ハスラーを車買取査定や下取りで最も高く売る方法。値引き以外のコツ

目安時間:約 8分

外観をSUVテイストに仕上げられている人気の軽自動車のスズキ・ハスラー。

 

オフロードはもちろん、日常使いをするのにも適している、オールマイティに使える車です。

 

そんなハスラーを下取りや車買取で高く売るには、どうすればいいのでしょうか?

 

ハスラーの特徴を紹介しつつ、『スズキ・ハスラーを最も高く売る方法』についてお話ししますね。

 

最も高く売るポイントは、複数の車買取店やディーラーの下取り査定を受け、競合させることなんですよ。

 

 

ちなみに、ハスラーの名前の由来は、ギャンブラーを意味する「Hustler」から来ていて、もともとはスズキのオフロード向けオートバイに使用されていたんですよ。

 

 

「愛車を高く売りたい」 が現実になる方法
  • 大切に乗ってきた車だから高く売りたい
  • 下取り査定額を上乗せしたい
  • 今の愛車の価値を知りたい

 

毎月100人以上が利用する方法で、あなたのこの悩みを解決できます。

⇒詳細はこちらをクリック

スズキ・ハスラーの特徴|実用性が高いSUV軽自動車

個性的な外観の軽クロスオーバーSUVのスズキ・ハスラー。

 

SUVテイストなので悪路走破性が高いのはもちろんなのですが、実用性が高く、オールラウンドに使えるのが特徴の車です。

 

 

ハスラーは、軽自動車に求められる基本的な性能が、どれも高い水準にあります。

 

背が高いボディによって室内が広く、前後席ともに居住性が良いです。

 

後席は、左右ともにリクライニング&スライド機構がついているので、乗車人数に合わせた使い方ができます。

 

 

荷室の床面は汚れを落としやすい素材となっているので、レジャーに繰り出したときも汚れを気にせず荷物を積めます。

 

容量は小さめですが、小物収納機能も多く備わっているので、使い勝手は良いです。

 

車内の広さやシートアレンジはベースとなっているワゴンRと基本的に同じなので、居住性が優れ、荷物も積みやすいという、実用性に優れたSUVなんです。

 

 

4WD車は、最低地上高が175mmと高く、ヒルディセントコントロール(下り坂でブレーキを踏まずに7km/hをキープする機構)や、グリップコントロール(滑る路面でスリップを制御して発進しやすくする機構)を装備しているので、悪路走破性も高いです。

 

多少のラフロードはものともせず、降雪時にも普段通りに走れる車です。

 

 

さらに、Gグレード以上のCVT車には、マイルドハイブリッドシステムの「S-エネチャージ」を搭載。

 

これにより、アイドリングストップからの静かな再始動と、低燃費を実現しました。

 

FFノンターボモデルでは、32.0km/L(JC08モード燃費)という燃費の良さも、ハスラーの魅力です。

 

 

自動ブレーキは、車と歩行者の両方を検知するので、安全性も高いです。

 

さらに個性的な外観だけでなく、遊び心あふれる内装のおかげで、男性・女性を問わず、幅広い層から人気の車となっています。

 

 

このように、ハスラーは、

 

・居住性が高く、使い勝手が良い

・悪路走破性が高い

・低燃費で安全性も高い

 

というレジャーにも日常使いにも便利な、個性的な外観のSUVテイストの軽自動車なんです。

 

ハスラーのライバル車は、フレアクロスオーバー(マツダ)、キャストアクティバ(ダイハツ)、NーONE(ホンダ)となっています。

 

値引きの上乗せ交渉などのときに、競合車として使ってくださいね。

 

 

スズキ・ハスラーのデメリット|乗り心地が硬め

ハスラーのデメリットは、乗り心地が硬めに感じるところです。

 

ハスラーは、最低地上高を高めに設定しつつ走行安定性を確保したために、乗り心地が硬めになっています。

 

試乗するときに、乗り心地を確認してくださいね。

 

 

また、パワーステアリングの操舵感が少しあいまいに感じるのもデメリットです。

 

ハスラーのパワーステアリングは、直進状態に戻ろうとする力が少し弱いです。

 

手ごたえも、少しあいまいです。

 

 

そして、シートが滑りやすく感じるのもデメリットです。

 

ファブリックのシート生地は少し光沢があってスポーティなのでかっこいいのですが、服の記事によっては滑りやすくなります。

 

体を安定させにくいので注意です。

 

 

ハスラーには、このようなデメリットがあります。

 

 

スズキ・ハスラーのメリット|走破力が高く、使い勝手も良い軽自動車

ハスラーのメリットは、居住性が高いところです。

 

