12月~3月に新車を購入するメリット。車が売れる時期で好条件が出やすい

目安時間:約 7分

1年間の中でどの月が一番お得に新車が買えるのか、誰もが気になっていることですよね。

 

一般的には、年末商戦や年度末商戦の時が、最もお得と思われていますが、本当にお得なんでしょうか?

 

また、年末商戦や年度末商戦以外の時は、ディーラーの販売店の市場傾向はどうなっているのでしょうか。

 

各月ごとに購入するメリット、デメリットを交えながら、販売店の市場傾向について、複数回にわたりお話ししています。

 

前回の続きととして、『販売店の年間市場動向』についてお話ししますね。

 

今回は、12月~3月についてです。

 

 

ちなみに、前回紹介した4月~7月の販売動向については、こちらを見てください。

 

※実は、車両本体値引き額は、年間を通してあまり変わらない

新車購入は何月がお得?販売店の年間市場動向。4~7月のメリット

 

※年内納車してほしいなら、10月から商談をスタートしよう
8月~11月に新車を購入するメリット・デメリット。販売店の市場動向

 

 

「愛車を高く売りたい」 が現実になる方法
  • 大切に乗ってきた車だから高く売りたい
  • 下取り査定額を上乗せしたい
  • 今の愛車の価値を知りたい

 

毎月100人以上が利用する方法で、あなたのこの悩みを解決できます。

⇒詳細はこちらをクリック

12月は商談前から契約時に必要な書類を揃えておく

現状は、たとえ在庫車であっても月内登録=年内納車はかなり難しいです。

 

どうしても納車を希望する場合は、商談する前に印鑑証明などの必要書類を用意しておくなど、買う側も年内納車のための動きを取ることが重要です。

 

 

12月に主役になるのは、全般的に納期の早い“軽自動車”です。

 

それでも中旬までに契約しないと、年内の納車はかなり厳しくなります。

 

つまり、12月10日前後には結論を出す必要があるんです。

 

 

そして、もう一つ12月に注目したいのは、海外メーカー車です。

 

これは、本国にあるメーカーの多くは12月が決算月なので、年内納車が可能か否かに関係なく、かなりの好条件が飛び出してきます。

 

超低金利ローンなども期間限定で設定されることもあるので、かなりお得です。

 

 

12月に車を買うメリットは、月初めに短期間で契約まで進めば、年内納車の可能性も高まるし、好条件も期待できることです。

 

特に、海外メーカー車は、年末の購入がかなりお得なので狙い目です。

 

 

デメリットは、高確率で登録と納車が年明けになってしまうことです。

 

絶対に避けたいことは、年内に登録だけされてしまい、納車が年明けになることです。

 

必ず、営業マンに登録日と納車日の確認をしてください。

 

 

3月中の納車に間に合わせるために、意外にも早めに動くユーザーで盛り上がる

1月は、年末年始の休みがあるので稼働日数は少ないです。

 

また、年末にできるだけ登録&納車を済ませているので、12月中に納車できなかった車両も少なく販売店にとっては厳しい月です。

 

しかし、最近では納期がかかるのを懸念して、早めに動きだす新車購入予定者も多いので、意外にも2月や3月よりも盛り上がっているんです。

 

販売店側も3月中に確実に納品するために、車種によっては1月から積極的な動きをとっています。

 

 

1月に車を買うメリットは、もともと購入希望者が少ない月、稼働日数も少ないので短期勝負となりますが、商談次第では好条件を引き出すことができることです。

 

成人の日位までに、結論を出すように進めるのがおすすめです。

 

 

デメリットは、3月中に登録可能なら何でもいいと考えては、好条件がでないので得策ではないことです。

 

 

年度内の実績を確保するため、2月は受注に力が入っている

2月は、販売の世界では、基本的に物が売れないといわれる月です。

 

けれど、新車販売の世界は、年度末決算セールが始まる月なので動きが活発です。

 

ディーラーなどの販売店は、3月中の登録&納車が大原則なので、とにかく早めに動きだして2月の受注をできるだけ獲得して、販売実績を確保する傾向が強いです。

 

よほどの納期遅延車でないかぎり、この時期に契約できれば、年度末までの納期に影響はないです。

 

 

2月に車を買うメリットは、年度末セールの開始月なので、早い段階から好条件がガンガン飛び出します

 

年度末に合わせて増産も組まれるので、納期も早まっていいことだらけです。

 

