Nボックスを車買取査定や下取りで最も高く売る方法。値引き以外のコツ

目安時間:約 9分

Nシリーズの第一弾として登場したホンダ・N-BOX(Nボックス)。

 

2016年の総合年間販売台数ランキングで3位となり、軽自動車クラスでは1位となった大人気軽自動車です。

 

そんなN-BOXを下取りや車買取で高く売るには、どうすればいいのでしょうか?

 

N-BOXの特徴を紹介しつつ、『ホンダ・N-BOX(Nボックス)を最も高く売る方法』についてお話ししますね。

 

最も高く売るポイントは、複数の車買取店やディーラーの下取り査定を受け、競合させることなんですよ。

 

 

ちなみに、N-BOXの名前の由来は、ホンダの本格的量産四輪「N360」のNを継承していて、また、これからの新しい日本の乗り物を作るという思いを「NEW NEXT NIPPON NORIMONO」の頭文字から「N」を共通のネーミングとしているんです。

 

 

40万円以上も高く売れる可能性も
  • 大切に乗ってきた車だから高く売りたい
  • 簡単な方法で愛車を高く売りたい
  • 車買取一括査定は電話がたくさんくるから嫌

 

あなたは、これらに悩んでいませんか?

 

このサービスを使えば、40万円以上も高く売ることができる可能性があります。

車査定・買取の窓口

ホンダ・N-BOXの特徴|ホンダNシリーズ最初の1台

登場して6年以上が経ちましたが、2016年の販売台数ランキングで3位にランクインするほど大人気のホンダ・N-BOX(Nボックス)。

 

エクストラハイルーフ軽ワゴンで、圧倒的な室内の広さが特徴の軽自動車です。

 

 

Nボックスが広大な室内空間を確保できたポイントは、ボンネットを短く抑え、ホイールベースを長く確保したことです。

 

ホイールベースは2520mmと長いですが、小回り性能は十分なので運転しやすいです。

 

エンジンは、Nボックスから搭載が開始されたタイプで、前後長を短く抑えることでボンネットを短くし、室内長を長く取れるように工夫されています。

 

 

さらに、ホンダ独自のセンタータンクレイアウト(燃料タンクを前席の下に搭載する方法)により、低床フロアを実現しました。

 

これらにより前席も後席も、驚くほど広いです。

 

 

シートアレンジも多彩で、後席の背もたれを前に倒せば、低フロアの広い荷室を作ることができます

 

27インチの自転車を積むこともできますよ。

 

また、後席の座面を持ち上げれば、室内の中央に背の高い荷物を積める空間を作ることができます。

 

A型のベビーカーを畳まず収納できるので、子育て世代にとってはうれしいポイントですね。

 

室内高さは1400mmあるので、子供なら立ったまま室内で着替えをすることもできます。

 

もちろん、後席の背もたれを倒したり、座面を跳ね上げたりするのは、女性でも簡単に行えるように作られていますよ。

 

 

内装の質感はそれなりに高く、安心パッケージを装着すれば、時速30km/h以下で作動する緊急自動ブレーキやと、サイド&カーテンエアバックを装着することができるので、安全性も高いです。

 

 

大人4人で乗ったり、大きな荷物を積んだりするユーザーにピッタリで、軽自動車のミニバンという感じです。

 

家族のファーストカーとしても十分使えます。

 

 

このように、N-BOXは、

 

・軽自動車とは思えないほど室内空間が広い

・シートアレンジが多彩で、使い勝手が良い

・安全性が高く、運転がしやすい

 

という子育て世代やファミリー層に向いている軽自動車なんです。

 

N-BOXのライバル車は、タント(ダイハツ)、スペーシア(スズキ)、デイズルークス(日産)となっています。

 

値引きの上乗せ交渉などのときに、競合車として使ってくださいね。

 

 

ホンダ・N-BOXのデメリット|重心が高く、車両重量が重い

N-BOXのデメリットは、加速力や操舵感が鈍いことです。

 