全高が1600mmを上回るので、前後席ともに頭上と足元空間が広く、居住性が良いです。

 

4人で乗っても快適です。

 

後席は背もたれを倒すと座面も下がってコンパクトに収納でき、広い荷室を作ることができます

 

 

 

走破力が高いのもハスラーのメリットです。

 

4WDの最低地上高は175mmあり、悪路の凸凹も乗り越えやすいです。

 

さらに4WDには、下り坂でブレーキを踏まずに7km/hをキープする「ヒルディセントコントロール」と、滑る路面でスリップを制御して発進しやすくする「グリップコントロール」を装備しています。

 

滑りやすい急な斜面を安定して下がることができますよ。

 

 

燃費が優秀で、安全性も高いのもメリットです。

 

Xグレードのカタログ燃費(JC08モード燃費)は、4WDでも30.4km/Lと、軽自動車の中でも優秀です。

 

また、2個のカメラを使う緊急自動ブレーキは、作動速度の上限が時速100km/hと高く、車と歩行者の両方の検知が可能です。

 

安全性能は、軽自動車の中ではトップクラスです。

 

 

このように、外観が個性的で走破力が高く、使い勝手が良い軽自動車がハスラーです。

 

そんなハスラーを最も高く売るポイントは、以下にお話しするように、複数の車買取店やディーラーの下取り査定を受け、査定額を比較・競争させることなんです。

タグ:  

カテゴリ:スズキ 

愛車を高額買取してもらう方法。車買取一括査定の利用がポイント

車を高く売るためには、普通にディーラーの下取り査定や車買取店の査定を受けるだけではダメです。
 
複数の車買取店やディーラーの査定を受け、価格競争させることが重要です。
 
これをすることで、1店舗だけの査定よりも、数十万円以上も高く売ることができる可能性があるんです。
 
 
方法は簡単です。
 
以下のような流れで行えばいいんです。
 
1.車買取一括査定サイトを利用して、複数の車買取店から査定を受ける
2.複数の車買取店を競合させて、最も高い査定額を引き出す(⇒車買取で最も高い査定額を得る交渉術。買取価格が数十万円アップも
3.ディーラーの下取り査定を受ける
4.「ディーラーの下取り査定額」と、2の「車買取店の最も高い査定額」を競わせる(⇒車の下取り査定額を上乗せする方法。車買取店との競合がコツ
5.最終的に高い方に売却する(ただし、差が2~3万円くらいのときはディーラーへ下取りに出す)
 
このように行えば、愛車を最も高く売ることができ、下取り査定の上乗せも期待できるんですよ。(車を売却するだけの人は、2.で終わればいいです)
 
「愛車を最も高く売りたい」「下取り査定額をアップさせたい」という人は、ぜひ行ってください。
 
 
ただ、たくさんの車買取店を回るのは大変ですよね。
 
そこで便利なのが“車買取一括査定サイト”です。
 
必要項目を入力するだけで、あなたの住んでいる所の複数の車買取店が無料で査定をしてくれるんです。
 
しかも、実際に車を見て査定をするときも、無料で自宅まで来てくれるんです。
 
愛車を高く売るたい人は、車買取一括査定サイトを利用して、複数の車買取店に査定を受けることからスタートです。

当サイト人気一括査定サイトランキング

かんたん車査定ガイド

たった45秒で一流業者が愛車の値段を教えてくれる!

入力項目が少ないので査定依頼がとっても簡単。東証一部上場企業が運営しているので安心ですね。一流の大手買取業者からコダワリの専門業者まで最大10社の一括査定を受けることができますよ。しかも、入力してすぐに概算の最高額も分かるのもGoodです。

車査定比較.com

申し込み後、すぐに買取相場を教えてくれる!

全国の200社以上の質の高い車買取業者と提携し、サイトの運営会社は上場企業なので、安心して利用できる無料買取一括査定サイトです。たった数項目の入力で、最大10社の車買取店から見積りがもらえます。しかも、全国75万台のデータから算出した買取相場を、申し込み後すぐに教えてくれますよ。

カーセンサー.net簡単ネット査定

意外な高値が期待できる一括査定サイト

リクルートが運営しているカーセンサーの一括査定サイト。最大30社から見積もりが届きます。地方の中小買取企業も参加しているため意外な高値が期待できます。さらに、大手では買い取ってくれない車に強いのも特徴です。


車を最も高く売却する方法
愛車を高く売るコツ
車を高く売却する車選び
車買取査定の基本
車買取の裏ネタ
新車を安く購入するコツ
新車を購入する時期
賢い商談方法と予約購入につい
商談を行う販売店選び
お得に新車を買う商談の基本
今月の人気記事
カテゴリー

ページの先頭へ