タイヤやホイールなど細かい部分の掃除(ディテーリング)のコツ

目安時間:約 7分

車を大切にしている人は、こまめに愛車を洗車しますよね。

 

そのとき、ボディや室内など全体をきれいにしますが、細かなところ(ディテール)まで行っている人は少ないです。

 

そこで、ボディやタイヤなど細かい部分の掃除(ディテーリング)についてお話ししますね。

 

こまかなところまでピカピカにすると、クルマが締まって見えますよ。

 

 

50万円以上もたかく売れる可能性も
  • 大切に乗ってきた車だから高く売りたい
  • 下取り査定額を上乗せしたい
  • 今の愛車の価値を知りたい

 

あなたは、これらに悩んでいませんか?

 

このサービスを使えば、50万円以上も高く売ることができる可能性があります。

かんたん車査定ガイド

↑↑↑  

無料でできます

ホイールのディテーリングは、見えないところもきれいに

ディテーリングとは、もともとアメリカの洗車業界で使われていた言葉で、細かいところまできれいにすることです。

 

日常の洗車では行わないようなところまでピカピカにするということです。

 

 

車のホイールやタイヤは、汚れが目立ちやすい部分で、ここがきれいになっていると全体がビシっと見えます。

 

タイヤは黒いので見えにくいのですが、かなり汚れている部分なんですよ。

 

 

ホイールやタイヤを洗うときは、ホイールクリーナーでもOKですし、カーシャンプーでもOKです。

 

ホイールを洗うときに忘れがちなのが、ホールナットの穴です。

 

ひとつずつスポンジを押し込むようにして、きれいに洗ってくださいね。(ブラシを使ってもいいですよ)

 

 

また、上から見える部分だけでなく、見えない下側の部分も忘れずに洗ってください。

 

スポークやリムの下側も意識してきれいにしてください。

 

 

ホイールは、凸凹が多くて洗いにくいですよね。

 

そんなときのちょっとした裏技として、軍手とゴム手袋を使用した方法があります。

 

まずゴム手袋を手にはめ、その上から軍手をはめて、軍手をタオル代わりとして使うんです。

 

こうすれば、軍手にシャンプーなどをつけて洗えるので、ホイールの裏側やブラシが入らないところなども洗いやすくなりますよ。

 

 

タイヤのディテーリングは、こまめなブラッシングがコツ

色が黒くて見えにくいですが、タイヤはかなり汚れています。

 

ホイールが汚れているのに、タイヤは汚れていないということはないですもんね。

 

しかも、タイヤは汚れを放置すると、タイヤそのものを痛めてしまう可能性があるので要注意です。

 

 

清掃方法は、ホイールと同じでスポンジなどにカーシャンプーをつけて洗えばOKです。

 

ただ、タイヤのサイドには、細かいロゴや表示がたくさんあって、ここに汚れが入っているので、こまめにブラッシングすることがきれいにするコツです。

 

スポンジでは洗いにくい場合は、たわしや歯ブラシを使うのもいいです。

 

ロゴや文字をなぞるように、一つずつ洗っていくときれいになりますよ。

 

 

タイヤを洗った後に、タイヤワックスをつける人も多いですが、ちょっと注意です。

 

油性のタイヤワックスは、タイヤを痛めてしまう可能性があるんです。

 

タイヤワックスのワックス成分が、タイヤの成分を流してしまうようで、タイヤメーカーのカタログにもあまり使わないように書かれているんです。

 

水性のタイヤワックスなら問題ないので、水性のものを使うといいですよ。

 

 

ホイールを外して、中もディテーリング

タイヤやホイールは、あくまでも表面にすぎません。

 

すき間から見えるホイールハウスの中もピカピカにすると、さらに全体が締まって見えますよ。

 

ホイールハウス内をきれいにするには、ホイールを外す必要がありますが、どうしても手までならハンドルを切った状態にして、すき間から手を入れて洗うのも一つの方法です。

 

 

ホイールをはずしたら、ホイールの内側も一緒にきれいに洗っておくといいですよ。

 

忘れがちなところなので、ぜひ行ってくださいね。

 

 

アームやアブソーバーが入り組んでいますが、タオルを回しかけて拭くようにすれば、簡単にきれいになります。

 

