新車購入時の予約購入のデメリット|実車に触れない、値引きがほとんどない

目安時間:約 6分

新しい車が発売されると、発売前に予約して購入する『予約購入』をすることができます。

 

しかし、予約購入って本当に大丈夫?と不安に思うこともたくさんありますよね。

 

では、予約購入にはどんなデメリットがあるのでしょうか?

 

今回は、『予約購入のデメリット』についてお話ししますね。

 

 

「愛車を高く売りたい」 が現実になる方法
  • 大切に乗ってきた車だから高く売りたい
  • 下取り査定額を上乗せしたい
  • 今の愛車の価値を知りたい

 

毎月100人以上が利用する方法で、あなたのこの悩みを解決できます。

⇒詳細はこちらをクリック

自動車メーカーも予約購入をしてもらいたい

新型車が発売されてから1ヶ月もすると、受注状況がアナウンスされ、納期に数ヶ月かかることが勲章のように伝えられます。

 

ただ、納期遅延は、大ヒットによるものだけでなく、一部の部品の生産が間に合わないことが原因のこともあるんです。

 

なので、よほど発売直後のスタートダッシュで反応が鈍い新型車以外は、多少は納期遅延が起こるものと思っておくといいですよ。

 

 

納期遅延に巻き込まれないためには、正式発売前に契約する「予約購入」しかありません。

 

自動車メーカー側も、売れ筋車種を効率的に生産したいので、予約受注を積極的に行い、ユーザーの好みを把握したがっています。

 

そのため、新型車の発売前は、販促活動が積極的になるんです。

 

 

販売店も、納期遅延を逆手にとり、「今予約すれば、納車も順調です」と予約購入をすすめてきます。

 

しかも、納期遅延を“大人気の車種”的にアナウンスして、さらに増販しよとしてきます。

 

なので、バックオーダーを確保するために、発売直後よりも、予約購入した方が値引きなど条件が良くなることもあるんですよ。

 

 

ただ、予約購入にも、いくつかデメリットがあるんです。

 

 

値引交渉がほとんどできない|予約購入のデメリット

新車を購入するとき、いつも大幅値引きで購入する人には、予約購入は不向きです。

 

予約購入の段階では、正式な価格が分からないので、正式販売前のモデルを大幅値引きすることはほとんどないんです。

 

 

しかし、ディーラーなどの販売店も予約販売には熱心なので、一昔前ほど極端に引き締まっているわけではないんです。

 

車両本体値引きは「ワンプライス値引き」ほどですが、その他に付属品値引きや下取り査定額の上乗せはあります。

 

 

ちなみに、ライバル競合を行うことも、条件拡大にはつながらないので行う意味はないです。

 

 

実車を見ることが出来ない|予約購入のデメリット

予約購入の最大のデメリットは、実際に車を見たり触ったりできないことです。

 

簡易パンフレットなどの資料をみて決めるしかありません。

 

正式発売まで1ヵ月を切るくらいになると、ディーラーに台数限定で配車されることもありますが、基本的には実車を見ないでの契約になります。

 

販売する立場の営業マンは「自分達も実車を見ているわけではないので、こちらから押し付けるのではなく、あくまでお客様の判断にお任せしております」とのこと。

(引用先:ザ・マイカー)

 

内装の質感や外装など、写真だけで判断するので「こんなはずでは・・」なんてこともあるんです。

 

そんな思いをしたくない人は、納期は掛かってしまいますが、正式販売後に判断するほうがおすすめですね。

 

 

保証金が必要なことがある|予約購入のデメリット

一般的には、手付金は一万円程度ですが、予約販売の場合は多めに手付金を求められることがあります。

 

これは、販売店としてキャンセルされるのを防ごうとするためです。

 

 

予約販売といっても、登録作業は正式発表後でないとできません。

 

そのため、納車までに実車を見ることができるため、なかには実車をみてキャンセルをする人が出てくることもあります。

 

