新車販売店での賢い商談方法。購入条件はしっかり決めブレない

目安時間:約 6分

新車の購入は、不動産の購入の次に高い買い物と言われています。

 

なので、購入するときは、営業マンと時間をかけてじっくり商談してから契約をしたいですよね。

 

しかし、実際には「慌てず急がず」を心掛けて商談する方が、良い条件が獲得できるんです。

 

少しでもお得に車を買うために、『賢い商談方法』についてお話ししますね。

 

やみくもに値引き交渉をすると、かえって好条件は出にくいんですよ。

 

 

50万円以上もたかく売れる可能性も
  • 大切に乗ってきた車だから高く売りたい
  • 下取り査定額を上乗せしたい
  • 今の愛車の価値を知りたい

 

あなたは、これらに悩んでいませんか?

 

このサービスを使えば、50万円以上も高く売ることができる可能性があります。

かんたん車査定ガイド

↑↑↑  

無料でできます

「慌てず急がず」を心掛けた新車購入の商談とは?

近年の新車販売の現場は、他の業種と同じで人材は不足気味で、各店舗における営業マンの人数も十分ではありません。

 

営業マンは、1件当たりの商談時間をできるだけ短くし、効率を上げる必要があります。

 

そのため、結論が早く出そうなお客ほど、好条件が出やすいんです。

 

“結論が早く出そうなお客”というのは、購入希望車種が絞り込まれているかどうかなんです。

 

 

営業マンは、“鉄は熱いうちに打て”を肝に商談を進めています。

 

なので、無意味に商談を引き延ばすと、値引きアップは期待できません。

 

慌てて契約してあとから後悔するのはダメですが、少し巻き気味に商談を進めるのが好条件を獲得するポイントです。

 

そのためには、商談前に購入車種を絞り込んで情報収集をしておき、購入の決定の条件を決めておき、商談中は購入条件をぶれないようにすることが重要です。

 

 

商談では、車種に合わせて競合方法を変える

競合とは、ライバル同士を競わせることで、値引き条件をアップさせることです。

 

昔は、「カローラ対サニー」のように各メーカーの間で、同じクラスに勝負できるライバル車を設定して、それらを競合させる“ライバル競合”がメインでした。

 

しかし、今はライバル競合が効果的なのは、軽自動車やMサイズミニバンなどの一部の車種に限られています。

 

 

現在は、同じ車を複数の販売店で併売している時に行う「同士競合」や、兄弟車が設定されている場合に行える「兄弟車競合」が、競合の主流です。

 

特に、同士競合は、まったく同じ車を競い合わせるので、ほぼ値引き額が決定条件となります。

 

そのため、営業マンは早い段階から好条件を提示するので、短期間で勝負が決まる傾向が強く、売る側も買う側もメリットが大きいです。

 

 

値引きは総額で判断しないで、それぞれの項目ごとに値引きを考えて損得勘定を判断する

値引き条件は、車両本体値引きだけでなく、用品値引きや下取り査定額の上乗せ、ローン利用による値引き支援など、いろいろ合わせて条件がアップします。

 

ただ、営業マンはあくまで「値引き総額」を提示をし、大幅値引きをしたようにアピールしてきます。

 

そのため、提示された値引き総額が、オプション値引きは20%値引きされているか、車両本体値引き額は限界目標値かなど、自分の頭のなかで値引きをバラして計算する必要があります。

 

 

また、下取り査定額も条件アップのポイントとして重要です。

 

事前に車買取店などの査定を受けて愛車の査定額の相場を調べておき、販売店の提示した査定額が相場以上か判断をしてください。

 

営業マンも、下取り査定額をメインに値引き調整をすることが多いので、「●店の査定額はもう少し良かった」などと営業マンに伝えて値引きアップを獲得してください。

 

 

このように、新車購入の商談を賢く行うには、事前準備がとても重要です。

 

情報収集と決定条件をしっかり決めて、商談中はその条件がブレないようにしてくださいね。

 

