ノート&ノートe-POWERを車買取査定や下取りで最も高く売る方法

目安時間:約 8分

30年ぶりに月間新車販売台数で1位を獲得するという快挙を達成した、日産・ノート&ノートe-POWER。

 

コンパクトカーでは世界初となるシリーズハイブリッド(エンジンで発電をしてモーターの動力だけで走るシステム)を設定しています。

 

そんなノート&ノートe-POWERを下取りや車買取で高く売るには、どうすればいいのでしょうか?

 

ノート&ノートe-POWERの特徴を紹介しつつ、『日産・ノート&ノートe-POWERを最も高く売る方法』についてお話ししますね。

 

最も高く売るポイントは、複数の車買取店やディーラーの下取り査定を受け、競合させることなんですよ。

 

 

ちなみに、ノート&ノートe-POWERの名前の由来は、音符を意味する「note」と、雑記帳を意味する「note」の意味があって、日常の何気ない音に混じり、また生活を記録することで、使用者の生活の一部になってほしいという思いが込められています。

 

 

「愛車を高く売りたい」 が現実になる方法
  • 大切に乗ってきた車だから高く売りたい
  • 下取り査定額を上乗せしたい
  • 今の愛車の価値を知りたい

 

毎月100人以上が利用する方法で、あなたのこの悩みを解決できます。

⇒詳細はこちらをクリック

日産・ノート&ノートe-POWERの特徴|新しいタイプの電気自動車を設定

日産のコンパクトカーでは主力車種となっているノート&ノートe-POWER。

 

2016年11月にノートe-POWERを追加したところ再び人気車種となった、室内空間は広く、使い勝手が良い車です。

 

 

ノートは、EVともハイブリッドカーとも違う、シリーズハイブリッドをコンパクトカーで初めて搭載した車です。

 

シリーズハイブリッドは、エンジンで発電を行いその電気でモーターを回して走行するシステムで、日産は”電気自動車の全く新しいカタチ”とアピールしています。

 

シリーズハイブリッド以外にも、1200ccのノーマルエンジン車と、スーパーチャージャー仕様のパワーユニットも用意しています。

 

 

居住性が優れたコンパクトカーで、人気のポイントとなっています。

 

車内空間は広いので、家族や友人などとのお出かけに最適です。

 

外観のバランスも良く、水平基調のデザインにより、車幅四隅が確認しやすいです。

 

安全装備も充実しているので、買い得感を重視する人にはオススメの車です。

 

 

このように、ノート&ノートe-POWERは、

 

・新しいタイプの電気自動車を選べる

・居住性が高く、使い勝手が良い

・装備や性能のわりに割安

 

というファミリー層にも向いているコンパクトカーなんです。

 

ノート&ノートe-POWERのライバル車は、アクア(トヨタ)、フィット(ホンダ)、デミオ(マツダ)となっています。

 

値引きの上乗せ交渉などのときに、競合車として使ってくださいね。

 

 

日産・ノート&ノートe-POWERのデメリット|乗り心地が硬め

ノートe-POWERのデメリットは、価格差を取り戻すことは難しく、運転に慣れが必要なところです。

 

ノートとノートe-POWERの価格差をガソリン代で取り戻すには、19万kmを走った頃になるので、ガソリン代で取り戻すのは難しいです。

 

また、エコモードは減速時の充電効率が高い代わりに、制動力(回生ブレーキ)も強いので慣れが必要です。

 

モーター駆動なので、エンジンと違って高回転の伸びも少し悪いです。

 

 

乗り心地が硬めなのも、ノート&ノートe-POWERのデメリットです。

 

コスト削減により、乗り心地は硬めの設定になっています。

 

市街地を走ると、コツコツを路面の突き上げを感じることがあります。

 

内装の質感も、イマイチです。

 

 

ノーマルエンジン車は、動力不足なのもデメリットです。

 

ノートe-POWERでもなく、スーパーチャージャーを搭載していないノーマルエンジン車は、運転感覚は素直ですが、動力性能が足りません。

 

上り坂などで力不足を感じてしまいます。

 

 

ノート&ノートe-POWERには、このようなデメリットがあります。

 

 

日産・ノート&ノートe-POWERのメリット|運転がしやすく、使い勝手が良い

ノートe-POWERのメリットは、加速がパワフルで滑らかなところです。

 

ノートe-POWERは、エンジンで発電した電力でモーターを回して走行します。

 

100%モーター駆動ならではの力強く、反応の良い滑らかな加速を味わえますよ。

 

