オールシーズンタイヤのメリットとデメリット。実際に使った性能とは?

目安時間:約 7分

寒い季節がやってきて、愛車の冬支度として、スタッドレスタイヤに交換する人が増えてきました。

 

ただ「冬になるたびにスタッドレスタイヤに交換するのは、面倒だし、お金もかかる」と悩む人も多いです。

 

そんな人にお勧めなのが、“オールシーズンタイヤ”です。

 

けれど「オールシーズンタイヤって安全なの?」と感じますよね。

 

そこで、『オールシーズンタイヤを使うかは、メリットとデメリットで判断しよう』についてお話ししますね。

 

 

ちなみに、これまでに2016年の最新スタッドレスタイヤを紹介しました。

 

興味のある方は、こちらも参考にしてください。

 

※最近のスタッドレスタイヤは、寿命が伸び、燃費なども向上している

2016年の最新スタッドレスタイヤを紹介。ダンロップWINTER MAXX02

 

最新スタッドレスの横浜ゴム「アイスガードSUV G075」を使ってみた感想

 

 

「愛車を高く売りたい」 が現実になる方法
  • 大切に乗ってきた車だから高く売りたい
  • 下取り査定額を上乗せしたい
  • 今の愛車の価値を知りたい

 

毎月100人以上が利用する方法で、あなたのこの悩みを解決できます。

⇒詳細はこちらをクリック

日本にもオールシーズンタイヤが本格的に導入され始めた

オールシーズンタイヤとは、名前の通り、晴れの日の「ドライ路面」や、雨の日の「ウェット路面」だけでなく、雪が積もっている「積雪路面」まで幅広く対応しているタイヤです。

 

すべての路面に対応しているので、タイヤ交換をする必要がなくとっても便利です。

 

 

まだまだ日本でオールシーズンタイヤは定着していませんが、グッドイヤーはオールシーズンタイヤに本格的に力を入れ始めたんです。

 

グッドイヤーは、オールシーズンタイヤ「ベクター4シーズンズ」を日本に投入して4年以上が経っていますが、これまでは逆輸入でした。

 

そのため、サイズは限定的でした。

 

けれど、新たに国内生産としたことで、145/80R13などの軽自動車サイズから、215/65R16などのミニバンサイズ、225/45R18などの大型サルーンまで幅広く対応できるようにしたんです。

 

サイズは、全部で44あるんですよ。

 

 

ベクター4シーズンズは、日本国内で冬用タイヤであることを示す「スノーマーク」がついているのはもちろん、欧州の冬用タイヤを示す「スノーフレークマーク」も付いています

 

もちろん、M+S(マッド&スノー)表記もあります

 

なので、関越道などでの冬用タイヤ規制にも対応するんですよ。

 

 

グッドイヤーが、本格的にオールシーズンタイヤに力を入れはじめたことで、日本でも定着するようになるかもしれませんね。

 

 

オールシーズンタイヤのメリット・デメリット

グッドイヤー4シーズンズを実際に使った感じはどうなのでしょうか?

 

積雪路では、スタッドレスタイヤに負けず劣らずのグリップ性能だったんです。

 

冬場に関越道を走って都内から石打あたりのスキー場へ行くといった使い方で実際に積雪路を走った経験があるが、通常の圧雪路であればスタッドレスタイヤに対しまったく遜色ないグリップ性能を発揮するし、関越トンネル前後の消雪パイプでたっぷりたまったヘビーウェット路面では、スタッドレスタイヤとは比較にならないほどの排水性を実感。ウェット路面ではかなり心強い。ただし、アイス性能はスタッドレスタイヤには及ばないので、そのあたりは充分に心しておいていただきたい。

(引用元:ベストカー)

 

このように、オールシーズンタイヤ(ベクター4シーズンズ)は、

 

・通常の圧雪路なら、スタッドレスタイヤと同等のグリップ力

・濡れた路面なら、スタッドレスタイヤ以上の性能

・アイス性能は、スタッドレスタイヤにはかなわない

 

というメリットとデメリットがあるんです。

 

 

では、普通の乾いた路面では、オールシーズンタイヤの性能はというと、グリップ力は十分ありますが、ノイズが気になるようなんです。

 

ドライ路では若干パターンノイズが気になるのはデメリットとして挙げておかねばならない。高速道路にかぎらず、一般道を50km/h程度で走っていても「コォー」という高周波のノイズが出て、これはサマータイヤに対する明らかなネガ。ま、積雪路に対応する大きく深いブロックや、排水性を重視したV字型パターンを見れば、「やむなし」と納得できる部分ではあるが、静粛性を重視する向きには、その点を知った上で判断していただきたいのだ。

