ノートを車買取査定や下取りで、最も高く売却する方法。値引き以外の大切なコツ

目安時間:約 8分

2016年11月2日にマイナーチェンジが行われ、コンパクトカーでは初となる、「シリーズハイブリッド」を搭載したグレード「e-POWER」を設定した日産・ノート。

 

現行型の2代目は、2012年9月3日に発売されました。

 

そんなノートを下取りや車買取で高く売るには、どうすればいいのでしょうか?

 

ノートの特徴を紹介しつつ、『日産・ノートを最も高く売る方法』についてお話ししますね。

 

最も高く売るポイントは、複数の車買取店やディーラーの下取り査定を受け、競合させることなんですよ。

 

 

ちなみに、ノートの名前の由来は、音符を意味するnoteと、雑記帳を意味するnoteからきていて、ドライバーの生活の一部になってほしいという願いが込められています。

 

 

50万円以上もたかく売れる可能性も
  • 大切に乗ってきた車だから高く売りたい
  • 下取り査定額を上乗せしたい
  • 今の愛車の価値を知りたい

 

あなたは、これらに悩んでいませんか?

 

このサービスを使えば、50万円以上も高く売ることができる可能性があります。

かんたん車査定ガイド

↑↑↑  

無料でできます

日産・新型ノートの特徴

日産の売れ筋コンパクトカーのノート。

 

運転がしやすく、優れた居住性と充実した安全装備が特徴のクルマです。

 

 

ノートは、2016年11月にマイナーチェンジが行われ、このときにコンパクトカーで初となるシリーズハイブリッド搭載グレード「e-POWER」を設定しました。

 

※シリーズハイブリッドとは、エンジンで発電し、モーターで走るシステムです

 

 

e-POWERのパワートレーンは、エンジンがノートに採用されているHR12DEエンジンの改良型で、モーターとインバーターはリーフに採用されているものを搭載しています。

 

そのため、信頼性は、折り紙つきです。

 

なんと、ノートe-POWERの燃費は、JC08モード燃費で37.2km/Lと、クラス最高となっているんです。

 

100%モーター駆動ならではの力強く、レスポンスの良い加速フィールは、運転する楽しさを見せてくれます。

 

走行モードにはリーフで培った技術が使われていて、キビキビとした走りの「Sモード」、燃費重視の「ECOモード」、普通の「ノーマルモード」の、3つの走行モードを選ぶことができます。

 

 

長いホイールベースから生まれるコンパクトカーとは思えない広い室内空間は、家族や友人とドライブに出かけるといった使い方にも適しています。

 

コンパクトカーなので小回りが効いて、実用性にも優れているので、ファミリーカーとしても使うことができますよ。

 

 

このように、ノートは、

 

・室内空間が広く、使い勝手が良い

・運転がしやすい

・コンパクトカーでは初のシリーズハイブリッドを設定

 

という、日産で売れ筋のクルマなんです。

 

2013年次には、RJCカー・オブ・ザ・イヤーも受賞しているんですよ。

 

 

ノートのライバル車は、ハイブリッドはアクア(トヨタ)やフィットハイブリッド(ホンダ)、デミオディーゼル(マツダ)で、ガソリンはフィットやスイフト(スズキ)となっています。

 

値引きの上乗せ交渉などのときに、競合車として使ってくださいね。

 

 

日産・新型ノートのデメリット

新型ノートのデメリットは、ノーマルエンジン仕様は力が不足しているところです。

 

ノートは、

 

・直3、1200ccガソリンエンジン

・直3、1200ccガソリンエンジン+スーパーチャージャー

・シリーズハイブリッド(エンジンを発電に使い、モーターで走る)

 

の3つのパワートレーンを設定しています。

 

このうち、ノーマルエンジン(自然吸気エンジン)仕様は、運転感覚が素直ですが、上り坂では力不足を感じてしまいます。

 

 

荷室のアレンジが少ないのもデメリットです。

 

荷室スペースは、日常生活で使用する上では充分な広さがあるのですが、シートアレンジは単純です。

 

後席の背もたれは前に倒せますが、広がった荷室の床に段差ができてしまいます。

 

 

そして、乗り心地が硬めなのもデメリットです。

 

市街地を走行していると、コツコツという路面の突き上げを感じることがあります。

 

 

ノートには、このようなデメリットがあります。

 

 

日産・新型ノートのメリット

新型ノートのメリットは、使い勝手が良いところです。

 

ノートは他のコンパクトカーと比べてホイールベースが2600mmと長いので、居住性が良いです。

 

後席は、足元、ひざ回り、頭上に余裕があります

 

シートの座り心地も良いので、長距離ドライブでも疲れにくいです。

 