また、あくまでも発電のためにエンジンを搭載しているので、エンジンの回転数はアクセル開度による影響を受けにくいため燃費性能は優れています

 

アクセルペダルだけで加速、減速ができるという、未来的な走行感覚も味わえますよ。

 

 

運転がしやすく、使い勝手が良いのもノート&ノートe-POWERのメリットです。

 

ホイールベースが2600mmと長いので、室内空間は広いです。

 

大人4人で乗っても、後席の足元空間は広くてゆったりしていますよ。

 

サイドウインドウの下端を低く抑えていて、前と横の視界は優れ、コンパクトなボディと相まって運転がしやすいです。

 

全高も1550mm以下なので立体駐車場がつかるので、使い勝手がかなり良いです。

 

 

緊急自動ブレーキの安全性が高いのもメリットです。

 

搭載している自動ブレーキは、単眼カメラを使っていて歩行者も検知して安全性が高いです。

 

作動速度の上限も80km/hなので、バイパスなどでも機能しますよ。

 

 

このように、室内空間が広く、使い勝手が良く、未来的な走行感覚が味わ和える車がノート&ノートe-POWERです。

 

そんなノート&ノートe-POWERを最も高く売るポイントは、以下にお話しするように、複数の車買取店やディーラーの下取り査定を受け、査定額を比較・競争させることなんです。

愛車を高額買取してもらう方法。車買取一括査定の利用がポイント

車を高く売るためには、普通にディーラーの下取り査定や車買取店の査定を受けるだけではダメです。
 
複数の車買取店やディーラーの査定を受け、価格競争させることが重要です。
 
これをすることで、1店舗だけの査定よりも、数十万円以上も高く売ることができる可能性があるんです。
 
 
方法は簡単です。
 
以下のような流れで行えばいいんです。
 
1.車買取一括査定サイトを利用して、複数の車買取店から査定を受ける
2.複数の車買取店を競合させて、最も高い査定額を引き出す(⇒車買取で最も高い査定額を得る交渉術。買取価格が数十万円アップも
3.ディーラーの下取り査定を受ける
4.「ディーラーの下取り査定額」と、2の「車買取店の最も高い査定額」を競わせる(⇒車の下取り査定額を上乗せする方法。車買取店との競合がコツ
5.最終的に高い方に売却する(ただし、差が2~3万円くらいのときはディーラーへ下取りに出す)
 
このように行えば、愛車を最も高く売ることができ、下取り査定の上乗せも期待できるんですよ。(車を売却するだけの人は、2.で終わればいいです)
 
「愛車を最も高く売りたい」「下取り査定額をアップさせたい」という人は、ぜひ行ってください。
 
 
ただ、たくさんの車買取店を回るのは大変ですよね。
 
そこで便利なのが“車買取一括査定サイト”です。
 
必要項目を入力するだけで、あなたの住んでいる所の複数の車買取店が無料で査定をしてくれるんです。
 
しかも、実際に車を見て査定をするときも、無料で自宅まで来てくれるんです。
 
愛車を高く売るたい人は、車買取一括査定サイトを利用して、複数の車買取店に査定を受けることからスタートです。

当サイト人気一括査定サイトランキング

かんたん車査定ガイド

たった45秒で一流業者が愛車の値段を教えてくれる!

入力項目が少ないので査定依頼がとっても簡単。東証一部上場企業が運営しているので安心ですね。一流の大手買取業者からコダワリの専門業者まで最大10社の一括査定を受けることができますよ。しかも、入力してすぐに概算の最高額も分かるのもGoodです。

車査定比較.com

申し込み後、すぐに買取相場を教えてくれる!

全国の200社以上の質の高い車買取業者と提携し、サイトの運営会社は上場企業なので、安心して利用できる無料買取一括査定サイトです。たった数項目の入力で、最大10社の車買取店から見積りがもらえます。しかも、全国75万台のデータから算出した買取相場を、申し込み後すぐに教えてくれますよ。

カーセンサー.net簡単ネット査定

意外な高値が期待できる一括査定サイト

リクルートが運営しているカーセンサーの一括査定サイト。最大30社から見積もりが届きます。地方の中小買取企業も参加しているため意外な高値が期待できます。さらに、大手では買い取ってくれない車に強いのも特徴です。


車を最も高く売却する方法
愛車を高く売るコツ
車を高く売却する車選び
車買取査定の基本
車買取の裏ネタ
新車を安く購入するコツ
新車を購入する時期
賢い商談方法と予約購入につい
商談を行う販売店選び
お得に新車を買う商談の基本
今月の人気記事
カテゴリー

ページの先頭へ