 

3月からの動き出しは、年度末商戦の恩恵を受けるのは難しい

1年を通じて新車が最も売れるのが3月です。

 

メーカーや販売店が決算月になるのと同時に、法人ユーザーも決算月を迎えるので社有車の入れ替えなども積極的に行われるからです。

 

しかし、3月から商談をして、年度末セールの恩恵を受けられるのは、在庫に余裕のある軽自動車と海外メーカー車くらいです。

 

軽自動車以外では、在庫が豊富なホンダは期待ができますが必ずとはいえないです。

 

 

3月に車を買うメリットは、多くの人が3月は新車が安く買えると分かっているので、商談では遠まわしな言い方をしなくても好条件が出やすいことです。

 

でも、3月中の納期を考えると、軽自動車以外は時期が遅いです。

 

 

このように、12月~3月は車が売れる時期でもあるので、ディーラーなど販売店は、各月とも活発に動いています。

 

お得に新車を購入したい人は、この時期に積極的に動いてくださいね。

タグ:  

カテゴリ:車を安く買うコツ 

愛車を高額買取してもらう方法。車買取一括査定の利用がポイント

車を高く売るためには、普通にディーラーの下取り査定や車買取店の査定を受けるだけではダメです。
 
複数の車買取店やディーラーの査定を受け、価格競争させることが重要です。
 
これをすることで、1店舗だけの査定よりも、数十万円以上も高く売ることができる可能性があるんです。
 
 
方法は簡単です。
 
以下のような流れで行えばいいんです。
 
1.車買取一括査定サイトを利用して、複数の車買取店から査定を受ける
2.複数の車買取店を競合させて、最も高い査定額を引き出す(⇒車買取で最も高い査定額を得る交渉術。買取価格が数十万円アップも
3.ディーラーの下取り査定を受ける
4.「ディーラーの下取り査定額」と、2の「車買取店の最も高い査定額」を競わせる(⇒車の下取り査定額を上乗せする方法。車買取店との競合がコツ
5.最終的に高い方に売却する(ただし、差が2~3万円くらいのときはディーラーへ下取りに出す)
 
このように行えば、愛車を最も高く売ることができ、下取り査定の上乗せも期待できるんですよ。(車を売却するだけの人は、2.で終わればいいです)
 
「愛車を最も高く売りたい」「下取り査定額をアップさせたい」という人は、ぜひ行ってください。
 
 
ただ、たくさんの車買取店を回るのは大変ですよね。
 
そこで便利なのが“車買取一括査定サイト”です。
 
必要項目を入力するだけで、あなたの住んでいる所の複数の車買取店が無料で査定をしてくれるんです。
 
しかも、実際に車を見て査定をするときも、無料で自宅まで来てくれるんです。
 
愛車を高く売るたい人は、車買取一括査定サイトを利用して、複数の車買取店に査定を受けることからスタートです。

当サイト人気一括査定サイトランキング

かんたん車査定ガイド

たった45秒で一流業者が愛車の値段を教えてくれる!

入力項目が少ないので査定依頼がとっても簡単。東証一部上場企業が運営しているので安心ですね。一流の大手買取業者からコダワリの専門業者まで最大10社の一括査定を受けることができますよ。しかも、入力してすぐに概算の最高額も分かるのもGoodです。

車査定比較.com

申し込み後、すぐに買取相場を教えてくれる!

全国の200社以上の質の高い車買取業者と提携し、サイトの運営会社は上場企業なので、安心して利用できる無料買取一括査定サイトです。たった数項目の入力で、最大10社の車買取店から見積りがもらえます。しかも、全国75万台のデータから算出した買取相場を、申し込み後すぐに教えてくれますよ。

カーセンサー.net簡単ネット査定

意外な高値が期待できる一括査定サイト

リクルートが運営しているカーセンサーの一括査定サイト。最大30社から見積もりが届きます。地方の中小買取企業も参加しているため意外な高値が期待できます。さらに、大手では買い取ってくれない車に強いのも特徴です。


車を最も高く売却する方法
愛車を高く売るコツ
車を高く売却する車選び
車買取査定の基本
車買取の裏ネタ
新車を安く購入するコツ
新車を購入する時期
賢い商談方法と予約購入につい
商談を行う販売店選び
お得に新車を買う商談の基本
今月の人気記事
カテゴリー

ページの先頭へ