新車購入時に好条件が期待できる、やる気のある販売店の見分け方

目安時間:約 11分

新車を購入するときは、どの販売店に行くか迷う人も多いと思います。

 

新車ディーラー などの販売店は、同じ系列の販売店でも店構えや接客態度は全く違います。

 

そしてその違いは、提示される値引き額を見極める目安にもなるんです。

 

もちろんやる気のある販売店ほど好条件が出やすいし、購入後のアフターサービスも期待できます。

 

それでは、どんな販売店がやる気のあるお店でしょうか?

 

新車購入時に好条件が期待できる、やる気のある販売店の見分け方』についてお話ししますね。

 

 

「愛車を高く売りたい」 が現実になる方法
  • 大切に乗ってきた車だから高く売りたい
  • 下取り査定額を上乗せしたい
  • 今の愛車の価値を知りたい

 

毎月100人以上が利用する方法で、あなたのこの悩みを解決できます。

⇒詳細はこちらをクリック

平日に訪問すると販売店の本質が分かる

新車販売店の真の姿を見るには、平日に訪れるのが一番です。

 

最近の販売店は、たとえ販促活動といっても、営業マンの外出は厳しく制限しています。

 

基本的に販売スタッフは、店頭で待機し、フリーの来店客やアポイントのあるお客の対応をおもにしています。

 

土曜日や日曜日の週末イベントは、稼ぎ時なので、お店には活気があり営業マンも積極的に接客や対応をしてくれます。

 

 

しかし、平日の様子は、がらりと変わります。

 

販売店の真の姿を見るには、平日でも月曜日や火曜日に訪問するのがおすすめです。

 

いまでは営業マンも週休2日が当たり前で、定休日以外に月曜日か火曜日、水曜日あたりに交代で休みを取るのが一般的です。

 

そのため、月曜日と火曜日は、出勤しているスタッフは少ないです。

 

そんななか営業マンは、週末に受注した分の書類整理に追われ、事務処理を優先するあまりお客を見て見ぬ振りすることもあります。

 

逆に、事務処理を中断して「いらっしゃいませ」と接客されれば、そのお店の対応は良く、好条件が獲得できる見込みが高いです。

 

 

最近では、あからさまな「シカト」は印象が悪いと、事務所を2階に設置したりショールームと事務所を壁で仕切ったりする販売店もあります。

 

こういうお店の場合は、営業マンが出てくるまでかなり待たされることがあります。

 

お客側としては、入店してすぐに対応されないと、第一印象は大変悪く「面倒くさいのかな」と感じてしまいます。

 

たとえ買う気のないお客でも、悪い印象を与える店作りや接客では、アフターサービスも期待できないし、好条件も出にくいと判断できます。

 

 

店舗をみてやる気を判断するポイントは3つ、とくに模様替えが頻繁な店舗はおすすめ

店舗の様子から販売店のやる気を見分けるポイントの1つ目は、“ショールームの模様替えを頻繁に行っているか”です。

 

頻繁に模様替えを行っている販売店は、ねらい目で好条件が出やすいといえます。

 

 

今どきは、定期点検は、店頭持ち込むみが当たり前で、平日でも週末でも定期点検で訪れるお客は多いです。

 

そのため、商談スペースと点検待ち客のスペースを露骨に分けずに、雰囲気で分ける工夫がされています。

 

このような店舗作りは、店舗独自の判断に任されているのがほとんどです。

 

店内の模様替えは、店長が代わるタイミングでよく行われますが、それ以外にも定期的に模様替え行う店舗は、かなりやる気があると判断できます。

 

 

最近は、軽自動車や小型車の販売がメインの販売店では、店内に展示車を置かないことが主流となっています。

 

ショールームがそれほど大きくなく、車を2台おくと店内スペースがなくなってしまう小さな店舗では、とくにその傾向が強いです。

 

また、子育てママや若い女性は、店内に新車が置いてあるのを“汚い”と感じ嫌がることも影響しているようです。

 

そのため、新車は屋外展示がメインとなっています。

 

 

そこで、やる気を判断する2つ目のポイントは、“平日の屋外展示車がキレイに洗車されているか”です。

 

屋外なので、展示されている車は、日々汚れていきます。

 

この車を頻繁に洗車するのか、それとも週末のイベントの時にだけ洗車するかは店舗によって違います。

 

平日にお店の前を通り、展示車がきれいならやる気の高い販売店と判断できます。

 

 

そして、3つ目のポイントは“トイレの清掃は行き届いているか”です。

 

販売店を訪れてたときは、ぜひトイレのチェックをしてください。

 

新しい店舗の場合は、トイレがきれいなのは当たり前です。

 

ポイントは、販促のための手書きのポップなどがある“ぬくもり”を感じる店舗と、何もしていない“冷たさ”を感じる店舗があることです。

 

やや古い店舗の場合は、清掃が隅々まで行き届いているかを見てください。

 

 

清掃は、専門のスタッフを雇う店舗は少なく、販売店のスタッフが行うことが多いので、トイレ以外の清掃具合でもやる気の度合いを見極めることができます。

 

スタッフ自らが清掃を行うことは、単にコスト削減できるだけでなく、店舗の模様替えのヒントを見つけられます。

 

このような店舗は、顧客満足度を高めてくれるスタッフが多いと考えられます。

 

トイレにぬくもりを感じ、店内の清掃が行き届いている販売店はおすすめなんです。

 

建物でのやる気チェックポイント

 

①屋外展示車の洗車が行き届いているか
②ショールームの模様替えの頻度
③トイレの清掃は行き届いているか
(引用元:ザ・マイカー)

 

 

