車の省燃費運転テクニック。速度変化をできるだけ減らそう

目安時間:約 6分

車のカタログやサイトには、JC08モード燃費(カタログ燃費)が記載されています。

 

けれど、カタログ燃費と実燃費に違いがあるのは、ある意味「常識」です。

 

そこでこれまでに、「JC08モード燃費があてにならない理由」や「世界共通の新しいの燃費測定方法が導入される」などについてお話ししました。

 

※燃費測定は、燃費スペシャルカーと低燃費運転のプロドライバーの影響が大きい

実燃費との差が大きいJC08モード燃費が、あてにならない理由とは?

 

※燃費不正問題で揺れた三菱自動車が、カタログ燃費達成率が一番よい

JC08モード燃費達成率ランキング&メーカー別カタログ燃費の達成率

 

※燃費スペシャル仕様は、「等価慣性重量」があるせいで生まれる

車両重量が1kg違うだけで、カタログ燃費の数値は大きく変わる

 

※アメリカもヨーロッパも、日本より測定条件が厳しい

アメリカとヨーロッパのカタログ燃費の測定方法。日本より条件は厳しい

 

※世界中の車と同じ条件で燃費比較できるようになります

新燃費計測法WLTPモードとは?輸入車も同じ条件で比較できるように

 

 

今回は、『車の省燃費運転テクニック』についてお話ししますね。

 

 

50万円以上もたかく売れる可能性も
  • 大切に乗ってきた車だから高く売りたい
  • 下取り査定額を上乗せしたい
  • 今の愛車の価値を知りたい

 

あなたは、これらに悩んでいませんか?

 

このサービスを使えば、50万円以上も高く売ることができる可能性があります。

かんたん車査定ガイド

↑↑↑  

無料でできます

速度は出しすぎない。高速道路では90km/hがベスト|省燃費テクニック

燃費を伸ばすには、「走行速度をできるだけ抑える」ことがポイントになります。

 

燃費を気にしない人は、「自分の気分次第」で走行速度を変え、クルマの流れや気分でアクセルを踏み、てきとうにブレーキをかけています。

 

これでは、燃費はよくなりません。

 

燃費のことを考えたら、一般道ならTOPギアのまま走れる最も低い速度が、一番燃費が良くなります

 

 

高速道路では、速度が低いほど燃費が良くなりますが、遅すぎると周りの車に迷惑ですし、移動にも時間がかかってしまいます。

 

なので、90km/hで走るのが、最もバランスが良いといわれているんです。

 

 

燃費を良くしたいなら、この2つを頭に入れて走ってくださいね。

 

 

クルーズコントロールを利用して、速度変化を減らす|省燃費テクニック

速度変化をできるだけ少なくするのも、燃費向上には効果があります

 

加速すればムダな燃料を使いますし、減速すれば走行エネルギーは摩擦エネルギーになって熱として失われます。

 

なので、90km/hの一定速度で走るのと、80~100km/hの幅で走るのでは、燃費値は大きく違ってきます。

 

 

ただ90km/hをキープする走り方は、意外と大変です。

 

そこで便利なのが、クルーズコントロールやアダプティブクルーズコントロールです。

 

アダプティブクルーズコントロールなら、前方の車との車間距離を保ちながら、一定の速度で走ってくれます。

 

通常のクルーズコントロールなら、混雑しているときを除いて使うと、ムダな加減速を減らしてくれて、燃費向上が期待できます。

 

 

前後の様子を良く見て、緩やかな運転をする|省燃費テクニック

一般道で、燃料を一番ムダにする行為は、前方の信号が赤になっていたり、渋滞が始まっていたりするのが分かっているのに、アクセルを踏んで加速することです。

 

ブレーキをかけるのが分かっているのに、アクセルを踏むのは完璧にガソリンのムダ使いです。

 

 

では、どうすればいいかというと、信号が赤になったり、なりそうだったりしたら、バックミラーで後ろを見て後続車がいないなら加速はやめて、速度一定&徐々に速度を落とせばいいんです。

