EV(電気自動車)やFCV(燃料電池車)を今、買う意味とは?

目安時間:約 4分

近年は、環境に対する意識が高まり、電気自動車(EV)や燃料電池車(FCV)など環境に優しい車も増えてきました。

 

けれど、EVやFCVは、車種数はまだまだ少ないです。

 

さらにこのクラスは、車そのものよりも、インフラにまだまだ問題点があります。

 

このように普通のガソリンエンジン車よりも、日常的に使うには気を遣うEVやFCVを今、買う意味は何なのでしょうか?

 

EVやFCVを今、購入する意味とは?』についてお話ししますね。

 

 

自然に比較・競争できるから高く売れる
  • 大切に乗ってきた車だから高く売りたい
  • 下取り査定額を上乗せしたい
  • 今の愛車の価値を知りたい

 

このサービスを使えば、50万円以上も高く売ることができる可能性も

かんたん車査定ガイド

EVやFCVは、まだまだインフラに問題がある

EVやFCVは、車種数が少なく、乗用車に限れば

 

リーフ(日産)

i-MiEV(三菱)

ミライ(トヨタ)

 

の3台しかありません。

 

ただ、このクラスは、車そのものよりもインフラに問題があります。

 

 

EVは、航続距離が長い仕様のリーフでも280kmしか走行できません。

 

しかもこの数値はカタログ値なので、実際にはアクセルの踏み方やエアコン&ヒーターの使い方によって、どんどん短くなってしまいます。

 

それでも、買い物や通勤くらいの日常的な使い方なら何の問題もなく、充電スポットの数もかなり増えているので、遠出するのもそれほど心配することはありません、

 

 

ただし、電気自動車は、充電に時間がかかり、急速充電を使用しても30分はかかってしまうので、どこに行くにもある程度の時間的余裕が必要になってきます

 

 

FCVは、航続距離も長く、燃料の水素を補給する時間もガソリン車くらい短いというメリットがあります。

 

ミライ(トヨタ)なら、1回の水素燃料の満充填で、カタログ上は650km走ることができます。(実際の走行可能距離は、400kmくらいです)

 

 

一方でFCVは、燃料を充填できる水素ステーションの数が極端に少なく、営業時間も短いという、最大のデメリットがあります。

 

なので、出かける前に、水素ステーションの位置を把握し、営業時間内に燃料を充填できるように、距離や時間をあらかじめ予定しておく必要があるんです。

 

予定を組み、その通りに走る必要があるというのは、かなりのストレスですよね。

 

 

このようにEVやFCVは、車そのものよりもインフラ関係に問題があるんです。

 

 

EVやFCVに乗る人は、環境問題を考えている人か、先見性がある人

では、インフラに問題のあるEVやFCVを、今、購入する意味とは何なのでしょうか?

 

 

EVやFCVを購入する人は、先進的なものが大好きか、環境問題を真剣に考えている人が多いです。

 

インフラ問題という障害を乗り越えてでも購入するということは、未来を見据えた「先見性」を持っているということなんでしょうね。

 

 

車の購入を考えている人は、これからの未来を考えて、EVやFCVも候補に入れていてみてはいかがでしょうか。

当サイト人気一括査定サイトランキング

かんたん車査定ガイド
 

たった45秒で一流業者が愛車の値段を教えてくれる!

入力項目が少ないので査定依頼がとっても簡単。東証一部上場企業が運営しているので安心ですね。一流の大手買取業者からコダワリの専門業者まで最大10社の一括査定を受けることができますよ。しかも、入力してすぐに概算の最高額も分かるのもGoodです。

車査定比較.com
 

申し込み後、すぐに買取相場を教えてくれる!

全国の200社以上の質の高い車買取業者と提携し、サイトの運営会社は上場企業なので、安心して利用できる無料買取一括査定サイトです。たった数項目の入力で、最大10社の車買取店から見積りがもらえます。しかも、全国75万台のデータから算出した買取相場を、申し込み後すぐに教えてくれますよ。

ユーカーパック
 

無料のオークション形式車買取サービス

「電話が来るのは1社からだけ」「査定を受けるのもたった1回」「個人情報を開示するのも1社だけ」という車査定サービスです。全国「5000社以上の車屋が、オークション形式で競い合うので、高額買取が期待できます。


愛車を高く売りたいなら必見!

↑↑↑

【無料でできます!】

車を最も高く売却する方法
愛車を高く売るコツ
車を高く売却する車選び
車買取査定の基本
車買取の裏ネタ
新車を安く購入するコツ
新車を購入する時期
賢い商談方法と予約購入につい
商談を行う販売店選び
お得に新車を買う商談の基本
今月の人気記事
カテゴリー

ページの先頭へ