タントの特徴を紹介しつつ、『ダイハツ・タントを最も高く売る方法』についてお話ししますね。

 

最も高く売るポイントは、複数の車買取店やディーラーの下取り査定を受け、競合させることなんですよ。

 

 

ちなみに、タントの名前の由来は、イタリア語で「とても広い、たくさんの」という意味の言葉からきています。「たくさんの幸せをもたらすクルマでありたい」との意味が込められています。

 

 

50万円以上もたかく売れる可能性も
  • 大切に乗ってきた車だから高く売りたい
  • 下取り査定額を上乗せしたい
  • 今の愛車の価値を知りたい

 

あなたは、これらに悩んでいませんか?

 

このサービスを使えば、50万円以上も高く売ることができる可能性があります。

かんたん車査定ガイド

↑↑↑  

無料でできます

ダイハツ・タントの特徴

子育て世代をターゲットにしているため、便利な機能をたくさん備えているダイハツ・タント。

 

3代目が登場した当時は、「使い勝手と開放感を追求し、“究極の自由空間”を実現」とプレスリリースで描かれていました。

 

ママさん世代に大人気の軽自動車で、圧倒的に広い室内空間と、使い勝手の良さが特徴のクルマです。

 

 

タントは、「超高張力ハイテン材」を使用したBピラー(中央支柱)をスライドドアに内蔵したミラクルオープンドアを採用することで、助手席側は開口部を広くすることができました。

 

それでいて、運転席側と同等のボディ剛性と強度の確保に成功したんです。

 

開口幅は1490mmとかなりワイドなので、子供を抱えた状態で車内に乗り込むことができるなど、かなり便利です。

 

 

全高は、1700mmを超えるので、室内空間は軽自動車とは思えないほど広く、後席のスペースも広いです。

 

後席は、左右独立して240mmのスライド機構があり、ヘッドレストを装着したまま簡単な操作で倒すことができます。

 

しかも、左右別々で倒すことができ、助手席も380mmのロングスライドがあるので、多彩なシートアレンジができるんです。

 

 

さらに、収納設備がたくさんあり、運転席側のインパネにはアッパーボックスが、センターアームレストもボックスがついています。

 

前席ドアにはドアポケットとボトルホルダーが備わり、運転席のシートバックには3つのポケットが備わっています。

 

このように、大きな開口部のスライドドアや、多彩なシートアレンジ、収納設備の多さなど、子育て世代が嬉しい装備がたくさんあって、タントは使い勝手がかなり良いんです。

 

軽自動車なのに、ファミリーカーとしても使えるクルマなんですよ。

 

 

また、背が高いので見晴らしがよく、運転中もリラックスできます。

 

インパネには電動スライドドアの開閉ボタンがあるので、運転席に座りながら両側のスライドドア開閉操作もできます。

 

 

タントは、標準ボディとカスタム系がありますが、どちらにもターボエンジン搭載車があります。

 

スーパーハイト系軽自動車は、車両重量が重いので、ターボがあった方が便利です。

 

タントは、標準ボディでもターボが選べるのも嬉しいポイントです。

 

 

このように、タントは、

 

・使い勝手がかなり良い

・軽自動車とは思えないほど室内空間が広い

・標準ボディでもターボ仕様が選べる

 

という、子育て世代やママに嬉しいクルマなんです。

 

最近は、軽自動車でもトップクラスの人気となっていて、軽自動車の代表としての風格もでてきました。

 

 

タントのライバル車は、Nボックス(ホンダ)、スペーシア(スズキ)、デイズルークス(日産)などです。

 

値引きの上乗せ交渉などのときに、競合車として使ってくださいね。

 

 

ダイハツ・タントのデメリット

タントのデメリットは、動力性能に少し不安があるところです。

 

タントは、天井が高くて解放感がありますが、一方で車両重量は重くなっています。

 

車両重量は900kgを超え、背も高いので、動力性能と走行安定性に不安があります。

 

特に、ノーマルエンジン仕様は、最大トルクの発生回転数は5200回転と高いため、低速で力が弱く(トルクが弱く)実用域で力強さが足りません。

 

 

また、乗り心地が硬めなのもデメリットです。

 

先代と比べて燃費は良くなりましたが、燃費向上のために転がり抵抗を抑えたタイヤを装着しています。

 

そのため、乗り心地が硬めに感じます。

 

 

後席の座り心地があまり良くないのもデメリットです。

 

後席は、座面のクッション性が乏しくて、角度も水平に近いので、腰の収まり方があまり良くありません。

 

また、床と座面の間隔が不足しているので、座った時の姿勢が足を前に投げ出すような形になってしまうため、座り心地がいまいちです。

 

 

タントには、このようなデメリットがあります。

 

 

