店長との交渉や友人の商談の同席は、値引き拡大の効果なし|NG商談方法4

目安時間:約 6分

新車を購入するとき、値引きアップのためにいろいろ策を講じるのも楽しみの一つです。

 

しかし、商談の方法を間違えると、値引きアップどころか逆効果になってしまうこともあるんです。

 

そのうえ営業マンとの信頼関係も壊してしまう可能性もあるんです。

 

そこで、複数回にわたり『商談の時にやってはいけない10個のNG商談術』についてお話ししています。

 

今回も続きとして、NG商談術8~10についてお話ししますね。

 

 

ちなみに、これまでに紹介したNG商談術1~7まではこちらです。

 

※ライバル車の見積りを営業マンに見せると、条件が悪くなります

ライバル車の見積りを見せても値引きは拡大しない|NG商談方法1

 

※「知人と同じ条件にしてほしい」というのは、お得じゃないことも
新車の交渉で、「知人と同条件に」と営業マンに要求するのは損|NG商談方法2

 

※希望と異なるボディカラーでの商談は注意
NG商談方法3|大幅値引きを狙って、希望と違うボディカラーの在庫車で商談しない

 

 

50万円以上もたかく売れる可能性も
  • 大切に乗ってきた車だから高く売りたい
  • 下取り査定額を上乗せしたい
  • 今の愛車の価値を知りたい

 

あなたは、これらに悩んでいませんか?

 

このサービスを使えば、50万円以上も高く売ることができる可能性があります。

かんたん車査定ガイド

↑↑↑  

無料でできます

最終的な値引き交渉を担当営業マンではなく店長に直接アプローチする|NG商談術8

店長は、店舗の収益管理を任されている責任者なので、「値引きは極力抑えたい」という立場にいます。

 

しかし、1台でも販売実績を増やしたいので、難しい立場ながらも値引き条件の決済を日々行っているんです。

 

そのようななか、最終的な値引きアップのために、商談の途中で担当営業マンを飛び越えて、店長に直接交渉を行う行為は効果的ではありません。

 

何十年も長い付き合いが続いている“得意客”ならば話は別ですが、継続的な付き合いがどこまで期待できるか分からない“一見客”にそこまで入れ込む店長はまずいません。

 

 

たまたまノルマ達成まであと一台というタイミングで、店長が同席して一気に値引き拡大ということもありますが、これは本当に稀なことです。

 

なので、店長に直談判するよりも、担当営業マンに店長を説得させる「なぜその値引きが必要なのか」という根拠を説明するほうが、好条件獲得には効果があるんです。

 

残念ながら、店長は一見客には直接かかわることはありません。

 

 

商談の終盤で友人や父親に同席してもらい、値引きアップのダメ押しをしてもらう|NG商談術9

営業マンは、初めの商談のときに購入を決定するキーマンが誰かを見極めます。

 

夫婦で訪れた場合は、新車をほしいのが主人でも、奥様が財布の紐を握っているのが一般的なので、キーマンは奥様になります。

 

なので、奥様に現実的なアプローチをして納得してもらうことが、契約の鍵を握っていると営業マンは考えています。

 

 

では、商談の途中で父親や友人が登場すると、営業マンはどう思うのでしょうか?

 

「商談の途中で交渉者が増えると、購入決定権者が誰なのかボヤけてきます。そのため、値引き条件などは抑え目にして、あくまでご本人が最終決定するのか、途中参戦者が最終決定権なのかの見極めをします。」
(引用先:ザ・マイカー)

 

このように、途中でプレイヤーが増えると、逆にけん制されてしまうんです。

 

途中で登場する人物が、頻繁に新車の商談を紹介してくれるキーマン的存在なら効果はありますが、単なる友人や父親なら効果は期待できません

 

 

ローン利用の条件を途中で現金払いに変更するが、値引き額はそのままにしてもらう|NG商談術10

販売店は提携の信販会社を斡旋してローン契約が成立すると、信販会社からバックマージンがもらえ、この一部が本体値引き支援に使われて値引条件がアップします。

 

ローン利用を条件に商談を進めている途中で、現金一括払いへ変更すると、販売店はローン利用による信販会社からのバックマージンが失われてしまいます。

 