背高いボディにより、重心は高くなっています。

 

そのため、操舵感は不自然といえるほど鈍く、カーブなどでハンドルを切ると車の動きがきわめてのろいです。

 

また、車両重量も950kgに達し、軽自動車としては重いので、上り坂などではパワー不足を感じます。

 

 

また、フタのついた収納設備が少ないのも、N-BOXのデメリットです。

 

Nボックスは、室内空間を広くすることに重点を置いて開発されているので、室内の設備は比較的シンプルです。

 

フタのついた収納設備は少なく、トレイで済まされていることが多いです。

 

 

後席のスライド機構がメーカーオプションなのもデメリットです。

 

ライバル車は、後席のスライド機能が標準装備となっていますが、Nボックスはメーカーオプションになっているので注意です。

 

さらに、スライド機構を装備すると、荷室の床が65mmも高くなって収納性も悪くなってしまうんです。

 

 

N-BOXには、このようなデメリットがあります。

 

 

ホンダ・N-BOXのメリット|後席や荷室が広く、使い勝手が良い軽自動車

N-BOXのメリットは、後席や荷室がかなり広いところです。

 

後席は、頭上と足元空間が広く、座面のつくりや座り心地も十分なので快適です。

 

後席の広さは、軽自動車のなかで最大級です。

 

 

また、シートアレンジも多彩で、荷物が積みやすいのもメリットです。

 

後席は床面へ落とし込むように畳むことができます。

 

後席を格納すれば、低フロアの大容量の荷室を作ることができ、自転車なども積みやすいです。

 

後席を跳ね上げれば、室内の中央に大きな空間を作ることができて、背の高い荷物も積みやすいです。

 

 

スライドドアの開口部が広く、乗り降りしやすいのもNボックスのメリットです。

 

スライドドアの開口部は、640mmとワイドなので、乗降性が良いです。

 

ライバル車と比べて、ワイドに開きます。

 

 

ボディの四隅が分かりやすくて運転しやすいのもメリットです。

 

Nボックスは、直線基調のボディなので、四隅の位置が分かりやすくて運転しやすいです。

 

最小回転半径も4.5mなので小回りが利きますよ。

 

 

このように、後席と荷室が広く、使い勝手が良い軽自動車がN-BOXです。

 

そんなN-BOXを最も高く売るポイントは、複数の車買取店やディーラーの下取り査定を受け、査定額を比較・競争させることなんです。

タグ:  

カテゴリ:ホンダ 

当サイト人気一括査定サイトランキング

車査定・買取の窓口
 

あなたの車を好条件で買取してくれる車屋を紹介してくれるサービス

車買取一括査定のデメリットと大変さを解消した車査定サービスです。あなたの車を好条件で買取してくれる中古車買取店を紹介してくれます。電話は1社からだけ、査定も1回だけなので、手間なく、かんたんに良い条件で車を売ることができます。

かんたん車査定ガイド
 

たった45秒で一流業者が愛車の値段を教えてくれる!

入力項目が少ないので査定依頼がとっても簡単。東証一部上場企業が運営しているので安心ですね。一流の大手買取業者からコダワリの専門業者まで最大10社の一括査定を受けることができますよ。しかも、入力してすぐに概算の最高額も分かるのもGoodです。

車査定比較.com
 

申し込み後、すぐに買取相場を教えてくれる!

全国の200社以上の質の高い車買取業者と提携し、サイトの運営会社は上場企業なので、安心して利用できる無料買取一括査定サイトです。たった数項目の入力で、最大10社の車買取店から見積りがもらえます。しかも、全国75万台のデータから算出した買取相場を、申し込み後すぐに教えてくれますよ。


車を最も高く売却する方法
愛車を高く売るコツ
車を高く売却する車選び
車買取査定の基本
車買取の裏ネタ
新車を安く購入するコツ
新車を購入する時期
賢い商談方法と予約購入につい
商談を行う販売店選び
お得に新車を買う商談の基本
今月の人気記事
カテゴリー

ページの先頭へ