スタッドレスタイヤと雪道ドライブで危険なポイント。「滑る」という意識で運転を

目安時間:約 5分

寒い季節がやってきて、愛車の冬支度として、スタッドレスタイヤに交換する人が増えてきました。

 

けれど、スタッドレスタイヤを履いているからといって、冬の道を走行するときに油断するのはNGです。

 

そこで、『スタッドレスタイヤと冬のドライブで危険なポイント』についてお話ししますね。

 

雪道など冬の道を安全に走行するためにも、ぜひ覚えておいてくださいね。

 

 

ちなみに、これまでに2016年の最新スタッドレスタイヤやオールシーズンタイヤを紹介しました。

 

興味のある方は、こちらも参考にしてください。

 

※最近のスタッドレスタイヤは、寿命が伸び、燃費なども向上している

2016年の最新スタッドレスタイヤを紹介。ダンロップWINTER MAXX02

 

最新スタッドレスの横浜ゴム「アイスガードSUV G075」を使ってみた感想

 

 

※東京など年に数回雪が降るところでは重宝しそうです

オールシーズンタイヤのメリットとデメリット。実際に使った性能とは?

 

 

「愛車を高く売りたい」 が現実になる方法
  • 大切に乗ってきた車だから高く売りたい
  • 下取り査定額を上乗せしたい
  • 今の愛車の価値を知りたい

 

毎月100人以上が利用する方法で、あなたのこの悩みを解決できます。

⇒詳細はこちらをクリック

スタッドレスタイヤを過信してはいけない

冬になると、愛車にスタッドレスタイヤを履かせる人が多いです。

 

けれど、スタッドレスタイヤを履いても、冬の道は危険がいっぱいなので注意してください。

 

「スタッドレスタイヤを過信しない」という気持ちがとても大切なんです。

 

 

近年のスタッドレスタイヤは、昔と比べてアイス性能が格段に上がっています。

 

けれど、どんなに素晴らしいスタッドレスタイヤでも限界があるので、基本的に雪道は滑るという心構えをしておくことが重要です。

 

 

いっけん圧雪路に見える路面でも、その下にアイスバーンが隠れていることは多いです。

 

特に、山間部の北側斜面では、日中でも雪がとけきらずに夜間になるとそのままアイスバーンに。

 

そして、その上に新雪が積もると、アイスバーンが隠されてしまい、圧雪路だと思ったらアイスバーンだったということになるんです。

 

突然アイスバーンに乗ってしまうと、なすすべもなく事故に繋がってしまうので、「雪道は滑る」という心構えで安全運転をしてくださいね。

 

 

スタッドレスタイヤは自然と劣化してしまう

スタッドレスタイヤには、トレッド面(路面と接する面)に、使用限界を示す「プラットフォーム」と呼ばれる突起があります。

 

この突起がまだ露出していないからといって、安心してはいけないんです。

 

 

近年のスタッドレスタイヤは、凍結路でもグリップ力を確保するために、トレッドゴムに軟化剤が配合されていて、低温下でも柔軟性を確保して氷上に密着されています。

 

けれどこの軟化剤は、年月を重ねると抜けていってしまい、柔軟性がなくなり氷上グリップ性能は低下してしまうんです。

 

何年でというのは、使用状況によって変わってしまいますが、古いスタッドレスタイヤは使わない方が無難です。

 

 

スタッドレスタイヤの空気圧は、サマータイヤと同じに

スタッドレスタイヤの空気圧は、基本的にサマータイヤと同じ設定してください。

 

耐荷重性能を確保するためにも、空気圧はしっかり管理してくださいね。

 

 

スタッドレスタイヤを履いていても、雪道の走行は危険が伴います。

 

雪道を走るときは、万が一のことを頭に置いて、安全運転で走ってくださいね。

愛車を高額買取してもらう方法。車買取一括査定の利用がポイント

車を高く売るためには、普通にディーラーの下取り査定や車買取店の査定を受けるだけではダメです。
 
複数の車買取店やディーラーの査定を受け、価格競争させることが重要です。
 
これをすることで、1店舗だけの査定よりも、数十万円以上も高く売ることができる可能性があるんです。
 
 
方法は簡単です。
 
以下のような流れで行えばいいんです。
 
1.車買取一括査定サイトを利用して、複数の車買取店から査定を受ける
2.複数の車買取店を競合させて、最も高い査定額を引き出す(⇒車買取で最も高い査定額を得る交渉術。買取価格が数十万円アップも
3.ディーラーの下取り査定を受ける
4.「ディーラーの下取り査定額」と、2の「車買取店の最も高い査定額」を競わせる(⇒車の下取り査定額を上乗せする方法。車買取店との競合がコツ
5.最終的に高い方に売却する(ただし、差が2~3万円くらいのときはディーラーへ下取りに出す)
 
このように行えば、愛車を最も高く売ることができ、下取り査定の上乗せも期待できるんですよ。(車を売却するだけの人は、2.で終わればいいです)
 
「愛車を最も高く売りたい」「下取り査定額をアップさせたい」という人は、ぜひ行ってください。
 
 
ただ、たくさんの車買取店を回るのは大変ですよね。
 
そこで便利なのが“車買取一括査定サイト”です。
 
必要項目を入力するだけで、あなたの住んでいる所の複数の車買取店が無料で査定をしてくれるんです。
 
しかも、実際に車を見て査定をするときも、無料で自宅まで来てくれるんです。
 
愛車を高く売るたい人は、車買取一括査定サイトを利用して、複数の車買取店に査定を受けることからスタートです。

当サイト人気一括査定サイトランキング

かんたん車査定ガイド

たった45秒で一流業者が愛車の値段を教えてくれる!

入力項目が少ないので査定依頼がとっても簡単。東証一部上場企業が運営しているので安心ですね。一流の大手買取業者からコダワリの専門業者まで最大10社の一括査定を受けることができますよ。しかも、入力してすぐに概算の最高額も分かるのもGoodです。

車査定比較.com

申し込み後、すぐに買取相場を教えてくれる!

全国の200社以上の質の高い車買取業者と提携し、サイトの運営会社は上場企業なので、安心して利用できる無料買取一括査定サイトです。たった数項目の入力で、最大10社の車買取店から見積りがもらえます。しかも、全国75万台のデータから算出した買取相場を、申し込み後すぐに教えてくれますよ。

カーセンサー.net簡単ネット査定

意外な高値が期待できる一括査定サイト

リクルートが運営しているカーセンサーの一括査定サイト。最大30社から見積もりが届きます。地方の中小買取企業も参加しているため意外な高値が期待できます。さらに、大手では買い取ってくれない車に強いのも特徴です。


車を最も高く売却する方法
愛車を高く売るコツ
車を高く売却する車選び
車買取査定の基本
車買取の裏ネタ
新車を安く購入するコツ
新車を購入する時期
賢い商談方法と予約購入につい
商談を行う販売店選び
お得に新車を買う商談の基本
今月の人気記事
カテゴリー

ページの先頭へ