また、ホイールハウス内は外からはあまり見えないので、サッと汚れを吹き上げるだけで十分です。

 

頑固な汚れには、クリーナーを使ってもOKです。

 

 

タイヤやホイール、ホイールハウス内をきれいにすると、足元が締まって見えてかっこいいです。

 

時間があるときに、ぜひ足回りのディテーリングにトライしてみてくださいね。

 

 

ちなみに、ホイールハウス内を掃除するときにホイールを外したならば、ついでに点検しておくといいですよ。

 

・ブレーキパッドの残量

・ブレーキローターにキズがないか、段差はないか

・液漏れやグリースの飛び散りはないか

・ブーツに切れ目はないか

 

このくらいなら簡単にチェックできるので、安全のために、故障を未然に防ぐために、ぜひ点検を行ってくださいね。

愛車を高額買取してもらう方法。車買取一括査定の利用がポイント

車を高く売るためには、普通にディーラーの下取り査定や車買取店の査定を受けるだけではダメです。
 
複数の車買取店やディーラーの査定を受け、価格競争させることが重要です。
 
これをすることで、1店舗だけの査定よりも、数十万円以上も高く売ることができる可能性があるんです。
 
 
方法は簡単です。
 
以下のような流れで行えばいいんです。
 
1.車買取一括査定サイトを利用して、複数の車買取店から査定を受ける
2.複数の車買取店を競合させて、最も高い査定額を引き出す(⇒車買取で最も高い査定額を得る交渉術。買取価格が数十万円アップも
3.ディーラーの下取り査定を受ける
4.「ディーラーの下取り査定額」と、2の「車買取店の最も高い査定額」を競わせる(⇒車の下取り査定額を上乗せする方法。車買取店との競合がコツ
5.最終的に高い方に売却する(ただし、差が2~3万円くらいのときはディーラーへ下取りに出す)
 
このように行えば、愛車を最も高く売ることができ、下取り査定の上乗せも期待できるんですよ。(車を売却するだけの人は、2.で終わればいいです)
 
「愛車を最も高く売りたい」「下取り査定額をアップさせたい」という人は、ぜひ行ってください。
 
 
ただ、たくさんの車買取店を回るのは大変ですよね。
 
そこで便利なのが“車買取一括査定サイト”です。
 
必要項目を入力するだけで、あなたの住んでいる所の複数の車買取店が無料で査定をしてくれるんです。
 
しかも、実際に車を見て査定をするときも、無料で自宅まで来てくれるんです。
 
愛車を高く売るたい人は、車買取一括査定サイトを利用して、複数の車買取店に査定を受けることからスタートです。

当サイト人気一括査定サイトランキング

かんたん車査定ガイド

たった45秒で一流業者が愛車の値段を教えてくれる!

入力項目が少ないので査定依頼がとっても簡単。東証一部上場企業が運営しているので安心ですね。一流の大手買取業者からコダワリの専門業者まで最大10社の一括査定を受けることができますよ。しかも、入力してすぐに概算の最高額も分かるのもGoodです。

車査定比較.com

申し込み後、すぐに買取相場を教えてくれる!

全国の200社以上の質の高い車買取業者と提携し、サイトの運営会社は上場企業なので、安心して利用できる無料買取一括査定サイトです。たった数項目の入力で、最大10社の車買取店から見積りがもらえます。しかも、全国75万台のデータから算出した買取相場を、申し込み後すぐに教えてくれますよ。

カーセンサー.net簡単ネット査定

意外な高値が期待できる一括査定サイト

リクルートが運営しているカーセンサーの一括査定サイト。最大30社から見積もりが届きます。地方の中小買取企業も参加しているため意外な高値が期待できます。さらに、大手では買い取ってくれない車に強いのも特徴です。


愛車を高く売りたいなら必見!

↑↑↑

【無料でできます!】

愛車を高く売りたいなら必見!

↑↑↑

【無料でできます!】

車を最も高く売却する方法
愛車を高く売るコツ
車を高く売却する車選び
車買取査定の基本
車買取の裏ネタ
新車を安く購入するコツ
新車を購入する時期
賢い商談方法と予約購入につい
商談を行う販売店選び
お得に新車を買う商談の基本
今月の人気記事
カテゴリー

ページの先頭へ