新車契約後、下取り車はあまり乗らないほうがいい?夜の納車は注意。新車購入に関する都市伝説4

目安時間:約 8分

新車を購入するときは、ネットや雑誌、友人などから、いろいろな情報を調べますよね。

 

しかし、新車購入の世界では、“都市伝説”のような噂話はたくさんあり、「ホントにそんな方法で安く買えるの?」と疑問に思うこともあります。

 

そこで、これまでに複数回にわたり、「新車購入の都市伝説のウソ・ホント」を紹介しています。

 

※納車までの期間が長いと、下取り車の再査定が行われることが多いです

納車まで期間が長いと下取りの再査定がある?新車購入に関する都市伝説

 

※できる営業マンは、駐車場に車を止めたときからお客をチェックしています

ライバル車競合は、競合車を多く設定したほうが値引き拡大に効果的?新車購入に関する都市伝説2

 

※商談は、家族連れのほうが好条件が出やすい

新車の商談は、ベテラン営業マンの方が大幅値引きを獲得しやすい?新車購入に関する都市伝説3

 

 

引き続き『新車購入の都市伝説のウソ・ホント』についてお話ししますね。

 

今回は、

 

・下取り査定を受けるときは車をきれいにした方がいいの?
・新車を契約した後は、下取り車にあまり乗らないほうがいい?
・夜の納車は危険がいっぱい
・紹介販売は誰からの紹介でも値引きアップが期待できる?

 

についてです。

 

 

50万円以上もたかく売れる可能性も
  • 大切に乗ってきた車だから高く売りたい
  • 下取り査定額を上乗せしたい
  • 今の愛車の価値を知りたい

 

あなたは、これらに悩んでいませんか?

 

このサービスを使えば、50万円以上も高く売ることができる可能性があります。

かんたん車査定ガイド

↑↑↑  

無料でできます

下取り査定を受けるときは車をきれいにした方がいいの?

「愛車を査定に出すから」と念入りに洗車をしてから、下取り査定を受ける人は結構多いですよね。

 

しかし、汚れているからといって査定を拒否される事はないし、きちんと査定はしてもらえるので、ピカピカに洗車する必要はありません。

 

 

ただし、あまりに汚い車だと、「大切にしていないから傷や凹みがあるかも」という先入観で査定されてしまいます。

 

すると、査定も慎重に行われ、見落としがちな小さな傷まで減点の対象になってしまうことがあるんです。

 

日常使っている程度の汚れならそのままで大丈夫ですよ。

 

 

近年、新車を購入するときは、下取り査定は値引き支援として使われるので、どんな車でも査定額の上乗せは当たり前のように行われるので、それほど神経質になる必要なないです。

 

ただし、板金やフレーム修理レベルの事故修復歴は、事前に伝えておくと誠実です。

 

 

新車を契約した後は、下取り車にあまり乗らないほうがいい?

新車を契約した後に納車まで時間がかかる場合、下取り予定の愛車に乗り続けることが多いです。

 

そのとき、「走行距離を増やさない方がいいかも」と心配になりますよね。

 

けれど、販売店側も走行距離が増えるのを想定して査定をしているので、新車の契約をしてから納車されるまでの間も下取り車に普通に乗っても大丈夫です。

 

納車までに7000km乗っても、再査定されなかった人もいるそうですよ。

 

 

だた、事故を起こしてしまった場合は、話が別になります。

 

本来は契約が決まった時点で、下取り車は回収されるのが原則です。

 

しかし、納車前に回収されてしまうと契約者は困るので、納車まで乗っていられるのが一般的です。

 

事故を起こした場合は、査定が下がるので再査定されることになります(下取り査定額が下がります)。

 

納車までは、十分注意して運転してくださいね。

 

 

夜の納車は危険がいっぱい

納車は、単に新車を受け取るだけのものではありません。

 

自分の注文した通りの仕様になっているか、傷は無いか、電子機器に不具合はないかなど確認することはたくさんあります。

 

そのため、納車は昼間に行ったほうがよく、傷の確認は太陽の光の下で行うのがベストです。(できれば、晴れの平日の午前に行うのがベストです)

 

 

閉店間際の納車はゆっくり確認もできないので適当になってしまいますし、夜間の電灯の下では細かな傷は見つけにくくなってしまいます。

 

そのため、納車後に覚えのない傷を見つけてトラブルになることも多いんです。

 

 

たとえ納車前からあった傷でも、納車時に確認できなかった場合はユーザーの責任だと販売店は主張してくるので、立場は不利になってしまいます。

 

納車のサインをしたら最後、その後に何をいっても販売店は取り合ってくれません。

 

納車のときは、「新車に傷は必ずある」それくらいの気持ちで確認してくださいね。

 

 

紹介販売は誰からの紹介でも値引きアップが期待できる?

