世界が待望していた技術や、エコに貢献する技術の登場も。車界の最新技術2

目安時間:約 6分

車は、日々進化していて、燃費や安全性、走行性能、各種パーツも進化しているんです。

 

そこで前回、『クルマ界の最新技術』を紹介しました。

 

※車両だけじゃなく、オーディオなども進化しています

クルマ界の最新技術。ドライバーの快適性を高める技術も向上

 

今回もクルマ界の最新技術の続きとして、

 

・エアロフィン付きタイヤ

・希土フリーモーター

・可変圧縮比エンジン

・ヒートポンプ式エアコン

・ソーラー充電システム

・ランオフロード・プロテクション

・ヘッドアップディスプレイ

 

についてお話ししますね。

 

 

「愛車を高く売りたい」 が現実になる方法
  • 大切に乗ってきた車だから高く売りたい
  • 下取り査定額を上乗せしたい
  • 今の愛車の価値を知りたい

 

毎月100人以上が利用する方法で、あなたのこの悩みを解決できます。

⇒詳細はこちらをクリック

エアロフィン付きタイヤ:空気抵抗を小さくするタイヤ

タイヤは、むき出しの状態で常に高速回転をしています。

 

そのため、タイヤ周りは空気が乱れやすいので、抵抗が大きくなってしまいます。

 

「空気抵抗を小さくする最後の大きな壁」とまでいわれているんです。

 

 

横浜ゴムは、タイヤ周りの空気の乱れを整える目的で、「エアロフィン付きタイヤ」の開発に力を入れています。

 

タイヤの側面についたフィンが、空気の流れを整えることで、空気抵抗を小さくするんです。

 

まだ開発段階ですが、実用化は間近なんですよ。

 

 

希土フリーモーター:世界が待望していた技術

フリードハイブリッドに世界で初めて搭載されたのが、レアアースレスモーターの「希土フリーモーター」です。

 

これまで、高温時の磁石性能低下防止には、レアアースは欠かせないとされていましたが、ホンダが大同特殊鋼と共同開発して実現しました。

 

超急冷法で粉末にした磁石を、次に熱を加えて押し出すことで超微細化したのがポイントです。

 

 

可変圧縮比エンジン:2018年に登場予定の技術

クランクシャフトにリンク機構をつけて、圧縮比を可変にしたエンジンです。

 

発進時などの低回転が重視される領域では、「高圧縮比による効率化」で燃費を向上させます。

 

逆に、高回転を重視するときには「低圧縮比でパワーを稼ぐ」と、ひとつのエンジンで2つの面を持たせるという、夢のようなエンジンです。

 

2018年に、インフィニティに直4ターボ「VC-T」を搭載して、登場する予定となっています。

 

 

ヒートポンプ式エアコン:エコに貢献

日産リーフや新型プリウスPHVなどに、EVなどエンジンの熱を暖房に利用できない車に搭載されいているのが、「ヒートポンプ式エアコン」です。

 

冷媒を利用して外気を取り込んで、ポンプで圧縮することによって高温化して、暖房に利用する仕組みです。

 

これまでの電熱線式ヒーターと比べて、消費電力は少なくて済むのでエコです。

 

 

ソーラー充電システム:世界で初めて実用化に成功

プリウスPHVに世界で初めて搭載されたのが、「ソーラー充電システム」です。

 

太陽光で発電を行って、走行中は補機バッテリーの消費を補います。

 

駐車しているときは、駆動用リチウムイオン電池に充電します。

 

 

 

ランオフロード・プロテクション:道路から逸脱したときに守ってくれる

道路からオフロードなどにコースアウトしたときに、守ってくれるのが「ランオフロード・プロテクション」です。

 

道路から路肩などに落ちてしまったとき、どこかにぶつからなくても、激しい上下による衝突は大きいので、深刻なケガをしてしまうことがあります。

 

ランオフロード・プロテクションは、コースアウトしたときにシートベルトを巻き上げて、乗員を固定してダメージを減らしてくれます

 

