実燃費との差が大きいJC08モード燃費が、あてにならない理由とは?

目安時間:約 7分

車のカタログや自動車メーカーのホームページには、燃費の参考値が載っています。

 

カタログ燃費は、JC08モードで測定された燃費が記載されています。

 

けれど、カタログ燃費と実燃費には、大きな差があることはある意味「常識」です。

 

良くてカタログ燃費の8掛け(×0.8)、悪い場合はカタログ燃費の6掛け(×0.6)というとこもあります。

 

ですが、このようになぜJC08モード燃費は、あてにならないのでしょうか?

 

 

「愛車を高く売りたい」 が現実になる方法
  • 大切に乗ってきた車だから高く売りたい
  • 下取り査定額を上乗せしたい
  • 今の愛車の価値を知りたい

 

毎月100人以上が利用する方法で、あなたのこの悩みを解決できます。

⇒詳細はこちらをクリック

JC08モード燃費の測定は、かなり難しい

JC08モード燃費の測定は、シャシーダイナモという測定器を使って、室内で行われます。

 

車重や走行抵抗に合わせた負荷を設定し、決められた走行パターンに沿って試験を行います。

 

JC08モードの測定は、

 

走行パターンの平均速度:24.4km/h(10・15モードは22.7km/h)

最高速度:81.6km/h(同70km/h)

所要時間:1204秒(同660秒)

走行距離:8.127km(同4.165km)

燃費が落ちるコールドスタートも加味

 

となっています。

 

それでも、実燃費との違いが激しいんです。

 

 

実は、カー雑誌『ベストカー』の担当者は、2012年にJC08モード燃費の測定を体験したことがあるのですが、測定には専門的な技術が必要だったようなんです。

 

テストは車両の右斜め前方に設置されたモニターに表示されるドライバーズエイド(運転指示装置)に沿って行う。ずっと斜めを見ながら操作することになり、これが凄い違和感。

 

運転指示には速度の下限と上限の許容域を示すラインが引かれており、それに合わせてアクセルとブレーキ操作をするのだが、これが素人には難しい。加速は意外と速いし、ブレーキも想像以上にハードな操作を強いられる。加速、減速が次々に指示され、ついていくのがやっと。「省エネ運転なんて気にしているヒマなかった」というのが体験した編集Mの感想だ。

 

(中略)

 

当時の記事の結論は「燃費測定のプロドライバーは、単に基準ラインをたどるのではなく、許容範囲内でスピードを上手に利用して、燃費をコンマ1km/L単位で削っていくのか。そう思ったら本当に頭が下がる思いがした」とある。

(引用元:ベストカー)

 

このように、JC08モード燃費の測定は素人にはかなり難しく、専門的な技術が必要なんです。

 

燃費測定するときは、速度の上限と下限の許容域を、1秒以上越えることが2回あると、測定中止になってしまいます。

 

カー雑誌『ベストカー』の担当者は、測定を開始してすぐに「中止」を宣言されるほど、測定は難しいんです。

 

 

このように、JC08モード燃費の測定をするときの運転は、日常の運転とは全く異なり、計測ドライバーは、省燃費運転のプロ中のプロが行います。(計測するドライバーは、各自動車メーカーの社員が行います)

 

この違いが、JC08モード燃費と実燃費の差となっているんです。

 

 

クルマそのものが、JC08モード測定のスペシャルカーになっている

さらにクルマそのものを、JC08モード計測の走行パターンで燃費がよくなるものにすることもできます。

 

特に、トランスミッションがCVTなら、セッティングの幅が広く、“JC08モードスペシャル”が作りやすいです。

 

クルマは燃費が良くなるようにセッティングされ、ドライバーも省燃費運転のプロとなれば、いい燃費数値が出るのは当たり前ですよね。

 

 

そのうえ、JC08モード燃費の計測に影響してこない消費エネルギーもあります。

 

エアコンやカーナビなどの電装品や補機類は、実際の走行ではけっこうなエネルギーを消費するため、燃費の悪化に関わってきます。

 

けれど、JC08モード燃費の測定では、電装品や補機類は反映されません

 

これも実燃費とカタログ燃費の差が大きくなる原因のひとつなんです。

 

 

輸入車は、JC08モード燃費と実燃費の差が小さい

一方、輸入車は、日本車と比べてJC08モード燃費と実燃費の差が小さいです。

 

