最新スタッドレスの横浜ゴム「アイスガードSUV G075」を使ってみた感想

目安時間:約 6分

寒い季節がやってきて、愛車の冬支度として、スタッドレスタイヤに交換する人が増えてきました。

 

ただ、「スタッドレスタイヤは、どれを選べばいいか分からない」という人も多いですよね。

 

そこで、2016年の最新スタッドレスタイヤを紹介しますね。

 

今回は、名称を変えて生まれ変わった、横浜ゴム『アイスガードSUV G075』についてです。

 

 

前回紹介したダンロップ「WINTER MAXX2」については、こちらをご覧ください。

2016年の最新スタッドレスタイヤを紹介。ダンロップWINTER MAXX02

 

 

50万円以上もたかく売れる可能性も
  • 大切に乗ってきた車だから高く売りたい
  • 下取り査定額を上乗せしたい
  • 今の愛車の価値を知りたい

 

あなたは、これらに悩んでいませんか?

 

このサービスを使えば、50万円以上も高く売ることができる可能性があります。

かんたん車査定ガイド

↑↑↑  

無料でできます

横浜ゴム「アイスガードSUV G075」は、制動距離を短縮しつつ、燃費性能も向上

これまで、横浜ゴムのSUV用スタッドレスといえば、「ジオランダーI/T-S」というネーミングでした。

 

それが今回、新たに乗用車用スタッドレスタイヤのブランド名の『アイスガードSUV G075』と名前を変えつつ、フルモデルチェンジしたんです。

 

 

ジオランダーは、クロカン4WD用のタイヤブランドでした。

 

けれど近年は、SUVのニーズがヘビーデューティ志向から、乗用車に近いシティユースへシフトしてきました。

 

そこで横浜ゴムは、自社のスタッドレスタイヤということを印象づける意味をあり、名称を変えたんです。

 

 

「アイスガードSUV G075」の特徴は、氷上グリップ力を高めながら、燃費性能も向上させたことです。

 

アイスガードSUV G075は、氷上ブレーキ性能で高い評価を得ている乗用車用スタッドレスタイヤ「アイスガード5プラス」のコンパウンド技術をおしみなく搭載しています。

 

吸収性を高めた「エボ吸収ホワイトゲル」を使ったスーパー吸収ゴムを採用。

 

それにより、氷上ブレーキテストでは、従来のジオランダーI/T-Sに対して、23%も制動距離を短くすることができたんです。

 

 

さらに、新開発の「低発熱トレッドゴム」を採用することで、走行時の発熱を24%低減。

 

これにより転がり抵抗が5%も低減して、燃費が向上したんです。

 

パターンノイズを低減するトレッドパターンとすることで、ドライ路面走行時の騒音も大幅に減っているんですよ。

 

 

このように、横浜ゴム アイスガードSUV G075は、制動性能と燃費を向上させたスタッドレスタイヤなんです。

 

 

横浜ゴム「アイスガードSUV G075」を使ってみた感想

では、実際に横浜ゴム「アイスガードSUV G075」を使ってみた感想はどうなのでしょうか?

 

カー雑誌『ベストカー』の担当者が、実際に横浜ゴム「アイスガードSUV G075」を装着した車に試乗してみました。

 

 

試乗した日は、2月でも暖かい北海道でした。

 

気温はプラスだったので、圧雪路はちょっと走るとシャーベット状になり、氷盤テスト路は表面の氷が解けて水膜が覆っていました。

 

最も滑る条件がそろっていて、スタッドレスタイヤには過酷な条件でのテストとなりました。

 

 

試乗テストは、従来品のジオランダーI/T-Sとの比較で行われ、その結果、なんと車1台分手前で止まることができたんです。

 

30km/hからのアイスバーン制動でハッキリとした差を体感。発進加速時のトラクションからして圧倒的な差があり、従来品だと“シュルルル~、シュルルル~”と大きく滑ってはトラクションコントロールが介入することの繰り返しなのだが、アイスガードSUVは“キュル、キュル……”と滑りの時間が短く、トラコンの介入も頻度が少ない。制動ポイントに向けて30km/hまで加速させるのが「容易」だったのだ。

 

