ボディ強度を高める接着剤や、職人技を取り入れたの内装も|車の最新技術6

目安時間:約 6分

工業製品の代表である車の進化はすさまじく、燃費や安全性、走行性能、各種パーツなど日々進化をしています。

 

そこでこれまで複数回にわたり、『クルマ界の最新技術』について紹介してきました。

 

 

※車両だけじゃなく、オーディオなども進化しています

クルマ界の最新技術。ドライバーの快適性を高める技術も向上

 

※タイヤも大幅に進化しているんです

世界が待望していた技術や、エコに貢献する技術の登場も。車界の最新技術2

 

※マニュアルミッションも進化しています

事故0を目標とした安全装備や、超低粘度のオイルも|車界の最新技術3

 

※外にいながらリモコンでクルマを動かせる機能もでてきました

吸気音を良い音にしてドライブを楽しく&パンクとおさらば|車の最新技術4

 

※エゾシカなど大型動物との事故を防げる技術も登場

燃費や乗り心地をよくする技術や動物との事故を防ぐ技術も|車の最新技術5

 

 

今回はクルマ界の最新技術の最終回として、

 

・インテリア加飾

・ビーグルtoホーム

・新世代プラットフォーム

・補強用接着ボンド

・エアロスタビライジングフィン

 

についてお話ししますね。

 

 

50万円以上もたかく売れる可能性も
  • 大切に乗ってきた車だから高く売りたい
  • 下取り査定額を上乗せしたい
  • 今の愛車の価値を知りたい

 

あなたは、これらに悩んでいませんか?

 

このサービスを使えば、50万円以上も高く売ることができる可能性があります。

かんたん車査定ガイド

↑↑↑  

無料でできます

インテリア加飾:大量生産は難しい職人技の結晶

高級車の内装は、ラグジュアリーカーなら木目、スポーティーカーならカーボンを使った加飾が定番となっています。

 

けれど、新型LSは、日本の伝統伎を用いた加飾を取り入れているんです。

 

ドアトリムには折り紙をヒントにしたブリーツ状トリム処理、ドアトリムオーナメントはガラスの切子細工をモチーフにしている。どちらも職人技の結晶で大量生産は難しいそうだ。

(引用元:CARトップ)

 

大量生産が難しい日本の職人技を取り入れるというのは、さすが高級車のレクサスLSですね。

 

 

ビーグルtoホーム:震災や停電時などに大活躍

モーターを動力源としているプラグインハイブリッド車やEV(電気自動車)のバッテリーに蓄えた電気を、家の電気に使うのが「ビーグルtoホーム(V2H)」です。

 

震災など停電したときに非常用電源として使うことことができるので、安心感が高いです。

 

また、電力需要が大きいときにV2Hを使うことで、ピークを抑えることもできます。

 

災害が多くなった昨今、需要が高くなっている装備です。

 

 

新世代プラットフォーム:コストダウンを目的としている

「いいものをみんなで使うことでコストダウンをする」という考えで、いちから開発されたプラットフォームです。

 

サイズや用途、さまざまなパワートレインに対応可能など、自由度が高いです。

 

トヨタのTNGAやスバルのSGP、日産のCMF、スズキのハーテクトなどが有名です。

 

 

補強用接着ボンド:ボディ強度アップ

近年、燃費の向上などをするために、ボディの軽量化をする自動車メーカーが増えています。

 

けれど、軽量化をすると、ボディ剛性が低下してしまうというデメリットも。

 

 

そこで登場したのが、構造用接着剤です。

 

自動車の車体剛性や強度を高めるため、または、スポット溶接が打てない場所などに溶接するとともに接着剤を塗布することで、ボディやシャーシを強固にしているんです。

 

採用している部位は、増えていっているんですよ。

 

 

エアロスタビライジングフィン:ちょっとのポッチが空力に効く

ここ6年ほど、トヨタ車は、ドアミラーの付け根やテールランプなどに空力性能を向上させる「エアロスタビライジングフィン」がついています。

 