ボルボのXC90、S90、V90に搭載されています。

 

 

ヘッドアップディスプレイ:ルーツは戦闘機

もともとは、戦闘機に採用されていて、クルマにも搭載され始めたのが「ヘッドアップディスプレイ」です。

 

視点を遠くに置くため、情報を読み取りやすくなります。

 

車の場合、透明な工学ガラス素子に画像を投影するのが一般的になってます。

 

 

『クルマ界の最新技術』には、このようなものがあります。

 

工業製品の代表である車は、すさまじく進化していますね。

 

次回も、『クルマ界の最新技術』の続きについてお話ししますね。

愛車を高額買取してもらう方法。車買取一括査定の利用がポイント

車を高く売るためには、普通にディーラーの下取り査定や車買取店の査定を受けるだけではダメです。
 
複数の車買取店やディーラーの査定を受け、価格競争させることが重要です。
 
これをすることで、1店舗だけの査定よりも、数十万円以上も高く売ることができる可能性があるんです。
 
 
方法は簡単です。
 
以下のような流れで行えばいいんです。
 
1.車買取一括査定サイトを利用して、複数の車買取店から査定を受ける
2.複数の車買取店を競合させて、最も高い査定額を引き出す(⇒車買取で最も高い査定額を得る交渉術。買取価格が数十万円アップも
3.ディーラーの下取り査定を受ける
4.「ディーラーの下取り査定額」と、2の「車買取店の最も高い査定額」を競わせる(⇒車の下取り査定額を上乗せする方法。車買取店との競合がコツ
5.最終的に高い方に売却する(ただし、差が2~3万円くらいのときはディーラーへ下取りに出す)
 
このように行えば、愛車を最も高く売ることができ、下取り査定の上乗せも期待できるんですよ。(車を売却するだけの人は、2.で終わればいいです)
 
「愛車を最も高く売りたい」「下取り査定額をアップさせたい」という人は、ぜひ行ってください。
 
 
ただ、たくさんの車買取店を回るのは大変ですよね。
 
そこで便利なのが“車買取一括査定サイト”です。
 
必要項目を入力するだけで、あなたの住んでいる所の複数の車買取店が無料で査定をしてくれるんです。
 
しかも、実際に車を見て査定をするときも、無料で自宅まで来てくれるんです。
 
愛車を高く売るたい人は、車買取一括査定サイトを利用して、複数の車買取店に査定を受けることからスタートです。

当サイト人気一括査定サイトランキング

かんたん車査定ガイド

たった45秒で一流業者が愛車の値段を教えてくれる!

入力項目が少ないので査定依頼がとっても簡単。東証一部上場企業が運営しているので安心ですね。一流の大手買取業者からコダワリの専門業者まで最大10社の一括査定を受けることができますよ。しかも、入力してすぐに概算の最高額も分かるのもGoodです。

車査定比較.com

申し込み後、すぐに買取相場を教えてくれる!

全国の200社以上の質の高い車買取業者と提携し、サイトの運営会社は上場企業なので、安心して利用できる無料買取一括査定サイトです。たった数項目の入力で、最大10社の車買取店から見積りがもらえます。しかも、全国75万台のデータから算出した買取相場を、申し込み後すぐに教えてくれますよ。

カーセンサー.net簡単ネット査定

意外な高値が期待できる一括査定サイト

リクルートが運営しているカーセンサーの一括査定サイト。最大30社から見積もりが届きます。地方の中小買取企業も参加しているため意外な高値が期待できます。さらに、大手では買い取ってくれない車に強いのも特徴です。


車を最も高く売却する方法
愛車を高く売るコツ
車を高く売却する車選び
車買取査定の基本
車買取の裏ネタ
新車を安く購入するコツ
新車を購入する時期
賢い商談方法と予約購入につい
商談を行う販売店選び
お得に新車を買う商談の基本
今月の人気記事
カテゴリー

ページの先頭へ