ダイハツ・タントのメリット

タントのメリットは、「ミラクルオープンドア」のおかげで、乗降性が抜群なところです。

 

左側のドアは、前後ともに開くと、開口部が1490mmにもなります。

 

子供やお年寄りの乗降性が良く、傘を差したまま乗りこむこともでき、ベビーカーもたたまずに乗せることができます。

 

 

また、安全性が高いのもメリットです。

 

衝突支援の回避機能は、レーザーセンサーとソナーセンサーに加えてカメラも併用しています。

 

それにより車だけでなく歩行者も検知するので、安全性が高いです。

 

 

使い勝手が良いのもタントのメリットです。

 

タントは、インパネやシートの背面などに収納設備をたくさん備えています。

 

また、後席はコンパクトに畳むことで広い荷室を作ることができ、自転車を積むこともできます。

 

助手席を前に倒せば、背面がテーブルになり、休憩のときに便利です。

 

このようにタントは、便利な機能をたくさん備えていて、使い勝手がかなり良いんです。

 

 

このように、軽自動車とは思えないほど室内空間が広く、使い勝手が良い車がタントです。

 

そんなタントを最も高く売るポイントは、以下にお話しするように、複数の車買取店やディーラーの下取り査定を受け、査定額を比較・競争させることなんです。

タグ:  

カテゴリ:ダイハツ 

愛車を高額買取してもらう方法。車買取一括査定の利用がポイント

車を高く売るためには、普通にディーラーの下取り査定や車買取店の査定を受けるだけではダメです。
 
複数の車買取店やディーラーの査定を受け、価格競争させることが重要です。
 
これをすることで、1店舗だけの査定よりも、数十万円以上も高く売ることができる可能性があるんです。
 
 
方法は簡単です。
 
以下のような流れで行えばいいんです。
 
1.車買取一括査定サイトを利用して、複数の車買取店から査定を受ける
2.複数の車買取店を競合させて、最も高い査定額を引き出す(⇒車買取で最も高い査定額を得る交渉術。買取価格が数十万円アップも
3.ディーラーの下取り査定を受ける
4.「ディーラーの下取り査定額」と、2の「車買取店の最も高い査定額」を競わせる(⇒車の下取り査定額を上乗せする方法。車買取店との競合がコツ
5.最終的に高い方に売却する(ただし、差が2~3万円くらいのときはディーラーへ下取りに出す)
 
このように行えば、愛車を最も高く売ることができ、下取り査定の上乗せも期待できるんですよ。(車を売却するだけの人は、2.で終わればいいです)
 
「愛車を最も高く売りたい」「下取り査定額をアップさせたい」という人は、ぜひ行ってください。
 
 
ただ、たくさんの車買取店を回るのは大変ですよね。
 
そこで便利なのが“車買取一括査定サイト”です。
 
必要項目を入力するだけで、あなたの住んでいる所の複数の車買取店が無料で査定をしてくれるんです。
 
しかも、実際に車を見て査定をするときも、無料で自宅まで来てくれるんです。
 
愛車を高く売るたい人は、車買取一括査定サイトを利用して、複数の車買取店に査定を受けることからスタートです。

当サイト人気一括査定サイトランキング

かんたん車査定ガイド

たった45秒で一流業者が愛車の値段を教えてくれる!

入力項目が少ないので査定依頼がとっても簡単。東証一部上場企業が運営しているので安心ですね。一流の大手買取業者からコダワリの専門業者まで最大10社の一括査定を受けることができますよ。しかも、入力してすぐに概算の最高額も分かるのもGoodです。

車査定比較.com

申し込み後、すぐに買取相場を教えてくれる!

全国の200社以上の質の高い車買取業者と提携し、サイトの運営会社は上場企業なので、安心して利用できる無料買取一括査定サイトです。たった数項目の入力で、最大10社の車買取店から見積りがもらえます。しかも、全国75万台のデータから算出した買取相場を、申し込み後すぐに教えてくれますよ。

カーセンサー.net簡単ネット査定

意外な高値が期待できる一括査定サイト

リクルートが運営しているカーセンサーの一括査定サイト。最大30社から見積もりが届きます。地方の中小買取企業も参加しているため意外な高値が期待できます。さらに、大手では買い取ってくれない車に強いのも特徴です。


愛車を高く売りたいなら必見!

↑↑↑

【無料でできます!】

愛車を高く売りたいなら必見!

↑↑↑

【無料でできます!】

車を最も高く売却する方法
愛車を高く売るコツ
車を高く売却する車選び
車買取査定の基本
車買取の裏ネタ
新車を安く購入するコツ
新車を購入する時期
賢い商談方法と予約購入につい
商談を行う販売店選び
お得に新車を買う商談の基本
今月の人気記事
カテゴリー

ページの先頭へ