当然、ローン利用による値引き上乗せ分も減額されるのが大原則です。

 

この点について営業マンは「長いお付き合いのあるお客様については、本体値引きにローン利用による値引き上乗せを合算させますが、ご新規のお客様については、付属品計上欄などに“割賦利用特別値引き”として計上することで、ローン利用から現金一括払いにご変更された場合には、この項目をカットいたします」と対応策を話してくれた。
(引用先:ザ・マイカー)

 

上乗せの根拠がなくなれば値引きアップは消滅してしまうので、これは肝に銘じて商談してくださいね。

 

 

このように、商談方法にもやってはいけないNGポイントがいくつかあります。

 

新車をお得に購入するためにも、営業マンと良好な関係を築くことが大切なんですよ。

タグ:   

カテゴリ:車を安く買うコツ 

愛車を高額買取してもらう方法。車買取一括査定の利用がポイント

車を高く売るためには、普通にディーラーの下取り査定や車買取店の査定を受けるだけではダメです。
 
複数の車買取店やディーラーの査定を受け、価格競争させることが重要です。
 
これをすることで、1店舗だけの査定よりも、数十万円以上も高く売ることができる可能性があるんです。
 
 
方法は簡単です。
 
以下のような流れで行えばいいんです。
 
1.車買取一括査定サイトを利用して、複数の車買取店から査定を受ける
2.複数の車買取店を競合させて、最も高い査定額を引き出す(⇒車買取で最も高い査定額を得る交渉術。買取価格が数十万円アップも
3.ディーラーの下取り査定を受ける
4.「ディーラーの下取り査定額」と、2の「車買取店の最も高い査定額」を競わせる(⇒車の下取り査定額を上乗せする方法。車買取店との競合がコツ
5.最終的に高い方に売却する(ただし、差が2~3万円くらいのときはディーラーへ下取りに出す)
 
このように行えば、愛車を最も高く売ることができ、下取り査定の上乗せも期待できるんですよ。(車を売却するだけの人は、2.で終わればいいです)
 
「愛車を最も高く売りたい」「下取り査定額をアップさせたい」という人は、ぜひ行ってください。
 
 
ただ、たくさんの車買取店を回るのは大変ですよね。
 
そこで便利なのが“車買取一括査定サイト”です。
 
必要項目を入力するだけで、あなたの住んでいる所の複数の車買取店が無料で査定をしてくれるんです。
 
しかも、実際に車を見て査定をするときも、無料で自宅まで来てくれるんです。
 
愛車を高く売るたい人は、車買取一括査定サイトを利用して、複数の車買取店に査定を受けることからスタートです。

当サイト人気一括査定サイトランキング

かんたん車査定ガイド

たった45秒で一流業者が愛車の値段を教えてくれる!

入力項目が少ないので査定依頼がとっても簡単。東証一部上場企業が運営しているので安心ですね。一流の大手買取業者からコダワリの専門業者まで最大10社の一括査定を受けることができますよ。しかも、入力してすぐに概算の最高額も分かるのもGoodです。

車査定比較.com

申し込み後、すぐに買取相場を教えてくれる!

全国の200社以上の質の高い車買取業者と提携し、サイトの運営会社は上場企業なので、安心して利用できる無料買取一括査定サイトです。たった数項目の入力で、最大10社の車買取店から見積りがもらえます。しかも、全国75万台のデータから算出した買取相場を、申し込み後すぐに教えてくれますよ。

カーセンサー.net簡単ネット査定

意外な高値が期待できる一括査定サイト

リクルートが運営しているカーセンサーの一括査定サイト。最大30社から見積もりが届きます。地方の中小買取企業も参加しているため意外な高値が期待できます。さらに、大手では買い取ってくれない車に強いのも特徴です。


愛車を高く売りたいなら必見!

↑↑↑

【無料でできます!】

愛車を高く売りたいなら必見!

↑↑↑

【無料でできます!】

車を最も高く売却する方法
愛車を高く売るコツ
車を高く売却する車選び
車買取査定の基本
車買取の裏ネタ
新車を安く購入するコツ
新車を購入する時期
賢い商談方法と予約購入につい
商談を行う販売店選び
お得に新車を買う商談の基本
今月の人気記事
カテゴリー

ページの先頭へ