事故0を目標とした安全装備や、超低粘度のオイルも|車界の最新技術3

目安時間:約 7分

工業製品である車は日々進化していて、燃費や安全性、走行性能、各種パーツも進化しています。

 

そこでこれまでに、『クルマ界の最新技術』を紹介しました。

 

※車両だけじゃなく、オーディオなども進化しています

クルマ界の最新技術。ドライバーの快適性を高める技術も向上

 

※タイヤも大幅に進化しているんです

世界が待望していた技術や、エコに貢献する技術の登場も。車界の最新技術2

 

今回もクルマ界の最新技術の続きとして、

 

・Eクラス インテリジェントドライブ

・ドライブレコーダー

・マルチステージハイブリッド

・マニュアルミッション

・e-POWERパワートレイン

・オイルの低粘度化

 

についてお話ししますね。

 

 

50万円以上もたかく売れる可能性も
  • 大切に乗ってきた車だから高く売りたい
  • 下取り査定額を上乗せしたい
  • 今の愛車の価値を知りたい

 

あなたは、これらに悩んでいませんか?

 

このサービスを使えば、50万円以上も高く売ることができる可能性があります。

かんたん車査定ガイド

↑↑↑  

無料でできます

Eクラス インテリジェントドライブ:“事故を無くす”を高度な次元で集めた安全思想

インテリジェントドライブは、メルセデスベンツが目指す安全思想で、「先進的な技術」と「統合的安全性」の安全コンセプトから成り立っています

 

 

Eクラスは、「日本で買える安全性最強のクルマ」といわれていて、さまざまな安全装備が搭載されています。

 

とくにインパクトが大きい安全装備は、

 

・アクティブレーンチェンジングアシスト :車線変更でウインカーを付けたとき、危険がなければそのまま車が車線変更する技術

・PRE SAFEサウンド :衝突の際の衝撃音による耳へのダメージを軽減する

・アクティブエマージェンシーストップアシスト :急な疾患などで運転操作ができなくなったときに、自動でクルマを停止させる技術

 

です。

 

交通事故をなくすための安全装備が進化することは、いいことですね。

 

 

ドライブレコーダー:標準化も近い!?

ここ数年で、ドライブレコーダーの販売台数は、何倍にも増えました。

 

最近は、ドライブレコーダーの低価格化や、任意保険の優遇サービスなどにより、普及率はさらに高くなっています。

 

装着を検討している人もかなり増えていて、新車購入と同時に装着する人も多いです。

 

そのため、ステップワゴン モデューロXなど、カーナビ連動タイプを標準装備している車も登場してきています。

 

将来的には、ドライブレコーダーの標準装備化が来るかもしれませんね。

 

 

マルチステージハイブリッド:ハイブリッドシステムの良さを幅広い速度領域で得る

ハイブリッドシステムは、モーターとエンジンの長所が、お互いの短所を補い合います。

 

けれど、その補い合える速度領域は狭いです。

 

 

そこでレクサスは、ふたつのモーター制御変速効果を生む“電子CVT”機能のHVシステムの出力側に、機械式4速ATを加えたダブル変速体制を実現したんです。

 

実際にはもっと複雑なのですが、マルチステージHVとして、レクサスLCと新型LSに搭載されています。

 

 

マニュアルミッション:地味に進化中

2ペダルミッションと比べて、(クラッチペダルがついた)MTは進化していないように見えますよね。

 

けれど、ちょっとずつ進化しているんです。

 

 

7速MTという多段化は、ポルシェ911やコルベットが搭載しています。

 

また、現行フェアレディZが初採用したシフトダウンの際のブリッピングを自動でやってくれるデバイスを、同じくポルシェ911とコルベットが搭載しています。

 

※ブリッピングとは、クラッチを切った瞬間にアクセルを踏んでエンジンの回転数を上げ、その状態でクラッチをつなげることです。シフトダウンするときのショックが和らぐというメリットがあります。

 

 

e-POWERパワートレイン:エンジンで発電、モーターで走る

マイナーチェンジでノートに加わったe-POWERは、1.2Lエンジンを発電に使い、モーターで走る「シリーズハイブリッド」です。

 

