プリウスを車買取査定や下取りで、最も高く売却する方法。値引き以外の大切なコツ

目安時間:約 8分

ハイブリッドカーを普及させた立役者で、ハイブリッドカーの代名詞ともいえる車のトヨタ・プリウス。

 

4代目となる現行型は、2015年12月9日に発売されました。

 

そんなプリウスを下取りや車買取で高く売るには、どうすればいいのでしょうか?

 

プリウスの特徴を紹介しつつ、『トヨタ・プリウスを最も高く売る方法』についてお話ししますね。

 

最も高く売るポイントは、複数の車買取店やディーラーの下取り査定を受け、競合させることなんですよ。

 

 

ちなみに、プリウス名前の由来は、ラテン語で「~に先駆けて」の意味があります。量産ハイブリッドにふさわしいネーミングで、世界統一の名前です。

 

 

50万円以上もたかく売れる可能性も
  • 大切に乗ってきた車だから高く売りたい
  • 下取り査定額を上乗せしたい
  • 今の愛車の価値を知りたい

 

あなたは、これらに悩んでいませんか?

 

このサービスを使えば、50万円以上も高く売ることができる可能性があります。

かんたん車査定ガイド

↑↑↑  

無料でできます

トヨタ・プリウスの特徴

1997年に、世界で初めて量産ハイブリッド車として販売され、今ではハイブリッドカー代名詞といえる車になったトヨタ・プリウス。

 

世界最高の低燃費を実現した圧倒的な燃費性能と、エコカーとしてのネームバリューの良さが特徴です。

 

 

現行の4代目プリウスは、トヨタの次世代プラットフォーム・TNGAを採用した初めての車です。

 

新プラットフォームにより、低重心化、軽量化、ボディ剛性の向上が行われました。

 

さらに、後輪にダブルウィッシュボーン式サスペンションを採用することで、走行性能と乗り心地がかなり向上しました。

 

 

ハイブリッドシステムは、先代と同じ1800cc+モーターですが、さらに磨きをかけるとともに、リチウムイオン電池搭載車も設定。(先代は、ニッケル水素電池だけでした)

 

それにより燃費仕様のEグレードは、40.8km/L(JC08モード燃費)の超低燃費を実現したんです。

 

この圧倒的な燃費性能の良さが、プリウスの魅力です。

 

 

さらに、新型プリウスの魅力は、燃費性能だけではありません。

 

プリウスはガソリン代の節約など、経済面でのメリットを求めるユーザーから人気を得ています。

 

けれど、先代の3代目は、燃費性能と引き換えに、内装の質感など燃費以外の部分で我慢をしなければいけない所がありました。

 

現行の4代目は、燃費性能以外の魅力も高めているんです。

 

 

自動ブレーキは歩行者も検知する「トヨタセーフティセンスP」が設定され、安全性が向上。

 

内装の質感も高く、シフトレバーなど運転席周りの操作系は、自然な動きで操作できるような形状になっています。

 

動力性能も高く、居住空間や荷室も広いので、実用性も高いです。

 

4代目にフルモデルチェンジしたことで、すべての面が進化したんです。

 

 

このように、プリウスは、

 

・燃費性能が圧倒的に良い

・エコカーとしてのネームバリューが高い

・内装も上質で、安全性も高く、使い勝手も良い

 

という、日本を代表するハイブリッドカーなんです。

 

 

プリウスのライバル車は、アクセラ(ディーゼル、ハイブリッド)(マツダ)、グレイス(ハイブリッド)(ホンダ)などです。

 

値引き交渉などのときに、競合車として使ってくださいね。

 

 

トヨタ・プリウスのデメリット

プリウスのデメリットは、後方などの視界が悪いところです。

 

ボディサイズが大きくなり、先代よりも全長が60mm伸びました。

 

さらに、運転席に座るとボンネットが見えず、側方から後方にかけて視界があまり良くないです。

 

購入する前に、試乗車で車庫入れや縦列駐車を試して下さいね。

 

 

また、後席の頭上空間が狭めなのもデメリットです。

 

プリウスは、燃費を良くするために、空圧を巧みに受け流すボディ形状になっています。

 

そのため、足元空間は十分に確保されていますが、後席の天井を後ろに向けて下降させているので、頭上空間が狭めです。

 

後席は、座ったときの姿勢も腰が落ち込む状態になるので、居住性だけでなく、乗降性も確認してください。

 

 

デザインに好き嫌いがでるのもデメリットです。

 

フルモデルチェンジで、外観のデザインが、空力を考慮しつつ近未来的になりました。

 

個性が強くて一目でプリウスと分かるのですが、好き嫌いがハッキリと出てしまいます。

 

 

プリウスには、このようなデメリットがあります。

 

 

トヨタ・プリウスのメリット

プリウスのメリットは、世界一の燃費性能です。

 