最後に、賢く車を購入する5つのポイントを紹介しますね。

 

《賢い購入方法 5つのポイント》

 

1.“慌てず急ぐ”を心がける
2.競合車種はできるだけ絞り込む
3.頭の中で値引きを“バラす”
4.結論が早い客ほど好条件が出やすい
5.下取り査定額が条件アップの鍵
(引用先:ザ・マイカー)

タグ:  

カテゴリ:車を安く買うコツ 

愛車を高額買取してもらう方法。車買取一括査定の利用がポイント

車を高く売るためには、普通にディーラーの下取り査定や車買取店の査定を受けるだけではダメです。
 
複数の車買取店やディーラーの査定を受け、価格競争させることが重要です。
 
これをすることで、1店舗だけの査定よりも、数十万円以上も高く売ることができる可能性があるんです。
 
 
方法は簡単です。
 
以下のような流れで行えばいいんです。
 
1.車買取一括査定サイトを利用して、複数の車買取店から査定を受ける
2.複数の車買取店を競合させて、最も高い査定額を引き出す(⇒車買取で最も高い査定額を得る交渉術。買取価格が数十万円アップも
3.ディーラーの下取り査定を受ける
4.「ディーラーの下取り査定額」と、2の「車買取店の最も高い査定額」を競わせる(⇒車の下取り査定額を上乗せする方法。車買取店との競合がコツ
5.最終的に高い方に売却する(ただし、差が2~3万円くらいのときはディーラーへ下取りに出す)
 
このように行えば、愛車を最も高く売ることができ、下取り査定の上乗せも期待できるんですよ。(車を売却するだけの人は、2.で終わればいいです)
 
「愛車を最も高く売りたい」「下取り査定額をアップさせたい」という人は、ぜひ行ってください。
 
 
ただ、たくさんの車買取店を回るのは大変ですよね。
 
そこで便利なのが“車買取一括査定サイト”です。
 
必要項目を入力するだけで、あなたの住んでいる所の複数の車買取店が無料で査定をしてくれるんです。
 
しかも、実際に車を見て査定をするときも、無料で自宅まで来てくれるんです。
 
愛車を高く売るたい人は、車買取一括査定サイトを利用して、複数の車買取店に査定を受けることからスタートです。

当サイト人気一括査定サイトランキング

かんたん車査定ガイド

たった45秒で一流業者が愛車の値段を教えてくれる!

入力項目が少ないので査定依頼がとっても簡単。東証一部上場企業が運営しているので安心ですね。一流の大手買取業者からコダワリの専門業者まで最大10社の一括査定を受けることができますよ。しかも、入力してすぐに概算の最高額も分かるのもGoodです。

車査定比較.com

申し込み後、すぐに買取相場を教えてくれる!

全国の200社以上の質の高い車買取業者と提携し、サイトの運営会社は上場企業なので、安心して利用できる無料買取一括査定サイトです。たった数項目の入力で、最大10社の車買取店から見積りがもらえます。しかも、全国75万台のデータから算出した買取相場を、申し込み後すぐに教えてくれますよ。

カーセンサー.net簡単ネット査定

意外な高値が期待できる一括査定サイト

リクルートが運営しているカーセンサーの一括査定サイト。最大30社から見積もりが届きます。地方の中小買取企業も参加しているため意外な高値が期待できます。さらに、大手では買い取ってくれない車に強いのも特徴です。


愛車を高く売りたいなら必見!

↑↑↑

【無料でできます!】

愛車を高く売りたいなら必見!

↑↑↑

【無料でできます!】

車を最も高く売却する方法
愛車を高く売るコツ
車を高く売却する車選び
車買取査定の基本
車買取の裏ネタ
新車を安く購入するコツ
新車を購入する時期
賢い商談方法と予約購入につい
商談を行う販売店選び
お得に新車を買う商談の基本
今月の人気記事
カテゴリー

ページの先頭へ