車の燃費の疑問。ディーゼル車はなぜ燃費がいい?車載燃料計の仕組みとは?

目安時間:約 7分

近年は、環境意識が高い人が増え、燃費を気にする人が増えました。

 

燃費が良くなれば、環境にもお財布にも優しいですもんね。

 

そこでこれまでに、燃費を良くする「省燃費運転テクニック」や「燃費を悪化させる運転」などについてお話ししました。

 

 

※燃費向上には速度は出しすぎない

車の省燃費運転テクニック。速度変化をできるだけ減らそう

 

※遅すぎる加速は、かえって燃費を悪化させます

寒さを少し我慢して燃費UP。ハイブリッドカーはブレーキが燃費に影響|車の省燃費運転テクニック2

 

※駐車時のアイドリングは、かなりガソリンを消費します

駐停車時のアイドリングはNG|車の燃費を悪化させる運転

 

 

今回は、『車の燃費にまつわる疑問』についてお話ししますね。

 

 

「愛車を高く売りたい」 が現実になる方法
  • 大切に乗ってきた車だから高く売りたい
  • 下取り査定額を上乗せしたい
  • 今の愛車の価値を知りたい

 

毎月100人以上が利用する方法で、あなたのこの悩みを解決できます。

⇒詳細はこちらをクリック

車載燃料計は、どんな仕組みになっているの?

最近は、車載燃料計を搭載している車が多くなりました。

 

この車載燃料計は、「燃料噴射装置から噴射された燃料の量」と、「車速センサーから拾った走行距離」のデータを使い、平均燃費を算出しています。

 

瞬間燃費は、この数値を数秒ごとに表示しています。

 

この車載燃料計の信頼性は、

 

スバルは「実燃費に対して5%以内に収まるようにしている」とのことで、他社もほぼ同様。燃料噴射の量は排ガス規制にも関係することなので、その精度は高いのだ。

(引用元:ベストカー)

 

と、かなり高いんですよ。

 

ディーゼル車の燃費が良いのはなぜ?

ディーゼル車は、ガソリン車より燃費が良いです。

 

なぜ燃費が良いかというと、ガソリンエンジンよりディーゼルエンジンの方が、熱効率が良いからなんです。

 

「ガソリンエンジンは圧縮した混合気にスパークプラグで火をつけますが、ディーゼルエンジンは圧縮して高温になった空気に噴射ノズルから燃料が出た瞬間に燃焼が始まります。

 

変なたとえですが塩水を考えてみてください。ガソリンエンジンは水に塩を入れてかき混ぜ、きれいに混合させる必要があるけど、ディーゼルエンジンは真水に塩をポトンと入れるだけでいいというイメージ。空燃比がどんなに薄くても安定した燃焼が可能です。しかも燃料の量で出力が決まりますから、空気絞り弁(スロットル)が必要なく、部分負荷領域でもポンピングロスがありません。このあたりが、ディーゼルが“熱効率がいい”という理屈の中核。それで車両に積んだ時の燃費もよくなるわけです」

(引用元:ベストカー)

 

近年は、クリーンディーゼルエンジンの登場で、ディーゼルエンジンが見直されています。

 

排ガスがもっとキレイになったら、さらにディーゼルエンジンの人気が出てきそうですね。

 

 

アイドリングストップの効果はどのくらいある?

燃費を良くする機能といえば、アイドリングストップがあります。

 

このアイドリングストップの効果は以外に高く、かなり燃費が良くなるんです。

 

カー雑誌『ベストカー』が、ハスラー(スズキ)で同じコースを走り、アイドリングストップをONとOFFで燃費を比べたときは、

 

・アイドリングストップあり:16.4km/L

・アイドリングストップなし:11.4km/L

 

と思いっきり差がついたんです。(5.3kmのコースで9回信号待ちがあった)

 

アイドリングストップは、予想以上に効果があるんです。

 

これだけ差が出るというのは驚きですよね。

 

 

世界のガソリン価格は?