「エアロスタビライジングフィン」は、部品代が不要。

 

しかも、ガムテープを張ると効果がなくなったのがはっきりわかるほど、「エアロスタビライジングフィン」は効果が高いです。

 

 

 

『クルマ界の最新技術』には、このようなものがあります。

 

工業製品の代表である車は、すさまじく進化していますね。

愛車を高額買取してもらう方法。車買取一括査定の利用がポイント

車を高く売るためには、普通にディーラーの下取り査定や車買取店の査定を受けるだけではダメです。
 
複数の車買取店やディーラーの査定を受け、価格競争させることが重要です。
 
これをすることで、1店舗だけの査定よりも、数十万円以上も高く売ることができる可能性があるんです。
 
 
方法は簡単です。
 
以下のような流れで行えばいいんです。
 
1.車買取一括査定サイトを利用して、複数の車買取店から査定を受ける
2.複数の車買取店を競合させて、最も高い査定額を引き出す(⇒車買取で最も高い査定額を得る交渉術。買取価格が数十万円アップも
3.ディーラーの下取り査定を受ける
4.「ディーラーの下取り査定額」と、2の「車買取店の最も高い査定額」を競わせる(⇒車の下取り査定額を上乗せする方法。車買取店との競合がコツ
5.最終的に高い方に売却する(ただし、差が2~3万円くらいのときはディーラーへ下取りに出す)
 
このように行えば、愛車を最も高く売ることができ、下取り査定の上乗せも期待できるんですよ。(車を売却するだけの人は、2.で終わればいいです)
 
「愛車を最も高く売りたい」「下取り査定額をアップさせたい」という人は、ぜひ行ってください。
 
 
ただ、たくさんの車買取店を回るのは大変ですよね。
 
そこで便利なのが“車買取一括査定サイト”です。
 
必要項目を入力するだけで、あなたの住んでいる所の複数の車買取店が無料で査定をしてくれるんです。
 
しかも、実際に車を見て査定をするときも、無料で自宅まで来てくれるんです。
 
愛車を高く売るたい人は、車買取一括査定サイトを利用して、複数の車買取店に査定を受けることからスタートです。

当サイト人気一括査定サイトランキング

かんたん車査定ガイド

たった45秒で一流業者が愛車の値段を教えてくれる!

入力項目が少ないので査定依頼がとっても簡単。東証一部上場企業が運営しているので安心ですね。一流の大手買取業者からコダワリの専門業者まで最大10社の一括査定を受けることができますよ。しかも、入力してすぐに概算の最高額も分かるのもGoodです。

車査定比較.com

申し込み後、すぐに買取相場を教えてくれる!

全国の200社以上の質の高い車買取業者と提携し、サイトの運営会社は上場企業なので、安心して利用できる無料買取一括査定サイトです。たった数項目の入力で、最大10社の車買取店から見積りがもらえます。しかも、全国75万台のデータから算出した買取相場を、申し込み後すぐに教えてくれますよ。

カーセンサー.net簡単ネット査定

意外な高値が期待できる一括査定サイト

リクルートが運営しているカーセンサーの一括査定サイト。最大30社から見積もりが届きます。地方の中小買取企業も参加しているため意外な高値が期待できます。さらに、大手では買い取ってくれない車に強いのも特徴です。


愛車を高く売りたいなら必見!

↑↑↑

【無料でできます!】

愛車を高く売りたいなら必見!

↑↑↑

【無料でできます!】

車を最も高く売却する方法
愛車を高く売るコツ
車を高く売却する車選び
車買取査定の基本
車買取の裏ネタ
新車を安く購入するコツ
新車を購入する時期
賢い商談方法と予約購入につい
商談を行う販売店選び
お得に新車を買う商談の基本
今月の人気記事
カテゴリー

ページの先頭へ