エンジンの整理学。ガソリンターボやディーゼルの特徴やメリット

目安時間:約 6分

昔は、クルマのパワーユニットといえば、ガソリンエンジンかディーゼルエンジンしかありませんでした。

 

けれど近年は、モーターを使ったパワーユニット(ハイブリッドなど)が登場して、選択肢がとても多くなりました。

 

エンジン&パワーユニットは、車の原動力で、走行性能から燃費までさまざまな機能に影響してきます。

 

そこで、種類が増えたパワーユニットの整理として、『エンジン&パワーユニットの整理学』についてお話ししますね。

 

あわせてメリット、デメリットなどもお話ししますね。

 

 

50万円以上もたかく売れる可能性も
  • 大切に乗ってきた車だから高く売りたい
  • 下取り査定額を上乗せしたい
  • 今の愛車の価値を知りたい

 

あなたは、これらに悩んでいませんか?

 

このサービスを使えば、50万円以上も高く売ることができる可能性があります。

かんたん車査定ガイド

↑↑↑  

無料でできます

エンジンだけで駆動するタイプ

エンジン&パワーユニットには、

 

・エンジンだけで駆動するタイプ

・エンジンとモーターを併用するタイプ

・モーターのみで駆動するタイプ

 

の3つがあります。

 

まずは、エンジンだけで駆動するタイプについて紹介しますね。

 

ガソリンエンジン

ガソリンエンジン(ノーマルガソリンエンジン)は、ハイブリッドや電気自動車の登場で、以前よりも注目を浴びることが少なくなりました。

 

けれど、ガソリンエンジンは、ターボやハイブリッドなどのベースとなる重要なパワーユニットです。

 

製造や廃棄段階における環境負荷が小さくて、運転感覚も自然です。

 

 

可変バルブタイミングシステムや直噴式、摩擦抵抗の低減などの、細かな技術を採用して、燃焼効率を高めています。

 

アイドリングストップ機構も普及して、軽自動車やコンパクトカーの燃費は、10年ほど前と比べて約150%まで向上しました。

 

 

【ガソリンエンジンのメリット・デメリット】

ガソリンエンジンのメリットは、他のパワーユニットと比べて部品点数が少ないので、エンジンの価格が安いことです。

 

軽量でコンパクト(=燃費や動力性能に有利)ということもメリットです。

 

 

一方、デメリットは、ハイブリッドやクリーンディーゼルターボと比べて、燃費数値が見劣ることです。

 

イメージ的にも地味な感じがします。

 

ガソリンターボ

ターボチャージャーは、排気ガスの力を使って圧縮された空気を作り、多量の燃料を燃焼させて高出力を得ます。

 

軽自動車は、排気量の不足(パワーの不足)を補うために、昔からターボを使うことが多いです。

 

 

また、ターボは高出力を得ることができるので、排気量の大きなノーマルエンジンの代わりに、排気量を小さくしてターボをつけることで、低燃費&排気ガスの削減に使うことができます。

 

巡行時には小さな排気量を生かして燃費を節約して、必要なときにはターボを作動させて高出力を得ます。

 

ターボは、昔は動力性能を高める技術でしたが、今は、「ダウンサイジングターボ」のように燃費をよくするなど環境技術として使われることが多くなりました

 

 

【ガソリンターボのメリット・デメリット】

基本がガソリンエンジンなので、運転感覚が自然というメリットがあります。

 

低回転から高いパワーを得ることができ、高回転の吹き上がりも自然です。

 

 

一方で、効率はディーゼルエンジンに負けてしまい、燃費は同じ性能を発揮する排気量の大きなノンターボエンジンと比べて、大差ない車種もあります。

 

クリーンディーゼルターボ

軽油を燃料とするディーゼルエンジンは、熱効率が優れていて、実用回転域での高い動力性能と低燃費を両立しています。

 

近年は、さらに燃焼効率が良くなり、排気ガスの後処理技術が進化したことでクリーン性能もアップしました。

 

燃料の軽油は安いので、燃料代はハイブリッドカー並みで、動力性能は高いです。

 

 

