JC08モード燃費達成率ランキング&メーカー別カタログ燃費の達成率

目安時間:約 8分

車のカタログや自動車メーカーのサイトには、JC08モード燃費(カタログ燃費)が記載されています。

 

けれど、JC08モード燃費(カタログ燃費)と実燃費に差があることは、ある意味「常識」です。

 

そこで前回、JC08モード燃費が、あてにならない理由についてお話ししました。

 

※燃費測定は、燃費スペシャルカーと低燃費運転のプロドライバーの影響が大きい

実燃費との差が大きいJC08モード燃費が、あてにならない理由とは?

 

今回は、『JC08モード燃費の達成率ランキング。ベスト&ワースト10』と、『メーカー別カタログ燃費の達成率』についてお話ししますね。

 

なんと、燃費不正問題で話題となった、あの自動車メーカーが燃費達成率で一番良かったんですよ。

 

 

「愛車を高く売りたい」 が現実になる方法
  • 大切に乗ってきた車だから高く売りたい
  • 下取り査定額を上乗せしたい
  • 今の愛車の価値を知りたい

 

毎月100人以上が利用する方法で、あなたのこの悩みを解決できます。

⇒詳細はこちらをクリック

JC08モード燃費の達成率N0.1は、三菱アウトランダーPHEV

JC08モード燃費(カタログ燃費)と実燃費には差がありますが、実際に、どのくらい差があるのでしょうか?

 

そこで、62万人の会員から送られてくる実燃費のデータを管理している「e燃費」から調査しました。

 

5月15日時点での直近60日以内のデータによる、カタログ燃費達成率のベスト10とワースト10は、以下の表のようになりました。

 

e燃費データによるJC08モード燃費の達成率ベスト&ワースト10
■ベスト10
順位 車名 実燃費 JC08モード燃費 達成率
三菱 アウトランダーPHEV 21.58km/L 20.2km/L 111.25%
プジョー308 12.30km/L 11.2~11.4km/L 107.91%
ボルボV60 10.03km/L 8.9~11.4km/L 100.85%
トヨタ ランクルプラド(ディーゼル) 11.12km/L 11.8km/L 96.73%
トヨタ アベンシスワゴン 12.90km/L 13.6km/L 94.83%
アバルト500 13.91km/L 14.9km/L 93.55%
トヨタ ランクル200 6.29km/L 6.9km/L 93.20%
三菱 パジェロ(ディーゼル) 9.56km/L 9.3~10.4km/L 91.92%
スバル BRZ 12.03km/L 13.4km/L 91.83%
10 プジョー308SW 10.37km/L 11.4~11.5km/L 90.16%
■ワースト10
ダイハツ キャスト 16.80km/L 30.0km/L 56.00%
スバル インプレッサスポーツハイブリッド 12.03km/L 20.4km/L 58.99%
三菱 eKワゴン 17.52km/L 29.2km/L 60.00%
ホンダ オデッセイハイブリッド 15.96km/L 26.0km/L 61.40%
BMW3シリーズツーリング 10.15km/L 16.4km/L 61.87%
トヨタ アクア 22.65km/L 37.0km/L 62.56%
スバル XVハイブリッド 12.56km/L 20.0km/L 62.79%
ダイハツ ウェイク 14.76km/L 23.8km/L 62.82%
スズキ ワゴンR 20.06km/L 33.0km/L 62.88%
10 日産 フーガハイブリッド 10.47km/L 16.6km/L 63.07%

(引用元:ベストカー)

 

この表をみると、ナンバーワンは、三菱アウトランダーPHEVでした。

 

なんと三菱アウトランダーPHEVは、JC08モード燃費よりも実燃費の方が良いという結果なんです。

 

EVで走ることが出来る距離が長いPHEVは、JC08モード燃費と実燃費に差が出やすいです。

 

けれど、良い方向に実燃費が出るなら、ドライバーも嬉しいですよね。

 

 

一方、ワースト1位はキャスト(ダイハツ)、2位はインプレッサスポーツ(スバル)、3位はeKワゴン(三菱)となりました。

 

さらに、ワースト10の順位を見ていくと、JC08モード燃費の数値をウリとしている車種がずらりと並んでいます。

 

低燃費をウリにしている車には、JC08モード燃費測定時に“JC08モードスペシャル”が多いことが分かりますね。

 

 

全体としては、JC08モード燃費の低い車種は達成率がよく、JC08モード燃費の数値が高い車種は達成率が悪いことが分かります。

 

