エンジンルームの掃除(ディテーリング)のコツ。水洗いも可能です

目安時間:約 5分

車を大切にしている人は、こまめに愛車を洗車しますよね。

 

そのとき、ボディや室内など全体をきれいにしますが、細かなところ(ディテール)まで行っている人は少ないです。

 

そこで前回、「足回りやタイヤなど細かい部分の掃除(ディテーリング)」についてお話ししました。

 

※ホイールの細かなところや、ホイールハウス内もきれいにしよう

タイヤやホイールなど細かい部分の掃除(ディテーリング)のコツ

 

今回は続きとして、『エンジンルーム内の細かな掃除(ディテーリング)のコツ』についてお話ししますね。

 

 

「愛車を高く売りたい」 が現実になる方法
  • 大切に乗ってきた車だから高く売りたい
  • 下取り査定額を上乗せしたい
  • 今の愛車の価値を知りたい

 

毎月100人以上が利用する方法で、あなたのこの悩みを解決できます。

⇒詳細はこちらをクリック

エンジンルームの掃除は、故障の早期発見につながる

エンジンルーム内をきれいにしても、走りの性能が変わるわけではありません。

 

けれどエンジンルームは、走行風が入ってくるところなので、かなり汚れています。

 

砂やごみ、油などさまざまな物によって汚れてしまいます。

 

このような汚れを取ることは、気分が良いですし、オイル漏れや部品の破損を発見しやすくなり、故障などの早期発見につながるんです。

 

エンジンルーム内は汚れていて当然と思わずに、車のためにもときどききれいにしてあげてくださいね。

 

 

エンジンルーム内の清掃(ディテーリング)は、タオル(雑巾)やクリーナー、ブラシなどでできます。

 

まずは全体をタオルで簡単に拭きます

 

こうすることで、汚れ具合を把握することができますよ。

 

エンジンルーム内は、凸凹が多いので、タオルやブラシを使って根気よくきれいにしてくださいね。

 

 

エンジンルーム内をきれいに保つには、コーティング剤

エンジンルーム内は、上でお話しした方法できれいにするだけでも十分です。

 

けれど、せっかくならきれいな状態を、少しでも長く保ちたいですよね。

 

 

そこでひと手間として、コーティングです。

 

ただし注意なのですが、素材別に保護の方法を変える必要があります。

 

素材別に保護方法を変えてやる必要があるわけで、まず塗装部分はボディ用のコーティング剤がオススメ。ワックスでもいいが、油性だと汚れの再付着が気になる。一方、樹脂部分は一般的な保護つや出し剤を使う。こちらは油分が入っているので、乾拭きで余分な成分は取り除いておく。

(引用元:CARトップ)

 

このように、塗装部分にはコーティング剤、樹脂部分には保護つや出し剤を使うといいんです。

 

 

樹脂部分につかう保護つや出し材は、ゴム部分にも塗ってOKです。

 

塗り終わったら、樹脂部分と同様に、乾拭きをして余分な成分をふき取ってくださいね。

 

 

塗装部分に使うコーティング剤は、最近増えているお手軽系のガラスコーティングがおすすめです。

 

油性じゃないのでべとつかないですし、強力に保護してくれますよ。

 

 

エンジンルーム内は、水洗いOK!?

実は、エンジンルーム内は、丸洗いできるんです。

 

車検の時など、プロは点検しやすいようにスチームなどで洗うことも多いんです。

 

専用のケミカル剤も出ているくらいで、指示にしたがって行えば大丈夫です。

 

 

ただし要注意なのは、電気系統です。

 

バッテリーや発電機、コネクターなどの電気系統は、袋などをかぶせてしっかり防水してくださいね。

 

水洗いした後は乾いたタオルなどで拭く上げてください。

 

最終的にエンジンがかかればOKですよ。

 

 

水洗いすれば、簡単にエンジンルーム内をきれいにできますが、故障が心配な人は、水洗いをせずに拭く方法できれいにしてくださいね。

愛車を高額買取してもらう方法。車買取一括査定の利用がポイント

車を高く売るためには、普通にディーラーの下取り査定や車買取店の査定を受けるだけではダメです。
 
複数の車買取店やディーラーの査定を受け、価格競争させることが重要です。
 
これをすることで、1店舗だけの査定よりも、数十万円以上も高く売ることができる可能性があるんです。
 
 
方法は簡単です。
 
以下のような流れで行えばいいんです。
 
1.車買取一括査定サイトを利用して、複数の車買取店から査定を受ける
2.複数の車買取店を競合させて、最も高い査定額を引き出す(⇒車買取で最も高い査定額を得る交渉術。買取価格が数十万円アップも
3.ディーラーの下取り査定を受ける
4.「ディーラーの下取り査定額」と、2の「車買取店の最も高い査定額」を競わせる(⇒車の下取り査定額を上乗せする方法。車買取店との競合がコツ
5.最終的に高い方に売却する(ただし、差が2~3万円くらいのときはディーラーへ下取りに出す)
 
このように行えば、愛車を最も高く売ることができ、下取り査定の上乗せも期待できるんですよ。(車を売却するだけの人は、2.で終わればいいです)
 
「愛車を最も高く売りたい」「下取り査定額をアップさせたい」という人は、ぜひ行ってください。
 
 
ただ、たくさんの車買取店を回るのは大変ですよね。
 
そこで便利なのが“車買取一括査定サイト”です。
 
必要項目を入力するだけで、あなたの住んでいる所の複数の車買取店が無料で査定をしてくれるんです。
 
しかも、実際に車を見て査定をするときも、無料で自宅まで来てくれるんです。
 
愛車を高く売るたい人は、車買取一括査定サイトを利用して、複数の車買取店に査定を受けることからスタートです。

当サイト人気一括査定サイトランキング

かんたん車査定ガイド

たった45秒で一流業者が愛車の値段を教えてくれる!

入力項目が少ないので査定依頼がとっても簡単。東証一部上場企業が運営しているので安心ですね。一流の大手買取業者からコダワリの専門業者まで最大10社の一括査定を受けることができますよ。しかも、入力してすぐに概算の最高額も分かるのもGoodです。

車査定比較.com

申し込み後、すぐに買取相場を教えてくれる!

全国の200社以上の質の高い車買取業者と提携し、サイトの運営会社は上場企業なので、安心して利用できる無料買取一括査定サイトです。たった数項目の入力で、最大10社の車買取店から見積りがもらえます。しかも、全国75万台のデータから算出した買取相場を、申し込み後すぐに教えてくれますよ。

カーセンサー.net簡単ネット査定

意外な高値が期待できる一括査定サイト

リクルートが運営しているカーセンサーの一括査定サイト。最大30社から見積もりが届きます。地方の中小買取企業も参加しているため意外な高値が期待できます。さらに、大手では買い取ってくれない車に強いのも特徴です。


車を最も高く売却する方法
愛車を高く売るコツ
車を高く売却する車選び
車買取査定の基本
車買取の裏ネタ
新車を安く購入するコツ
新車を購入する時期
賢い商談方法と予約購入につい
商談を行う販売店選び
お得に新車を買う商談の基本
今月の人気記事
カテゴリー

ページの先頭へ