【クリーンディーゼルターボのメリット・デメリット】

クリーンディーゼルターボのメリットは、実用回転域の駆動力が高いところです。

 

また、燃料の軽油の価格が安く、燃料消費量が少ないこともメリットです。

 

 

一方、高回転の吹き上がりが鈍く、独特なノイズと振動があるのもデメリットです。

 

エンジン自体の価格が高く、車両価格はガソリン車よりも25~40万円ほど高くなってしまうのもデメリットです。

 

 

エンジンのみで駆動するパワーユニットには、このような特徴があります。

 

次回も続きとして、

 

・エンジンとモーターを併用するタイプ

・モーターのみで駆動するタイプ

 

についてお話ししますね。

愛車を高額買取してもらう方法。車買取一括査定の利用がポイント

車を高く売るためには、普通にディーラーの下取り査定や車買取店の査定を受けるだけではダメです。
 
複数の車買取店やディーラーの査定を受け、価格競争させることが重要です。
 
これをすることで、1店舗だけの査定よりも、数十万円以上も高く売ることができる可能性があるんです。
 
 
方法は簡単です。
 
以下のような流れで行えばいいんです。
 
1.車買取一括査定サイトを利用して、複数の車買取店から査定を受ける
2.複数の車買取店を競合させて、最も高い査定額を引き出す(⇒車買取で最も高い査定額を得る交渉術。買取価格が数十万円アップも
3.ディーラーの下取り査定を受ける
4.「ディーラーの下取り査定額」と、2の「車買取店の最も高い査定額」を競わせる(⇒車の下取り査定額を上乗せする方法。車買取店との競合がコツ
5.最終的に高い方に売却する(ただし、差が2~3万円くらいのときはディーラーへ下取りに出す)
 
このように行えば、愛車を最も高く売ることができ、下取り査定の上乗せも期待できるんですよ。(車を売却するだけの人は、2.で終わればいいです)
 
「愛車を最も高く売りたい」「下取り査定額をアップさせたい」という人は、ぜひ行ってください。
 
 
ただ、たくさんの車買取店を回るのは大変ですよね。
 
そこで便利なのが“車買取一括査定サイト”です。
 
必要項目を入力するだけで、あなたの住んでいる所の複数の車買取店が無料で査定をしてくれるんです。
 
しかも、実際に車を見て査定をするときも、無料で自宅まで来てくれるんです。
 
愛車を高く売るたい人は、車買取一括査定サイトを利用して、複数の車買取店に査定を受けることからスタートです。

当サイト人気一括査定サイトランキング

かんたん車査定ガイド

たった45秒で一流業者が愛車の値段を教えてくれる!

入力項目が少ないので査定依頼がとっても簡単。東証一部上場企業が運営しているので安心ですね。一流の大手買取業者からコダワリの専門業者まで最大10社の一括査定を受けることができますよ。しかも、入力してすぐに概算の最高額も分かるのもGoodです。

車査定比較.com

申し込み後、すぐに買取相場を教えてくれる!

全国の200社以上の質の高い車買取業者と提携し、サイトの運営会社は上場企業なので、安心して利用できる無料買取一括査定サイトです。たった数項目の入力で、最大10社の車買取店から見積りがもらえます。しかも、全国75万台のデータから算出した買取相場を、申し込み後すぐに教えてくれますよ。

カーセンサー.net簡単ネット査定

意外な高値が期待できる一括査定サイト

リクルートが運営しているカーセンサーの一括査定サイト。最大30社から見積もりが届きます。地方の中小買取企業も参加しているため意外な高値が期待できます。さらに、大手では買い取ってくれない車に強いのも特徴です。


愛車を高く売りたいなら必見!

↑↑↑

【無料でできます!】

愛車を高く売りたいなら必見!

↑↑↑

【無料でできます!】

車を最も高く売却する方法
愛車を高く売るコツ
車を高く売却する車選び
車買取査定の基本
車買取の裏ネタ
新車を安く購入するコツ
新車を購入する時期
賢い商談方法と予約購入につい
商談を行う販売店選び
お得に新車を買う商談の基本
今月の人気記事
カテゴリー

ページの先頭へ