納車まで期間が長いと下取りの再査定がある?新車購入に関する都市伝説

目安時間:約 5分

新車を購入するときは、できるだけお得に購入するために、雑誌やネットなどで情報収集をしますよね。

 

しかし、新車の購入に関する噂は、いろいろあって“都市伝説”のような話もあるんです。

 

「新車購入の都市伝説」のなかには、条件を拡大するために効果的な方法や、やってはいけないことなど、ホント?と思うような情報があります。

 

そこで、『新車購入の都市伝説のウソ・ホント』を紹介しますね。

 

噂に惑わされては、本当にいい買い物はできないので、新車購入を考えている人は参考にしてください。

 

 

「愛車を高く売りたい」 が現実になる方法
  • 大切に乗ってきた車だから高く売りたい
  • 下取り査定額を上乗せしたい
  • 今の愛車の価値を知りたい

 

毎月100人以上が利用する方法で、あなたのこの悩みを解決できます。

⇒詳細はこちらをクリック

商談のときに帯封付きの200万円を持っていくのは値引き拡大に効果的

新車購入の商談で営業マンが見積書を提示すると、お客が帯封付きの現金を出し、「200万円にしてくれ」と言われたという話を聞いたことがあります。

 

ドラマのような話ですが、実際には有効な方法なのでしょうか。

 

じつは、現金を持参することは、かなり危険ですが値引き拡大には効果があるんです。

 

また、現金のほかにも、印鑑証明を持って商談する人もいるそうですよ。

 

 

この方法は、提示するタイミングがかなり重要です。

 

値引き交渉が煮詰まったところで出せば、営業マンはすぐに契約してくれると考えます。

 

こうなると、店長も多少無理な条件でも了承してくれることが多いです。

 

値引き拡大の方法として現金を見せることは、営業マンに購入意思の高いことアピールできるため、効果的なんです。

 

 

販売店に小さな子供を連れていくと、営業マンは決まって「女の子ですか?」と聞いてくる

販売店に幼い子供を連れて行くと、ベテランの営業マンは「可愛いですね。女の子ですか?」と話しかけるそうです。

 

これは、一般的に、その子供が女の子ならそのまま喜ぶし、男の子でも女の子のように可愛く見えると喜ばれるからなんです。

 

このことを知っている営業マンは、マニュアルに忠実で“誠実な営業マン”といえます。

 

なので新車を購入するときの商談も、誠実に行ってくれるはずです。

 

幼い子供を連れてディーラーに行ったときは、「女の子ですか?」と聞かれるかチェックしてみてくださいね。

 

 

商談でボディカラーの話が出たら契約寸前の合図?

新人営業マンは、商談のときにお客からボディカラーの話が出たらそれは契約寸前と、新人教育で教えられるます。

 

できる営業マンはこれを応用して、商談中にお客の様子を見ながら注文するボディカラーの話を聞き、買う気にさせようとします。

 

そこで、お客の反応がいい場合は、購入する意識が高いと判断し、最後の条件拡大を提示してくることもあります。

 

営業マンが、ボディカラーの話をし始めたら、こちらも最後の交渉をするつもりで商談に臨んでください

 

 

納車までの期間が長いと、下取り車は再査定され査定額がさがる?

下取り査定をしてから半年経ってしまうと、原価償却が進んでしまうし、走行距離も延びてしまいます。

 

そのため、納車が長引いてしまうと、下取り車は再査定されて査定額が下がってしまいます。

 

 

たとえばトヨタでは、契約後に納車まで半年以上かかる場合は、納車が近くなった段階で再査定を行います。

 

そして、契約時の査定額と再査定額を差し引いた分を、新たに負担してもらうことが多いそうです。

 

 

知らない人が多いのですが、もともと下取り車は契約時に販売店が回収するのが大原則なんです。

 

納期に時間のかかる車を購入するときは、下取り車の再査定があるかどうかを、契約前にしっかり確認してください。

 

ちなみに、販売店は、よほど納期が長引かない限りは再査定はしないので安心してくださいね。

 

 

このように新車販売の世界では、いろいろな都市伝説があるんです。

 

次回もこの続きについてお話ししますね。

愛車を高額買取してもらう方法。車買取一括査定の利用がポイント

車を高く売るためには、普通にディーラーの下取り査定や車買取店の査定を受けるだけではダメです。
 
複数の車買取店やディーラーの査定を受け、価格競争させることが重要です。
 
これをすることで、1店舗だけの査定よりも、数十万円以上も高く売ることができる可能性があるんです。
 
 
方法は簡単です。
 
以下のような流れで行えばいいんです。
 
1.車買取一括査定サイトを利用して、複数の車買取店から査定を受ける
2.複数の車買取店を競合させて、最も高い査定額を引き出す(⇒車買取で最も高い査定額を得る交渉術。買取価格が数十万円アップも
3.ディーラーの下取り査定を受ける
4.「ディーラーの下取り査定額」と、2の「車買取店の最も高い査定額」を競わせる(⇒車の下取り査定額を上乗せする方法。車買取店との競合がコツ
5.最終的に高い方に売却する(ただし、差が2~3万円くらいのときはディーラーへ下取りに出す)
 
このように行えば、愛車を最も高く売ることができ、下取り査定の上乗せも期待できるんですよ。(車を売却するだけの人は、2.で終わればいいです)
 
「愛車を最も高く売りたい」「下取り査定額をアップさせたい」という人は、ぜひ行ってください。
 
 
ただ、たくさんの車買取店を回るのは大変ですよね。
 
そこで便利なのが“車買取一括査定サイト”です。
 
必要項目を入力するだけで、あなたの住んでいる所の複数の車買取店が無料で査定をしてくれるんです。
 
しかも、実際に車を見て査定をするときも、無料で自宅まで来てくれるんです。
 
愛車を高く売るたい人は、車買取一括査定サイトを利用して、複数の車買取店に査定を受けることからスタートです。

当サイト人気一括査定サイトランキング

かんたん車査定ガイド

たった45秒で一流業者が愛車の値段を教えてくれる!

入力項目が少ないので査定依頼がとっても簡単。東証一部上場企業が運営しているので安心ですね。一流の大手買取業者からコダワリの専門業者まで最大10社の一括査定を受けることができますよ。しかも、入力してすぐに概算の最高額も分かるのもGoodです。

車査定比較.com

申し込み後、すぐに買取相場を教えてくれる!

全国の200社以上の質の高い車買取業者と提携し、サイトの運営会社は上場企業なので、安心して利用できる無料買取一括査定サイトです。たった数項目の入力で、最大10社の車買取店から見積りがもらえます。しかも、全国75万台のデータから算出した買取相場を、申し込み後すぐに教えてくれますよ。

カーセンサー.net簡単ネット査定

意外な高値が期待できる一括査定サイト

リクルートが運営しているカーセンサーの一括査定サイト。最大30社から見積もりが届きます。地方の中小買取企業も参加しているため意外な高値が期待できます。さらに、大手では買い取ってくれない車に強いのも特徴です。


車を最も高く売却する方法
愛車を高く売るコツ
車を高く売却する車選び
車買取査定の基本
車買取の裏ネタ
新車を安く購入するコツ
新車を購入する時期
賢い商談方法と予約購入につい
商談を行う販売店選び
お得に新車を買う商談の基本
今月の人気記事
カテゴリー

ページの先頭へ