そしてブレーキ。結果を言えば、アイスガードSUVは従来品よりもクルマ1台分程度手前で止まることができた。おおよそ4mだ。この差は大きい。ブレーキをかけた瞬間から減速感が大きく、安心感が高いのだ。

(引用元:ベストカー)

 

車1台分手前で止まれたというのは、かなり大きいですよね。

 

止まる能力が高いというのは、いざというときの安心感も高いので嬉しいですね。

 

 

最後に、横浜ゴム「アイスガードSUV G075」のポイントを紹介しますね。

 

アイスガードSUV G075のここがポイント

 

・乗用車用「アイスガード5プラス」で定評の「スーパー吸収ゴム」を採用し、氷上グリップを各段に進化させた

・低温化でのゴムの柔軟性を長期間維持するトレッドコンパウンド

・新開発低発熱トレッドゴムの採用により発熱を24%低減。これにより転がり抵抗が5%小さくなった

(引用元:ベストカー)

愛車を高額買取してもらう方法。車買取一括査定の利用がポイント

車を高く売るためには、普通にディーラーの下取り査定や車買取店の査定を受けるだけではダメです。
 
複数の車買取店やディーラーの査定を受け、価格競争させることが重要です。
 
これをすることで、1店舗だけの査定よりも、数十万円以上も高く売ることができる可能性があるんです。
 
 
方法は簡単です。
 
以下のような流れで行えばいいんです。
 
1.車買取一括査定サイトを利用して、複数の車買取店から査定を受ける
2.複数の車買取店を競合させて、最も高い査定額を引き出す(⇒車買取で最も高い査定額を得る交渉術。買取価格が数十万円アップも
3.ディーラーの下取り査定を受ける
4.「ディーラーの下取り査定額」と、2の「車買取店の最も高い査定額」を競わせる(⇒車の下取り査定額を上乗せする方法。車買取店との競合がコツ
5.最終的に高い方に売却する(ただし、差が2~3万円くらいのときはディーラーへ下取りに出す)
 
このように行えば、愛車を最も高く売ることができ、下取り査定の上乗せも期待できるんですよ。(車を売却するだけの人は、2.で終わればいいです)
 
「愛車を最も高く売りたい」「下取り査定額をアップさせたい」という人は、ぜひ行ってください。
 
 
ただ、たくさんの車買取店を回るのは大変ですよね。
 
そこで便利なのが“車買取一括査定サイト”です。
 
必要項目を入力するだけで、あなたの住んでいる所の複数の車買取店が無料で査定をしてくれるんです。
 
しかも、実際に車を見て査定をするときも、無料で自宅まで来てくれるんです。
 
愛車を高く売るたい人は、車買取一括査定サイトを利用して、複数の車買取店に査定を受けることからスタートです。

当サイト人気一括査定サイトランキング

かんたん車査定ガイド

たった45秒で一流業者が愛車の値段を教えてくれる!

入力項目が少ないので査定依頼がとっても簡単。東証一部上場企業が運営しているので安心ですね。一流の大手買取業者からコダワリの専門業者まで最大10社の一括査定を受けることができますよ。しかも、入力してすぐに概算の最高額も分かるのもGoodです。

車査定比較.com

申し込み後、すぐに買取相場を教えてくれる!

全国の200社以上の質の高い車買取業者と提携し、サイトの運営会社は上場企業なので、安心して利用できる無料買取一括査定サイトです。たった数項目の入力で、最大10社の車買取店から見積りがもらえます。しかも、全国75万台のデータから算出した買取相場を、申し込み後すぐに教えてくれますよ。

カーセンサー.net簡単ネット査定

意外な高値が期待できる一括査定サイト

リクルートが運営しているカーセンサーの一括査定サイト。最大30社から見積もりが届きます。地方の中小買取企業も参加しているため意外な高値が期待できます。さらに、大手では買い取ってくれない車に強いのも特徴です。


愛車を高く売りたいなら必見!

↑↑↑

【無料でできます!】

愛車を高く売りたいなら必見!

↑↑↑

【無料でできます!】

車を最も高く売却する方法
愛車を高く売るコツ
車を高く売却する車選び
車買取査定の基本
車買取の裏ネタ
新車を安く購入するコツ
新車を購入する時期
賢い商談方法と予約購入につい
商談を行う販売店選び
お得に新車を買う商談の基本
今月の人気記事
カテゴリー

ページの先頭へ