 

またドライ路での高速道路走行ではセンター付近の操舵応答性に若干の曖昧さがある。これもトレッドパターンを見ればセンターに深い主溝を配さないため、センターの手応え感がやや希薄になるだろうと予測済み。

 

とはいえ、今回富士スピードウェイショートサーキットで試乗会が実施されたのだが、実際のグリップ力はサマータイヤと同等の実力でこんな使い方にも充分対応することを確認できた。

(引用元:ベストカー)

 

このように、ドライ路面でのオールシーズンタイヤは、

 

・ノイズが気になる

・高速走行ではセンター付近で、操舵感に曖昧さを少し感じる

・グリップ力は、サマータイヤと同等

 

となっています。

 

 

オールシーズンタイヤ(ベクター4シーズンズ)は、路面が凍りやすいところでは不向きかもしれませんが、東京都内など年に数回積雪があるような地区ではかなり助かりますね。

 

すべての季節で使えて、交換の必要がないというのは、とても便利です。

 

もちろんデメリットはありますが、メリットもたくさんあるので、オールシーズンタイヤを使ってみるのもいいかもしれませんね。

愛車を高額買取してもらう方法。車買取一括査定の利用がポイント

車を高く売るためには、普通にディーラーの下取り査定や車買取店の査定を受けるだけではダメです。
 
複数の車買取店やディーラーの査定を受け、価格競争させることが重要です。
 
これをすることで、1店舗だけの査定よりも、数十万円以上も高く売ることができる可能性があるんです。
 
 
方法は簡単です。
 
以下のような流れで行えばいいんです。
 
1.車買取一括査定サイトを利用して、複数の車買取店から査定を受ける
2.複数の車買取店を競合させて、最も高い査定額を引き出す(⇒車買取で最も高い査定額を得る交渉術。買取価格が数十万円アップも
3.ディーラーの下取り査定を受ける
4.「ディーラーの下取り査定額」と、2の「車買取店の最も高い査定額」を競わせる(⇒車の下取り査定額を上乗せする方法。車買取店との競合がコツ
5.最終的に高い方に売却する(ただし、差が2~3万円くらいのときはディーラーへ下取りに出す)
 
このように行えば、愛車を最も高く売ることができ、下取り査定の上乗せも期待できるんですよ。(車を売却するだけの人は、2.で終わればいいです)
 
「愛車を最も高く売りたい」「下取り査定額をアップさせたい」という人は、ぜひ行ってください。
 
 
ただ、たくさんの車買取店を回るのは大変ですよね。
 
そこで便利なのが“車買取一括査定サイト”です。
 
必要項目を入力するだけで、あなたの住んでいる所の複数の車買取店が無料で査定をしてくれるんです。
 
しかも、実際に車を見て査定をするときも、無料で自宅まで来てくれるんです。
 
愛車を高く売るたい人は、車買取一括査定サイトを利用して、複数の車買取店に査定を受けることからスタートです。

当サイト人気一括査定サイトランキング

かんたん車査定ガイド

たった45秒で一流業者が愛車の値段を教えてくれる!

入力項目が少ないので査定依頼がとっても簡単。東証一部上場企業が運営しているので安心ですね。一流の大手買取業者からコダワリの専門業者まで最大10社の一括査定を受けることができますよ。しかも、入力してすぐに概算の最高額も分かるのもGoodです。

車査定比較.com

申し込み後、すぐに買取相場を教えてくれる!

全国の200社以上の質の高い車買取業者と提携し、サイトの運営会社は上場企業なので、安心して利用できる無料買取一括査定サイトです。たった数項目の入力で、最大10社の車買取店から見積りがもらえます。しかも、全国75万台のデータから算出した買取相場を、申し込み後すぐに教えてくれますよ。

カーセンサー.net簡単ネット査定

意外な高値が期待できる一括査定サイト

リクルートが運営しているカーセンサーの一括査定サイト。最大30社から見積もりが届きます。地方の中小買取企業も参加しているため意外な高値が期待できます。さらに、大手では買い取ってくれない車に強いのも特徴です。


車を最も高く売却する方法
愛車を高く売るコツ
車を高く売却する車選び
車買取査定の基本
車買取の裏ネタ
新車を安く購入するコツ
新車を購入する時期
賢い商談方法と予約購入につい
商談を行う販売店選び
お得に新車を買う商談の基本
今月の人気記事
カテゴリー

ページの先頭へ