先代のプリウスも燃費性能は良かったですが、現行型になって大幅に向上しました。

 

カタログ燃費(JC08モード燃費)は、燃費スペシャルのEグレードで40.8km/Lで、売れ筋のSグレードは37.2km/Lと超低燃費を実現しました。

 

3ナンバーサイズの5ドアハッチバックですが、世界的に見て燃費はナンバーワンです。

 

 

安全性能が高まったのもプリウスのメリットです。

 

緊急自動ブレーキは、低速域から高速域まで作動し、車両だけでなく歩行者も見分けるので安全性が高いです。

 

また、先代は前輪駆動の2WDだけでしたが、現行型は後輪をモーターで駆動する4WDも設定され、積雪地域などで使い勝手が向上しました。

 

 

そして、荷室容量が大きいのもメリットです。

 

ボディの後部に大きな荷室があり、容量はたっぷりです。

 

リアゲートも大きいので荷物が積みやすく、収納性に優れています

 

 

このように、燃費性能が圧倒的に良く、世界的にハイブリッドカーの代表的な車がプリウスです。

 

そんなプリウスを最も高く売るポイントは、以下にお話しするように、複数の車買取店やディーラーの下取り査定を受け、査定額を比較・競争させることなんです。

タグ:  

カテゴリ:トヨタ 

愛車を高額買取してもらう方法。車買取一括査定の利用がポイント

車を高く売るためには、普通にディーラーの下取り査定や車買取店の査定を受けるだけではダメです。
 
複数の車買取店やディーラーの査定を受け、価格競争させることが重要です。
 
これをすることで、1店舗だけの査定よりも、数十万円以上も高く売ることができる可能性があるんです。
 
 
方法は簡単です。
 
以下のような流れで行えばいいんです。
 
1.車買取一括査定サイトを利用して、複数の車買取店から査定を受ける
2.複数の車買取店を競合させて、最も高い査定額を引き出す(⇒車買取で最も高い査定額を得る交渉術。買取価格が数十万円アップも
3.ディーラーの下取り査定を受ける
4.「ディーラーの下取り査定額」と、2の「車買取店の最も高い査定額」を競わせる(⇒車の下取り査定額を上乗せする方法。車買取店との競合がコツ
5.最終的に高い方に売却する(ただし、差が2~3万円くらいのときはディーラーへ下取りに出す)
 
このように行えば、愛車を最も高く売ることができ、下取り査定の上乗せも期待できるんですよ。(車を売却するだけの人は、2.で終わればいいです)
 
「愛車を最も高く売りたい」「下取り査定額をアップさせたい」という人は、ぜひ行ってください。
 
 
ただ、たくさんの車買取店を回るのは大変ですよね。
 
そこで便利なのが“車買取一括査定サイト”です。
 
必要項目を入力するだけで、あなたの住んでいる所の複数の車買取店が無料で査定をしてくれるんです。
 
しかも、実際に車を見て査定をするときも、無料で自宅まで来てくれるんです。
 
愛車を高く売るたい人は、車買取一括査定サイトを利用して、複数の車買取店に査定を受けることからスタートです。

当サイト人気一括査定サイトランキング

かんたん車査定ガイド

たった45秒で一流業者が愛車の値段を教えてくれる!

入力項目が少ないので査定依頼がとっても簡単。東証一部上場企業が運営しているので安心ですね。一流の大手買取業者からコダワリの専門業者まで最大10社の一括査定を受けることができますよ。しかも、入力してすぐに概算の最高額も分かるのもGoodです。

車査定比較.com

申し込み後、すぐに買取相場を教えてくれる!

全国の200社以上の質の高い車買取業者と提携し、サイトの運営会社は上場企業なので、安心して利用できる無料買取一括査定サイトです。たった数項目の入力で、最大10社の車買取店から見積りがもらえます。しかも、全国75万台のデータから算出した買取相場を、申し込み後すぐに教えてくれますよ。

カーセンサー.net簡単ネット査定

意外な高値が期待できる一括査定サイト

リクルートが運営しているカーセンサーの一括査定サイト。最大30社から見積もりが届きます。地方の中小買取企業も参加しているため意外な高値が期待できます。さらに、大手では買い取ってくれない車に強いのも特徴です。


愛車を高く売りたいなら必見!

↑↑↑

【無料でできます!】

愛車を高く売りたいなら必見!

↑↑↑

【無料でできます!】

車を最も高く売却する方法
愛車を高く売るコツ
車を高く売却する車選び
車買取査定の基本
車買取の裏ネタ
新車を安く購入するコツ
新車を購入する時期
賢い商談方法と予約購入につい
商談を行う販売店選び
お得に新車を買う商談の基本
今月の人気記事
カテゴリー

ページの先頭へ