 

ただし、後続車がいる場合にこのような運転をするとイライラされてしまうので、後続車がいるときはゆるい加速をしながらも、最低限の速度で走るといいですよ。

 

この走り方ができると、燃費はあっという間に向上します。

 

 

このように、燃費を向上させるテクニックは、いろいろなものがあります。

 

環境のためにも、自分のお財布のためにも、省燃費運転を心がけてください。

 

次回も、省燃費テクニックを紹介しますね。

タグ:  

カテゴリ:車のおもしろい豆知識 

愛車を高額買取してもらう方法。車買取一括査定の利用がポイント

車を高く売るためには、普通にディーラーの下取り査定や車買取店の査定を受けるだけではダメです。
 
複数の車買取店やディーラーの査定を受け、価格競争させることが重要です。
 
これをすることで、1店舗だけの査定よりも、数十万円以上も高く売ることができる可能性があるんです。
 
 
方法は簡単です。
 
以下のような流れで行えばいいんです。
 
1.車買取一括査定サイトを利用して、複数の車買取店から査定を受ける
2.複数の車買取店を競合させて、最も高い査定額を引き出す(⇒車買取で最も高い査定額を得る交渉術。買取価格が数十万円アップも
3.ディーラーの下取り査定を受ける
4.「ディーラーの下取り査定額」と、2の「車買取店の最も高い査定額」を競わせる(⇒車の下取り査定額を上乗せする方法。車買取店との競合がコツ
5.最終的に高い方に売却する(ただし、差が2~3万円くらいのときはディーラーへ下取りに出す)
 
このように行えば、愛車を最も高く売ることができ、下取り査定の上乗せも期待できるんですよ。(車を売却するだけの人は、2.で終わればいいです)
 
「愛車を最も高く売りたい」「下取り査定額をアップさせたい」という人は、ぜひ行ってください。
 
 
ただ、たくさんの車買取店を回るのは大変ですよね。
 
そこで便利なのが“車買取一括査定サイト”です。
 
必要項目を入力するだけで、あなたの住んでいる所の複数の車買取店が無料で査定をしてくれるんです。
 
しかも、実際に車を見て査定をするときも、無料で自宅まで来てくれるんです。
 
愛車を高く売るたい人は、車買取一括査定サイトを利用して、複数の車買取店に査定を受けることからスタートです。

当サイト人気一括査定サイトランキング

かんたん車査定ガイド

たった45秒で一流業者が愛車の値段を教えてくれる!

入力項目が少ないので査定依頼がとっても簡単。東証一部上場企業が運営しているので安心ですね。一流の大手買取業者からコダワリの専門業者まで最大10社の一括査定を受けることができますよ。しかも、入力してすぐに概算の最高額も分かるのもGoodです。

車査定比較.com

申し込み後、すぐに買取相場を教えてくれる!

全国の200社以上の質の高い車買取業者と提携し、サイトの運営会社は上場企業なので、安心して利用できる無料買取一括査定サイトです。たった数項目の入力で、最大10社の車買取店から見積りがもらえます。しかも、全国75万台のデータから算出した買取相場を、申し込み後すぐに教えてくれますよ。

カーセンサー.net簡単ネット査定

意外な高値が期待できる一括査定サイト

リクルートが運営しているカーセンサーの一括査定サイト。最大30社から見積もりが届きます。地方の中小買取企業も参加しているため意外な高値が期待できます。さらに、大手では買い取ってくれない車に強いのも特徴です。


愛車を高く売りたいなら必見!

↑↑↑

【無料でできます!】

愛車を高く売りたいなら必見!

↑↑↑

【無料でできます!】

車を最も高く売却する方法
愛車を高く売るコツ
車を高く売却する車選び
車買取査定の基本
車買取の裏ネタ
新車を安く購入するコツ
新車を購入する時期
賢い商談方法と予約購入につい
商談を行う販売店選び
お得に新車を買う商談の基本
今月の人気記事
カテゴリー

ページの先頭へ