リーフと同じモーターを搭載していますが、電池の容量を大幅に減らして軽くしました。

 

・手軽にEVの楽しさを味わえる

・加速が力強い

・一般路では燃費がいい

 

などのメリットがあります。

 

 

オイルの低粘度化:水のように柔らかい

エコカーを中心に採用され始めているのが、0W-16という超低粘度オイルです。

 

0W-20よりもさらに柔らかく、まるで水のようです。

 

特殊な添加剤を使用することで、性能は確保されているんですよ。

 

ちなみに、ホンダなどは、もっと柔らかいものを目指しています。

 

 

『クルマ界の最新技術』には、このようなものがあります。

 

工業製品の代表である車は、すさまじく進化していますね。

 

次回も、『クルマ界の最新技術』の続きについてお話ししますね。

愛車を高額買取してもらう方法。車買取一括査定の利用がポイント

車を高く売るためには、普通にディーラーの下取り査定や車買取店の査定を受けるだけではダメです。
 
複数の車買取店やディーラーの査定を受け、価格競争させることが重要です。
 
これをすることで、1店舗だけの査定よりも、数十万円以上も高く売ることができる可能性があるんです。
 
 
方法は簡単です。
 
以下のような流れで行えばいいんです。
 
1.車買取一括査定サイトを利用して、複数の車買取店から査定を受ける
2.複数の車買取店を競合させて、最も高い査定額を引き出す(⇒車買取で最も高い査定額を得る交渉術。買取価格が数十万円アップも
3.ディーラーの下取り査定を受ける
4.「ディーラーの下取り査定額」と、2の「車買取店の最も高い査定額」を競わせる(⇒車の下取り査定額を上乗せする方法。車買取店との競合がコツ
5.最終的に高い方に売却する(ただし、差が2~3万円くらいのときはディーラーへ下取りに出す)
 
このように行えば、愛車を最も高く売ることができ、下取り査定の上乗せも期待できるんですよ。(車を売却するだけの人は、2.で終わればいいです)
 
「愛車を最も高く売りたい」「下取り査定額をアップさせたい」という人は、ぜひ行ってください。
 
 
ただ、たくさんの車買取店を回るのは大変ですよね。
 
そこで便利なのが“車買取一括査定サイト”です。
 
必要項目を入力するだけで、あなたの住んでいる所の複数の車買取店が無料で査定をしてくれるんです。
 
しかも、実際に車を見て査定をするときも、無料で自宅まで来てくれるんです。
 
愛車を高く売るたい人は、車買取一括査定サイトを利用して、複数の車買取店に査定を受けることからスタートです。

当サイト人気一括査定サイトランキング

かんたん車査定ガイド

たった45秒で一流業者が愛車の値段を教えてくれる!

入力項目が少ないので査定依頼がとっても簡単。東証一部上場企業が運営しているので安心ですね。一流の大手買取業者からコダワリの専門業者まで最大10社の一括査定を受けることができますよ。しかも、入力してすぐに概算の最高額も分かるのもGoodです。

車査定比較.com

申し込み後、すぐに買取相場を教えてくれる!

全国の200社以上の質の高い車買取業者と提携し、サイトの運営会社は上場企業なので、安心して利用できる無料買取一括査定サイトです。たった数項目の入力で、最大10社の車買取店から見積りがもらえます。しかも、全国75万台のデータから算出した買取相場を、申し込み後すぐに教えてくれますよ。

カーセンサー.net簡単ネット査定

意外な高値が期待できる一括査定サイト

リクルートが運営しているカーセンサーの一括査定サイト。最大30社から見積もりが届きます。地方の中小買取企業も参加しているため意外な高値が期待できます。さらに、大手では買い取ってくれない車に強いのも特徴です。


愛車を高く売りたいなら必見!

↑↑↑

【無料でできます!】

愛車を高く売りたいなら必見!

↑↑↑

【無料でできます!】

車を最も高く売却する方法
愛車を高く売るコツ
車を高く売却する車選び
車買取査定の基本
車買取の裏ネタ
新車を安く購入するコツ
新車を購入する時期
賢い商談方法と予約購入につい
商談を行う販売店選び
お得に新車を買う商談の基本
今月の人気記事
カテゴリー

ページの先頭へ