 

メーカー別のカタログ燃費の達成率で最も良いのは三菱に

さらに、カー雑誌『ベストカー』が、e燃費のデータを独自に算出して、メーカー別のJC08モード燃費(カタログ燃費)の達成率を算出。

 

その結果をみると、三菱自動車が1位でした。

 

なんと、燃費達成率80%に近い数字となったんです。

 

e燃費データによるメーカー別カタログ燃費の達成率
三菱 79.58%(12車種)
輸入車全般 77.35%(51車種)
マツダ 76.85%(14車種)
日産 76.16%(17車種)
ホンダ 74.97%(30車種)
スバル 74.86%(11車種)
トヨタ 74.18%(45車種)
スズキ 73.81%(16車種)
ダイハツ 67.32%(7車種)
全メーカー平均(輸入車含む) 73.21%(203車種)

(引用元:ベストカー)

 

三菱自動車は、燃費不正という大きな問題を起こしました。

 

けれど、JC08モード燃費と実燃費との差が小さい、という自動車メーカーでもあったんです。

 

不正などせずに正しく行っていれば、今頃はもっと評価されていたのかもしれませんね。

愛車を高額買取してもらう方法。車買取一括査定の利用がポイント

車を高く売るためには、普通にディーラーの下取り査定や車買取店の査定を受けるだけではダメです。
 
複数の車買取店やディーラーの査定を受け、価格競争させることが重要です。
 
これをすることで、1店舗だけの査定よりも、数十万円以上も高く売ることができる可能性があるんです。
 
 
方法は簡単です。
 
以下のような流れで行えばいいんです。
 
1.車買取一括査定サイトを利用して、複数の車買取店から査定を受ける
2.複数の車買取店を競合させて、最も高い査定額を引き出す(⇒車買取で最も高い査定額を得る交渉術。買取価格が数十万円アップも
3.ディーラーの下取り査定を受ける
4.「ディーラーの下取り査定額」と、2の「車買取店の最も高い査定額」を競わせる(⇒車の下取り査定額を上乗せする方法。車買取店との競合がコツ
5.最終的に高い方に売却する(ただし、差が2~3万円くらいのときはディーラーへ下取りに出す)
 
このように行えば、愛車を最も高く売ることができ、下取り査定の上乗せも期待できるんですよ。(車を売却するだけの人は、2.で終わればいいです)
 
「愛車を最も高く売りたい」「下取り査定額をアップさせたい」という人は、ぜひ行ってください。
 
 
ただ、たくさんの車買取店を回るのは大変ですよね。
 
そこで便利なのが“車買取一括査定サイト”です。
 
必要項目を入力するだけで、あなたの住んでいる所の複数の車買取店が無料で査定をしてくれるんです。
 
しかも、実際に車を見て査定をするときも、無料で自宅まで来てくれるんです。
 
愛車を高く売るたい人は、車買取一括査定サイトを利用して、複数の車買取店に査定を受けることからスタートです。

当サイト人気一括査定サイトランキング

かんたん車査定ガイド

たった45秒で一流業者が愛車の値段を教えてくれる!

入力項目が少ないので査定依頼がとっても簡単。東証一部上場企業が運営しているので安心ですね。一流の大手買取業者からコダワリの専門業者まで最大10社の一括査定を受けることができますよ。しかも、入力してすぐに概算の最高額も分かるのもGoodです。

車査定比較.com

申し込み後、すぐに買取相場を教えてくれる!

全国の200社以上の質の高い車買取業者と提携し、サイトの運営会社は上場企業なので、安心して利用できる無料買取一括査定サイトです。たった数項目の入力で、最大10社の車買取店から見積りがもらえます。しかも、全国75万台のデータから算出した買取相場を、申し込み後すぐに教えてくれますよ。

カーセンサー.net簡単ネット査定

意外な高値が期待できる一括査定サイト

リクルートが運営しているカーセンサーの一括査定サイト。最大30社から見積もりが届きます。地方の中小買取企業も参加しているため意外な高値が期待できます。さらに、大手では買い取ってくれない車に強いのも特徴です。


車を最も高く売却する方法
愛車を高く売るコツ
車を高く売却する車選び
車買取査定の基本
車買取の裏ネタ
新車を安く購入するコツ
新車を購入する時期
賢い商談方法と予約購入につい
商談を行う販売店選び
お得に新車を買う商談の基本
今月の人気記事
カテゴリー

ページの先頭へ