2016年の最新スタッドレスタイヤを紹介。ダンロップWINTER MAXX02

目安時間:約 7分

寒い季節がやってきて、愛車の冬支度をする人が増えてきました。

 

車の冬支度のひとつといえば、スタッドレスタイヤですね。

 

ただ、「スタッドレスタイヤは、どれを選べばいいか分からない」というあなたのために、2016年の最新スタッドレスタイヤを紹介しますね。

 

今回は、4年ぶりにフルモデルチェンジしてアイス性能がパワーアップした、ダンロップの『WINTER MAXX02』についてです。

 

 

「愛車を高く売りたい」 が現実になる方法
  • 大切に乗ってきた車だから高く売りたい
  • 下取り査定額を上乗せしたい
  • 今の愛車の価値を知りたい

 

毎月100人以上が利用する方法で、あなたのこの悩みを解決できます。

⇒詳細はこちらをクリック

近年のスタッドレスタイヤは、アイス性能以外も強化され始めている

秋が終わりに近付き、日が暮れる時刻が早くなると、「そろそろ、スタッドレスタイヤに交換しなきゃ」と感じますね。

 

今までのスタッドレスタイヤは、3シーズン使うとゴムが経年劣化してアイス性能が低下するので、3シーズンごとに交換した方がいいといわれていました。

 

けれど、近年のスタッドレスタイヤは、トレッドゴムの柔軟性がより長く維持できるような素材が開発されて、寿命が長くなっています

 

 

さらに、今まででもハイレベルだったアイス性能が、さらに進化しはじめているんです。

 

そして氷雪性能と合わせて、ドライ性能、転がり性能、低ロングライフ性能、ドライ路での走安性など、これまでのスタッドレスタイヤでは置き去りにされていた性能も強化され始めているんです。

 

 

このように、最近のスタッドレスタイヤは、アイス性能だけでなく、ドライ路などの性能も良くなっているんです。

 

 

ダンロップ「WINTER MAXX02」は、数年後もゴムがしなやかでグリップ力が高い

2012年に、ダンロップのスタッドレスタイヤを革新的に進化させた「WINTER MAXX」が登場しました。

 

このタイヤは、低温下でも柔軟性を失わない「ナノフィットゴム」が特徴です。

 

ナノフィットゴムの採用により、氷上ブレーキ性能が11%高くなり、さらに、ライフ性能が1.5倍に高まったんです。

 

ただ、ライフ性能が伸びて耐摩耗性は向上しましたが、今度は、ゴムの経年劣化による氷雪路性能の低下が目立つようになったんです。

 

 

そこで、新しく登場した「WINTER MAXX02」では、ナノフィットゴムをさらに進化させて、よりロングライフ化したんです。

 

新商品の「02」ではナノフィットゴムをさらに進化させ、よりしなやかに氷雪路面に密着させる技術を投入。バイオマス技術から開発された新しい軟化剤を配合。経年後もしなやかさが維持されるという。

 

またトレッドパターンも新開発されている。ランド比をアップさせることで氷上性能を高め、エッジ成分を増量することで雪中剪断性能を高め圧雪路性能も高めている

(引用元:ベストカー)

 

02に進化したことで、横グリップなども高まっているんですよ。

 

 

ダンロップ「WINTER MAXX02」を使ってみた感想

では、実際にダンロップ「WINTER MAXX02」を使ってみた感想はどうなのでしょうか?

 

カー雑誌『ベストカー』の担当者が、実際にダンロップ「WINTER MAXX02」を装着した車に試乗してみました。

 

 

試乗した日は、2月とはいえ温かい日だったので、整備された氷盤路にはうっすらと水膜が張っていて、スタッドレスタイヤの試乗には最悪のコンディションでした。

 

しかも、試乗車は、FRのベンツC180だったんです。

 

このように厳しい条件でしたが、ダンロップ「WINTER MAXX02」は、しっかり路面にグリップしたんです。

 

圧雪路でのハンドリング性能に大いなる進化を実感した。雪道では接地感を確認しながら走るわけだが、操舵に対し初動の反応が優れており、「よし、確実にグリップしているな」と安心感がより高まった。わざとテールをスライドさせるような走りをしてもアクセルコントロールでグリップ力をコントロールできる幅が広がっているので、より積極的に走ることができるのだ。これは水膜の浮いた氷上試験路でも同様で、滑り出したリアタイヤをアクセルを絞ることで『止める』のがよりたやすくなっていることで横グリップの高さを実感した