燃費が気になる人は、ガソリン価格も気になりますよね。

 

そこで、世界のガソリン価格を紹介しますね。(2016年5月現在。1Lあたりの価格。1ドル109円で換算)

 

その結果が、以下の表です。

 

これをみると、中東の石油産油国はガソリンが安くてうらやましいですが、一方で、欧州などはかなり高くてびっくりしますね。

 

日本は、ガソリンの約半分が税金ですが、それでも世界をみると中間くらいの価格なんです。

 

クエート 24.0円
サウジアラビア 26.2円
イラン 43.6円
マレーシア 45.8円
ロシア 61.0円
インドネシア 63.2円
イラク 69.8円
アメリカ 70.9円
台湾 79.6円
チュニジア 82.8円
メキシコ 83.9円
ケニヤ 92.7円
タイ 99.2円
中国 101.4円
インド 105.7円
日本 114.5円
ブラジル 114.5円
韓国 128.6円
キューバ 148.2円
ドイツ 161.3円
フランス 162.4円
トルコ 165.7円
イギリス 171.1円
イスラエル 172.2円
香港 201.7円

(引用元:ベストカー)

愛車を高額買取してもらう方法。車買取一括査定の利用がポイント

車を高く売るためには、普通にディーラーの下取り査定や車買取店の査定を受けるだけではダメです。
 
複数の車買取店やディーラーの査定を受け、価格競争させることが重要です。
 
これをすることで、1店舗だけの査定よりも、数十万円以上も高く売ることができる可能性があるんです。
 
 
方法は簡単です。
 
以下のような流れで行えばいいんです。
 
1.車買取一括査定サイトを利用して、複数の車買取店から査定を受ける
2.複数の車買取店を競合させて、最も高い査定額を引き出す(⇒車買取で最も高い査定額を得る交渉術。買取価格が数十万円アップも
3.ディーラーの下取り査定を受ける
4.「ディーラーの下取り査定額」と、2の「車買取店の最も高い査定額」を競わせる(⇒車の下取り査定額を上乗せする方法。車買取店との競合がコツ
5.最終的に高い方に売却する(ただし、差が2~3万円くらいのときはディーラーへ下取りに出す)
 
このように行えば、愛車を最も高く売ることができ、下取り査定の上乗せも期待できるんですよ。(車を売却するだけの人は、2.で終わればいいです)
 
「愛車を最も高く売りたい」「下取り査定額をアップさせたい」という人は、ぜひ行ってください。
 
 
ただ、たくさんの車買取店を回るのは大変ですよね。
 
そこで便利なのが“車買取一括査定サイト”です。
 
必要項目を入力するだけで、あなたの住んでいる所の複数の車買取店が無料で査定をしてくれるんです。
 
しかも、実際に車を見て査定をするときも、無料で自宅まで来てくれるんです。
 
愛車を高く売るたい人は、車買取一括査定サイトを利用して、複数の車買取店に査定を受けることからスタートです。

当サイト人気一括査定サイトランキング

かんたん車査定ガイド

たった45秒で一流業者が愛車の値段を教えてくれる!

入力項目が少ないので査定依頼がとっても簡単。東証一部上場企業が運営しているので安心ですね。一流の大手買取業者からコダワリの専門業者まで最大10社の一括査定を受けることができますよ。しかも、入力してすぐに概算の最高額も分かるのもGoodです。

車査定比較.com

申し込み後、すぐに買取相場を教えてくれる!

全国の200社以上の質の高い車買取業者と提携し、サイトの運営会社は上場企業なので、安心して利用できる無料買取一括査定サイトです。たった数項目の入力で、最大10社の車買取店から見積りがもらえます。しかも、全国75万台のデータから算出した買取相場を、申し込み後すぐに教えてくれますよ。

カーセンサー.net簡単ネット査定

意外な高値が期待できる一括査定サイト

リクルートが運営しているカーセンサーの一括査定サイト。最大30社から見積もりが届きます。地方の中小買取企業も参加しているため意外な高値が期待できます。さらに、大手では買い取ってくれない車に強いのも特徴です。


車を最も高く売却する方法
愛車を高く売るコツ
車を高く売却する車選び
車買取査定の基本
車買取の裏ネタ
新車を安く購入するコツ
新車を購入する時期
賢い商談方法と予約購入につい
商談を行う販売店選び
お得に新車を買う商談の基本
今月の人気記事
カテゴリー

ページの先頭へ