紹介販売で好条件が期待できるのは、紹介者が販売店の“お得意客”であることが大前提です。

 

店長の判断基準によっても違いますが、紹介者が親族の場合は、値引きが拡大することが多いです。

 

また、町の自治会長など“オピニオンリーダー”的な人からの紹介でも、値引き拡大が期待できます

 

しかし、友人や知人レベルでは、大幅値引きは期待できません。

 

 

なぜ、紹介者によって値引き幅が違ってくるのでしょうか。

 

それは、すばり“将来への可能性”です。

 

親族や有力者からの紹介は、その後も複数の紹介が期待できます。

 

販売店が値引き額を拡大するのは、将来への投資的意味合いが強いからなんです。

 

父親や上司が販売店のお得意様だったなら、紹介販売を利用するのがかなりおすすめですよ。

 

 

このように、新車販売の世界では、たくさんの都市伝説があります。

 

新車購入の際には参考にしてくださいね。

 

次回もこの続きについてお話ししますね。

愛車を高額買取してもらう方法。車買取一括査定の利用がポイント

車を高く売るためには、普通にディーラーの下取り査定や車買取店の査定を受けるだけではダメです。
 
複数の車買取店やディーラーの査定を受け、価格競争させることが重要です。
 
これをすることで、1店舗だけの査定よりも、数十万円以上も高く売ることができる可能性があるんです。
 
 
方法は簡単です。
 
以下のような流れで行えばいいんです。
 
1.車買取一括査定サイトを利用して、複数の車買取店から査定を受ける
2.複数の車買取店を競合させて、最も高い査定額を引き出す(⇒車買取で最も高い査定額を得る交渉術。買取価格が数十万円アップも
3.ディーラーの下取り査定を受ける
4.「ディーラーの下取り査定額」と、2の「車買取店の最も高い査定額」を競わせる(⇒車の下取り査定額を上乗せする方法。車買取店との競合がコツ
5.最終的に高い方に売却する(ただし、差が2~3万円くらいのときはディーラーへ下取りに出す)
 
このように行えば、愛車を最も高く売ることができ、下取り査定の上乗せも期待できるんですよ。(車を売却するだけの人は、2.で終わればいいです)
 
「愛車を最も高く売りたい」「下取り査定額をアップさせたい」という人は、ぜひ行ってください。
 
 
ただ、たくさんの車買取店を回るのは大変ですよね。
 
そこで便利なのが“車買取一括査定サイト”です。
 
必要項目を入力するだけで、あなたの住んでいる所の複数の車買取店が無料で査定をしてくれるんです。
 
しかも、実際に車を見て査定をするときも、無料で自宅まで来てくれるんです。
 
愛車を高く売るたい人は、車買取一括査定サイトを利用して、複数の車買取店に査定を受けることからスタートです。

当サイト人気一括査定サイトランキング

かんたん車査定ガイド

たった45秒で一流業者が愛車の値段を教えてくれる!

入力項目が少ないので査定依頼がとっても簡単。東証一部上場企業が運営しているので安心ですね。一流の大手買取業者からコダワリの専門業者まで最大10社の一括査定を受けることができますよ。しかも、入力してすぐに概算の最高額も分かるのもGoodです。

車査定比較.com

申し込み後、すぐに買取相場を教えてくれる!

全国の200社以上の質の高い車買取業者と提携し、サイトの運営会社は上場企業なので、安心して利用できる無料買取一括査定サイトです。たった数項目の入力で、最大10社の車買取店から見積りがもらえます。しかも、全国75万台のデータから算出した買取相場を、申し込み後すぐに教えてくれますよ。

カーセンサー.net簡単ネット査定

意外な高値が期待できる一括査定サイト

リクルートが運営しているカーセンサーの一括査定サイト。最大30社から見積もりが届きます。地方の中小買取企業も参加しているため意外な高値が期待できます。さらに、大手では買い取ってくれない車に強いのも特徴です。


愛車を高く売りたいなら必見!

↑↑↑

【無料でできます!】

愛車を高く売りたいなら必見!

↑↑↑

【無料でできます!】

車を最も高く売却する方法
愛車を高く売るコツ
車を高く売却する車選び
車買取査定の基本
車買取の裏ネタ
新車を安く購入するコツ
新車を購入する時期
賢い商談方法と予約購入につい
商談を行う販売店選び
お得に新車を買う商談の基本
今月の人気記事
カテゴリー

ページの先頭へ