年間の輸入台数が5000台を超える輸入車は、JC08モード燃費の計測と表示が義務付けられていて、日本車と同じ試験を受けます。

 

では、なぜ輸入車は、JC08モード燃費と実燃費の差が小さいかというと、省燃費運転のプロと、JC08モードスペシャルの車の設定がないからです。

 

 

 

同じ車格で比べた場合、輸入車のカタログ燃費は、日本車に劣ることが多いですが、その理由がこれなんです。

 

 

JC08モード燃費の数値は、事前に自動車メーカーが申請をしておき、実際の測定試験でその数値を超えたら採用されます。

 

もし試験でその数値を超える結果が出ても、事前申請の数値は変えられません。

 

逆に、事前申請の数値を超えられなかった場合は、再試験となります。

 

 

日本車は、低燃費のプロが計測ドライバーを務めるので、ギリギリの数値を申請できますが、輸入車は再試験を避けるために、余裕を持った数値を申請します。

 

この点でも、輸入車は、JC08モード燃費と実燃費の差が小さくなるんです。

 

 

このような理由から、JC08モード燃費はあてにならず、カタログ燃費の6~8掛け(×0.6~0.8)となってしまうんです。

愛車を高額買取してもらう方法。車買取一括査定の利用がポイント

車を高く売るためには、普通にディーラーの下取り査定や車買取店の査定を受けるだけではダメです。
 
複数の車買取店やディーラーの査定を受け、価格競争させることが重要です。
 
これをすることで、1店舗だけの査定よりも、数十万円以上も高く売ることができる可能性があるんです。
 
 
方法は簡単です。
 
以下のような流れで行えばいいんです。
 
1.車買取一括査定サイトを利用して、複数の車買取店から査定を受ける
2.複数の車買取店を競合させて、最も高い査定額を引き出す(⇒車買取で最も高い査定額を得る交渉術。買取価格が数十万円アップも
3.ディーラーの下取り査定を受ける
4.「ディーラーの下取り査定額」と、2の「車買取店の最も高い査定額」を競わせる(⇒車の下取り査定額を上乗せする方法。車買取店との競合がコツ
5.最終的に高い方に売却する(ただし、差が2~3万円くらいのときはディーラーへ下取りに出す)
 
このように行えば、愛車を最も高く売ることができ、下取り査定の上乗せも期待できるんですよ。(車を売却するだけの人は、2.で終わればいいです)
 
「愛車を最も高く売りたい」「下取り査定額をアップさせたい」という人は、ぜひ行ってください。
 
 
ただ、たくさんの車買取店を回るのは大変ですよね。
 
そこで便利なのが“車買取一括査定サイト”です。
 
必要項目を入力するだけで、あなたの住んでいる所の複数の車買取店が無料で査定をしてくれるんです。
 
しかも、実際に車を見て査定をするときも、無料で自宅まで来てくれるんです。
 
愛車を高く売るたい人は、車買取一括査定サイトを利用して、複数の車買取店に査定を受けることからスタートです。

当サイト人気一括査定サイトランキング

かんたん車査定ガイド

たった45秒で一流業者が愛車の値段を教えてくれる!

入力項目が少ないので査定依頼がとっても簡単。東証一部上場企業が運営しているので安心ですね。一流の大手買取業者からコダワリの専門業者まで最大10社の一括査定を受けることができますよ。しかも、入力してすぐに概算の最高額も分かるのもGoodです。

車査定比較.com

申し込み後、すぐに買取相場を教えてくれる!

全国の200社以上の質の高い車買取業者と提携し、サイトの運営会社は上場企業なので、安心して利用できる無料買取一括査定サイトです。たった数項目の入力で、最大10社の車買取店から見積りがもらえます。しかも、全国75万台のデータから算出した買取相場を、申し込み後すぐに教えてくれますよ。

カーセンサー.net簡単ネット査定

意外な高値が期待できる一括査定サイト

リクルートが運営しているカーセンサーの一括査定サイト。最大30社から見積もりが届きます。地方の中小買取企業も参加しているため意外な高値が期待できます。さらに、大手では買い取ってくれない車に強いのも特徴です。


車を最も高く売却する方法
愛車を高く売るコツ
車を高く売却する車選び
車買取査定の基本
車買取の裏ネタ
新車を安く購入するコツ
新車を購入する時期
賢い商談方法と予約購入につい
商談を行う販売店選び
お得に新車を買う商談の基本
今月の人気記事
カテゴリー

ページの先頭へ