店舗全体のやる気を判断するには、女性スタッフが鍵となる

女性スタッフの中には、正社員だけでなく、パートタイマーや派遣社員などの非正規雇用社員も多いです。

 

おもな仕事内容は、店舗ごとに違いますが、総務や経理などの事務作業の補助や電話対応、接客対応などがあげられます。

 

 

カー雑誌『ザ・マイカー』の担当者の経験ですが、ある正月の初売りフェアで、販売店に行くと来店客が多いこともあり、営業マンに話しかけられることなくしばらく放置状態になっていました。

 

そのときに、「ご用件はすでに伺っていますか?」と声をかけてくれたのが、女性スタッフでした。

 

この女性スタッフは、店内に目を配り、放置されているお客に声をかけたのです。

 

もし、彼女に話かけられることなく帰っていたら、「こんな販売店には二度と来ない」となっていたと思います。

 

この女性スタッフのおかげで、『ザ・マイカー』の担当者は、嫌な気持ちにはならなかったんです。

 

 

とつぜん販売店に行けば、たいてい女性スタッフが初めに対応してくれます。

 

「カタログが欲しい」くらいなら女性スタッフが対応してくれるし、なかには「営業マンを呼びましょうか」と聞いてくれることもあります。

 

でも、女性スタッフは事務作業の補助がメインなので、販売店によっては女性スタッフからも声がかからず、放置されることもあります。

 

仕事の内容からしたら、進んで販促活動をする必要はないかもしれません。

 

しかし、女性スタッフがどこまでするかは、その店舗の雰囲気を大きく左右します

 

店舗全体がやる気で活気ついていれば、女性スタッフもそれを感じて自ら動くはずです。

 

 

これは、メカニックの動きも同じです。

 

営業マンが接客できないときに、つなぎを着たメカニックが要件を聞きに来たり、カタログを探してくれたし、進んで接客してくれる販売店もあります。

 

このような店舗は、やっぱりやる気で満ち溢れています。

 

スタッフから見るやる気

 

①女性スタッフのレスポンスの良さ
②メカニックも進んで接客する
③平日の営業スタッフの接客姿勢

(引用元:ザ・マイカー)

 

 

このように、販売店のやる気は、店舗にも販売スタッフにも表れています。

 

商談で好条件を獲得するのはもちろんですが、購入後の点検などを考えて、やる気に溢れている販売店で新車を購入するのが本当におすすめですよ。

タグ:  

カテゴリ:車を安く買うコツ 

愛車を高額買取してもらう方法。車買取一括査定の利用がポイント

車を高く売るためには、普通にディーラーの下取り査定や車買取店の査定を受けるだけではダメです。
 
複数の車買取店やディーラーの査定を受け、価格競争させることが重要です。
 
これをすることで、1店舗だけの査定よりも、数十万円以上も高く売ることができる可能性があるんです。
 
 
方法は簡単です。
 
以下のような流れで行えばいいんです。
 
1.車買取一括査定サイトを利用して、複数の車買取店から査定を受ける
2.複数の車買取店を競合させて、最も高い査定額を引き出す(⇒車買取で最も高い査定額を得る交渉術。買取価格が数十万円アップも
3.ディーラーの下取り査定を受ける
4.「ディーラーの下取り査定額」と、2の「車買取店の最も高い査定額」を競わせる(⇒車の下取り査定額を上乗せする方法。車買取店との競合がコツ
5.最終的に高い方に売却する(ただし、差が2~3万円くらいのときはディーラーへ下取りに出す)
 
このように行えば、愛車を最も高く売ることができ、下取り査定の上乗せも期待できるんですよ。(車を売却するだけの人は、2.で終わればいいです)
 
「愛車を最も高く売りたい」「下取り査定額をアップさせたい」という人は、ぜひ行ってください。
 
 
ただ、たくさんの車買取店を回るのは大変ですよね。
 
そこで便利なのが“車買取一括査定サイト”です。
 
必要項目を入力するだけで、あなたの住んでいる所の複数の車買取店が無料で査定をしてくれるんです。
 
しかも、実際に車を見て査定をするときも、無料で自宅まで来てくれるんです。
 
愛車を高く売るたい人は、車買取一括査定サイトを利用して、複数の車買取店に査定を受けることからスタートです。

当サイト人気一括査定サイトランキング

かんたん車査定ガイド

たった45秒で一流業者が愛車の値段を教えてくれる!

入力項目が少ないので査定依頼がとっても簡単。東証一部上場企業が運営しているので安心ですね。一流の大手買取業者からコダワリの専門業者まで最大10社の一括査定を受けることができますよ。しかも、入力してすぐに概算の最高額も分かるのもGoodです。

車査定比較.com

申し込み後、すぐに買取相場を教えてくれる!

全国の200社以上の質の高い車買取業者と提携し、サイトの運営会社は上場企業なので、安心して利用できる無料買取一括査定サイトです。たった数項目の入力で、最大10社の車買取店から見積りがもらえます。しかも、全国75万台のデータから算出した買取相場を、申し込み後すぐに教えてくれますよ。

カーセンサー.net簡単ネット査定

意外な高値が期待できる一括査定サイト

リクルートが運営しているカーセンサーの一括査定サイト。最大30社から見積もりが届きます。地方の中小買取企業も参加しているため意外な高値が期待できます。さらに、大手では買い取ってくれない車に強いのも特徴です。


車を最も高く売却する方法
愛車を高く売るコツ
車を高く売却する車選び
車買取査定の基本
車買取の裏ネタ
新車を安く購入するコツ
新車を購入する時期
賢い商談方法と予約購入につい
商談を行う販売店選び
お得に新車を買う商談の基本
今月の人気記事
カテゴリー

ページの先頭へ