(引用元:ベストカー)

 

新しく登場した「02」は、ロングライフ化だけでなく、氷雪性能がさらに高くなっているんです。

 

雪道などの走行はかなり危険ですが、ダンロップ「WINTER MAXX02」のようなスタッドレスタイヤがあれば、安心して走行できますね。

 

最後に、ダンロップ「WINTER MAXX02」のポイントを紹介しますね。

 

WINTER MAXX02のここがポイント

 

・より進化した「超密着ナノフィットゴム」を採用し、低温の凍結路面でもトレッドゴムを柔軟に保ちしっかりと密着する

・新開発「MAXXグリップパターン」採用で圧雪路グリップがさらに高まる

・抜けにくい新開発軟化剤を採用し、効きが長持ちする

(引用元:ベストカー)

愛車を高額買取してもらう方法。車買取一括査定の利用がポイント

車を高く売るためには、普通にディーラーの下取り査定や車買取店の査定を受けるだけではダメです。
 
複数の車買取店やディーラーの査定を受け、価格競争させることが重要です。
 
これをすることで、1店舗だけの査定よりも、数十万円以上も高く売ることができる可能性があるんです。
 
 
方法は簡単です。
 
以下のような流れで行えばいいんです。
 
1.車買取一括査定サイトを利用して、複数の車買取店から査定を受ける
2.複数の車買取店を競合させて、最も高い査定額を引き出す(⇒車買取で最も高い査定額を得る交渉術。買取価格が数十万円アップも
3.ディーラーの下取り査定を受ける
4.「ディーラーの下取り査定額」と、2の「車買取店の最も高い査定額」を競わせる(⇒車の下取り査定額を上乗せする方法。車買取店との競合がコツ
5.最終的に高い方に売却する(ただし、差が2~3万円くらいのときはディーラーへ下取りに出す)
 
このように行えば、愛車を最も高く売ることができ、下取り査定の上乗せも期待できるんですよ。(車を売却するだけの人は、2.で終わればいいです)
 
「愛車を最も高く売りたい」「下取り査定額をアップさせたい」という人は、ぜひ行ってください。
 
 
ただ、たくさんの車買取店を回るのは大変ですよね。
 
そこで便利なのが“車買取一括査定サイト”です。
 
必要項目を入力するだけで、あなたの住んでいる所の複数の車買取店が無料で査定をしてくれるんです。
 
しかも、実際に車を見て査定をするときも、無料で自宅まで来てくれるんです。
 
愛車を高く売るたい人は、車買取一括査定サイトを利用して、複数の車買取店に査定を受けることからスタートです。

当サイト人気一括査定サイトランキング

かんたん車査定ガイド

たった45秒で一流業者が愛車の値段を教えてくれる!

入力項目が少ないので査定依頼がとっても簡単。東証一部上場企業が運営しているので安心ですね。一流の大手買取業者からコダワリの専門業者まで最大10社の一括査定を受けることができますよ。しかも、入力してすぐに概算の最高額も分かるのもGoodです。

車査定比較.com

申し込み後、すぐに買取相場を教えてくれる!

全国の200社以上の質の高い車買取業者と提携し、サイトの運営会社は上場企業なので、安心して利用できる無料買取一括査定サイトです。たった数項目の入力で、最大10社の車買取店から見積りがもらえます。しかも、全国75万台のデータから算出した買取相場を、申し込み後すぐに教えてくれますよ。

カーセンサー.net簡単ネット査定

意外な高値が期待できる一括査定サイト

リクルートが運営しているカーセンサーの一括査定サイト。最大30社から見積もりが届きます。地方の中小買取企業も参加しているため意外な高値が期待できます。さらに、大手では買い取ってくれない車に強いのも特徴です。


車を最も高く売却する方法
愛車を高く売るコツ
車を高く売却する車選び
車買取査定の基本
車買取の裏ネタ
新車を安く購入するコツ
新車を購入する時期
賢い商談方法と予約購入につい
商談を行う販売店選び
お得に新車を買う商談の基本
今月の人気記事
カテゴリー

ページの先頭へ