クルマ界の最新技術。ドライバーの快適性を高める技術も向上

目安時間:約 7分

車は、日々進化しています。

 

最近は、燃費や安全性を向上させる技術が注目されていますが、走行性能や各種パーツも進化しているんです。

 

そこで、『クルマ界の最新技術』を紹介しますね。

 

工業製品として最先端をいくクルマには、どのような技術が搭載されているのでしょうか?

 

 

「愛車を高く売りたい」 が現実になる方法
  • 大切に乗ってきた車だから高く売りたい
  • 下取り査定額を上乗せしたい
  • 今の愛車の価値を知りたい

 

毎月100人以上が利用する方法で、あなたのこの悩みを解決できます。

⇒詳細はこちらをクリック

デュアルモータードライブシステム:ふたつのモーターで力強い加速

プリウスPHVに搭載されている、「ふたつのモーターで強力に加速するシステム」です。

 

ハイブリッドカーなどが搭載している駆動用モーターに加え、ジェネレーター(発電機)用のモーターも駆動に使えるようにしたシステムなんです。

 

 

アクセルを強く踏み込んだときに、駆動用モーターだけではパワー不足を感じることがあります。

 

そんなときに、ジェネレーターも駆動用モーターとして働かせることで、より力強い加速をすることができるようになるんです。

 

デュアルモータードライブシステムにより、エンジンの出番は大幅に減ったんですよ。

 

 

グリルシャッター:エンジンを早く温めるようにするシステム

現行型のプリウスに搭載されて話題となったのが「グリルシャッター」です。

 

クルマを最高な状態にして、冷間から早く触媒を活性化させるには、エンジンなどまず早く温める必要があります。

 

グリルシャッターは、エンジンを早く温めるために、エンジンの水温が上がるまではシャッターを閉じて外気を遮断するシステムなんです。

 

装置をつける分、コストが上がってしまうというデメリットがあるのが、今後の課題です。

 

 

トルクベクタリング:曲がるために駆動力を制御

トルクベクタリングは、クルマの挙動やカーブに応じて内輪(内側のタイヤ)と外輪(外側のタイヤ)の駆動力配分を積極的にコントロールして、曲がるときに車の挙動を安定させるシステムです。

 

オーバーステア(クルマがカーブの内側に切れ込んでしまう現象)なら内輪を、アンダーステア(クルマが外側に膨らんでしまう現象)なら外輪のトルクを増やして、クルマの挙動を安定させます。

 

・ディファレンシャルに電子制御多板クラッチを組み込むタイプ(日産ジュークのオールモード4×4i、ホンダのSH-AWD、BMWのダイナミックパフォーマンスコントロールなど)

・ESPのブレーキ制御でコントロールするタイプ(スバルのアクティブトルクベクタリングなど)

 

などがあります。

 

 

ボディカラー:塗装技術が向上

近年は、“鮮やかさ”をアピールした塗装が多くなりました。

 

例えば、

 

・ソウルレッドプレミアム(マツダ)

・高彩度レッド(三菱)

・サンシャインオレンジ(スバル)

 

などが、そうですね。

 

昔は、ほかの塗装と比べて工程が増えてしまうため、コストと手間がかかるので、実現できませんでした。

 

けれど近年は、塗装技術が向上したことで、比較的安い価格でできるようになったんですよ。

 

 

通信型純正カーナビ:通信機能を備えたカーナビが増加中

近年は、携帯のように通信機能を備えたカーナビが増えています。

 

 

ホンダのインターナビは、情報センターが実際に走るホンダ車から情報を集めて、渋滞場所などを検知してルート案内に役立てています。

 

地震や台風の情報も受け取れるようになっています。

 

 

マツダのマツダコネクトも、SMSメールの受信や音声による読み上げ機能などができるんですよ。

 

 

自動ハイビーム:切り替えのわずらわしさを解消

真っ暗の中を車で走行するときは、ハイビームで走行することが基本です。

 

歩行者などを早いタイミングで見つけることができるなど、安全性も高まります。

 

ただし、対向車が来たら、ロービームにすることがマナーです。

 

 