全高も1550mm以下なので立体駐車場が使えます。(全高が1550mmを超えると使えない立体駐車場が出てきます)

 

サイドウインドウの下端を低く抑えているので、前方&側方の視界は良く、運転もしやすいです。

 

 

安全性能が高いのもノートのメリットです。

 

新型ノートは歩行者も検知する自動ブレーキが、標準装備となっているんです。(ハイブリッドの最廉価グレードは自動ブレーキはつきません)

 

 

そして、アクセル操作だけで、減速から停止まで行うことができるのもメリットです。

 

ノートe-POEWRには、

 

・ノーマルモード

・Sモード

・ECOモード

 

の3つのドライブモードが存在します。

 

このうち、SモードとECOモードアクセルを離したときに、強い回生ブレーキが発生します。

 

そのためアクセル操作だけで減速・停止を行うことができ、新しい運転感覚を味わうことができますよ。

 

 

このように、使い勝手が良く、新感覚の運転が味わえる車がノートです。

 

そんなノートを最も高く売るポイントは、以下にお話しするように、複数の車買取店やディーラーの下取り査定を受け、査定額を比較・競争させることなんです。

タグ:  

カテゴリ:日産 

愛車を高額買取してもらう方法。車買取一括査定の利用がポイント

車を高く売るためには、普通にディーラーの下取り査定や車買取店の査定を受けるだけではダメです。
 
複数の車買取店やディーラーの査定を受け、価格競争させることが重要です。
 
これをすることで、1店舗だけの査定よりも、数十万円以上も高く売ることができる可能性があるんです。
 
 
方法は簡単です。
 
以下のような流れで行えばいいんです。
 
1.車買取一括査定サイトを利用して、複数の車買取店から査定を受ける
2.複数の車買取店を競合させて、最も高い査定額を引き出す(⇒車買取で最も高い査定額を得る交渉術。買取価格が数十万円アップも
3.ディーラーの下取り査定を受ける
4.「ディーラーの下取り査定額」と、2の「車買取店の最も高い査定額」を競わせる(⇒車の下取り査定額を上乗せする方法。車買取店との競合がコツ
5.最終的に高い方に売却する(ただし、差が2~3万円くらいのときはディーラーへ下取りに出す)
 
このように行えば、愛車を最も高く売ることができ、下取り査定の上乗せも期待できるんですよ。(車を売却するだけの人は、2.で終わればいいです)
 
「愛車を最も高く売りたい」「下取り査定額をアップさせたい」という人は、ぜひ行ってください。
 
 
ただ、たくさんの車買取店を回るのは大変ですよね。
 
そこで便利なのが“車買取一括査定サイト”です。
 
必要項目を入力するだけで、あなたの住んでいる所の複数の車買取店が無料で査定をしてくれるんです。
 
しかも、実際に車を見て査定をするときも、無料で自宅まで来てくれるんです。
 
愛車を高く売るたい人は、車買取一括査定サイトを利用して、複数の車買取店に査定を受けることからスタートです。

当サイト人気一括査定サイトランキング

かんたん車査定ガイド

たった45秒で一流業者が愛車の値段を教えてくれる!

入力項目が少ないので査定依頼がとっても簡単。東証一部上場企業が運営しているので安心ですね。一流の大手買取業者からコダワリの専門業者まで最大10社の一括査定を受けることができますよ。しかも、入力してすぐに概算の最高額も分かるのもGoodです。

車査定比較.com

申し込み後、すぐに買取相場を教えてくれる!

全国の200社以上の質の高い車買取業者と提携し、サイトの運営会社は上場企業なので、安心して利用できる無料買取一括査定サイトです。たった数項目の入力で、最大10社の車買取店から見積りがもらえます。しかも、全国75万台のデータから算出した買取相場を、申し込み後すぐに教えてくれますよ。

カーセンサー.net簡単ネット査定

意外な高値が期待できる一括査定サイト

リクルートが運営しているカーセンサーの一括査定サイト。最大30社から見積もりが届きます。地方の中小買取企業も参加しているため意外な高値が期待できます。さらに、大手では買い取ってくれない車に強いのも特徴です。


愛車を高く売りたいなら必見!

↑↑↑

【無料でできます!】

愛車を高く売りたいなら必見!

↑↑↑

【無料でできます!】

車を最も高く売却する方法
愛車を高く売るコツ
車を高く売却する車選び
車買取査定の基本
車買取の裏ネタ
新車を安く購入するコツ
新車を購入する時期
賢い商談方法と予約購入につい
商談を行う販売店選び
お得に新車を買う商談の基本
今月の人気記事
カテゴリー

ページの先頭へ