そのキャンセルを防ぐために、販売店や車種によっては手付金(保証金)をとることが多いんです。

 

フルローンなどの場合は必要ありませんが、保証金的な意味合いを持つ程度の事前支払いがあることを、覚悟しておいてくださいね。

 

 

このように、予約購入にはいくつかのデメリットがあります。

 

予約購入のときは、営業マンとしっかり商談してから決めてくださいね。

 

次回は、予約購入のメリットについてお話ししますね。

 

※予約購入は、良いことも多い

新車購入時の予約購入のメリット|納期遅延がない、正式販売直後より特典が多い

愛車を高額買取してもらう方法。車買取一括査定の利用がポイント

車を高く売るためには、普通にディーラーの下取り査定や車買取店の査定を受けるだけではダメです。
 
複数の車買取店やディーラーの査定を受け、価格競争させることが重要です。
 
これをすることで、1店舗だけの査定よりも、数十万円以上も高く売ることができる可能性があるんです。
 
 
方法は簡単です。
 
以下のような流れで行えばいいんです。
 
1.車買取一括査定サイトを利用して、複数の車買取店から査定を受ける
2.複数の車買取店を競合させて、最も高い査定額を引き出す(⇒車買取で最も高い査定額を得る交渉術。買取価格が数十万円アップも
3.ディーラーの下取り査定を受ける
4.「ディーラーの下取り査定額」と、2の「車買取店の最も高い査定額」を競わせる(⇒車の下取り査定額を上乗せする方法。車買取店との競合がコツ
5.最終的に高い方に売却する(ただし、差が2~3万円くらいのときはディーラーへ下取りに出す)
 
このように行えば、愛車を最も高く売ることができ、下取り査定の上乗せも期待できるんですよ。(車を売却するだけの人は、2.で終わればいいです)
 
「愛車を最も高く売りたい」「下取り査定額をアップさせたい」という人は、ぜひ行ってください。
 
 
ただ、たくさんの車買取店を回るのは大変ですよね。
 
そこで便利なのが“車買取一括査定サイト”です。
 
必要項目を入力するだけで、あなたの住んでいる所の複数の車買取店が無料で査定をしてくれるんです。
 
しかも、実際に車を見て査定をするときも、無料で自宅まで来てくれるんです。
 
愛車を高く売るたい人は、車買取一括査定サイトを利用して、複数の車買取店に査定を受けることからスタートです。

当サイト人気一括査定サイトランキング

かんたん車査定ガイド

たった45秒で一流業者が愛車の値段を教えてくれる!

入力項目が少ないので査定依頼がとっても簡単。東証一部上場企業が運営しているので安心ですね。一流の大手買取業者からコダワリの専門業者まで最大10社の一括査定を受けることができますよ。しかも、入力してすぐに概算の最高額も分かるのもGoodです。

車査定比較.com

申し込み後、すぐに買取相場を教えてくれる!

全国の200社以上の質の高い車買取業者と提携し、サイトの運営会社は上場企業なので、安心して利用できる無料買取一括査定サイトです。たった数項目の入力で、最大10社の車買取店から見積りがもらえます。しかも、全国75万台のデータから算出した買取相場を、申し込み後すぐに教えてくれますよ。

カーセンサー.net簡単ネット査定

意外な高値が期待できる一括査定サイト

リクルートが運営しているカーセンサーの一括査定サイト。最大30社から見積もりが届きます。地方の中小買取企業も参加しているため意外な高値が期待できます。さらに、大手では買い取ってくれない車に強いのも特徴です。


車を最も高く売却する方法
愛車を高く売るコツ
車を高く売却する車選び
車買取査定の基本
車買取の裏ネタ
新車を安く購入するコツ
新車を購入する時期
賢い商談方法と予約購入につい
商談を行う販売店選び
お得に新車を買う商談の基本
今月の人気記事
カテゴリー

ページの先頭へ