自動ハイビームは、対向車のヘッドライトや先行車のテールランプなど、周囲の明るさを検知して、自動でハイビームとロービームを切り替えるシステムです。

 

 

本格オーディオ機能付きカーナビ:驚異の音質を実現

ダイヤトーン(三菱電機)は、3年間で2回もモデルチェンジを行って、圧倒的な音質を実現しました。

 

サイバーナビは、カロッツェリアで培ったノウハウを活かして、同ブランド史上最高音質を実現しました。

 

このように、近年は、本格オーディオ機能を持っているカーナビが増えているんです。

 

 

『クルマ界の最新技術』には、このようなものがあります。

 

走行性能や燃費、安全性能を高めるだけでなく、ドライバーの快適性を高める技術も進化しているですね。

 

次回も、『クルマ界の最新技術』の続きについてお話ししますね。

愛車を高額買取してもらう方法。車買取一括査定の利用がポイント

車を高く売るためには、普通にディーラーの下取り査定や車買取店の査定を受けるだけではダメです。
 
複数の車買取店やディーラーの査定を受け、価格競争させることが重要です。
 
これをすることで、1店舗だけの査定よりも、数十万円以上も高く売ることができる可能性があるんです。
 
 
方法は簡単です。
 
以下のような流れで行えばいいんです。
 
1.車買取一括査定サイトを利用して、複数の車買取店から査定を受ける
2.複数の車買取店を競合させて、最も高い査定額を引き出す(⇒車買取で最も高い査定額を得る交渉術。買取価格が数十万円アップも
3.ディーラーの下取り査定を受ける
4.「ディーラーの下取り査定額」と、2の「車買取店の最も高い査定額」を競わせる(⇒車の下取り査定額を上乗せする方法。車買取店との競合がコツ
5.最終的に高い方に売却する(ただし、差が2~3万円くらいのときはディーラーへ下取りに出す)
 
このように行えば、愛車を最も高く売ることができ、下取り査定の上乗せも期待できるんですよ。(車を売却するだけの人は、2.で終わればいいです)
 
「愛車を最も高く売りたい」「下取り査定額をアップさせたい」という人は、ぜひ行ってください。
 
 
ただ、たくさんの車買取店を回るのは大変ですよね。
 
そこで便利なのが“車買取一括査定サイト”です。
 
必要項目を入力するだけで、あなたの住んでいる所の複数の車買取店が無料で査定をしてくれるんです。
 
しかも、実際に車を見て査定をするときも、無料で自宅まで来てくれるんです。
 
愛車を高く売るたい人は、車買取一括査定サイトを利用して、複数の車買取店に査定を受けることからスタートです。

当サイト人気一括査定サイトランキング

かんたん車査定ガイド

たった45秒で一流業者が愛車の値段を教えてくれる!

入力項目が少ないので査定依頼がとっても簡単。東証一部上場企業が運営しているので安心ですね。一流の大手買取業者からコダワリの専門業者まで最大10社の一括査定を受けることができますよ。しかも、入力してすぐに概算の最高額も分かるのもGoodです。

車査定比較.com

申し込み後、すぐに買取相場を教えてくれる!

全国の200社以上の質の高い車買取業者と提携し、サイトの運営会社は上場企業なので、安心して利用できる無料買取一括査定サイトです。たった数項目の入力で、最大10社の車買取店から見積りがもらえます。しかも、全国75万台のデータから算出した買取相場を、申し込み後すぐに教えてくれますよ。

カーセンサー.net簡単ネット査定

意外な高値が期待できる一括査定サイト

リクルートが運営しているカーセンサーの一括査定サイト。最大30社から見積もりが届きます。地方の中小買取企業も参加しているため意外な高値が期待できます。さらに、大手では買い取ってくれない車に強いのも特徴です。


車を最も高く売却する方法
愛車を高く売るコツ
車を高く売却する車選び
車買取査定の基本
車買取の裏ネタ
新車を安く購入するコツ
新車を購入する時期
賢い商談方法と予約購入につい
商談を行う販売店選び
お得に新車を買う商談の基本
今月の人気記事
カテゴリー

ページの先頭へ