車を購入するときにカットできる諸費用。値引き以外にもお得に購入するコツ

目安時間:約 13分

新車を少しでも安く購入するために、営業マンとの商談に気合をいれて臨む人は多いですよね。

 

そしてほとんどの人は、本体価格やオプション価格を値引きしてもらいます。

 

しかし、見積書をよく見ると他にもカットできる項目があるのを知っていますか?

 

カットできるのは“諸費用”なのですが、申し出ると数万も得することがあるんです。

 

そこで、『車を購入するときにカットできる諸費用』について詳しくお話ししますね。

 

 

50万円以上もたかく売れる可能性も
  • 大切に乗ってきた車だから高く売りたい
  • 下取り査定額を上乗せしたい
  • 今の愛車の価値を知りたい

 

あなたは、これらに悩んでいませんか?

 

このサービスを使えば、50万円以上も高く売ることができる可能性があります。

かんたん車査定ガイド

↑↑↑  

無料でできます

車を購入するときに必ず必要な書類

最初に、車を購入するときに必要となる書類を紹介しますね。
【車庫証明書】

自宅から半径2km以内で自動車の保管場所を設定して警察に届ける書類です。

 

販売店に代行の依頼もできるし、自分で取得することもできます。

 

 

【印鑑証明書】

登録のときに使う印鑑が実印であることを証明するための書類です。

 

登録のときには1枚必要で、下取り車がある場合にはもう一枚必要です。

 

最寄りの市役所で取得できます。

 

 

【委任状】

登録や名義変更などを販売店や他人に代行をお願いする場合に、頼んだことを証明する書類です。

 

いくつかの手続きを販売店にお願いすることになるので、必ず必要になります。

 

書類は、営業マンが用意してくれるので記入のみ行います。

 

 

【譲渡証明書】

売り手が買い手に対して「この車を譲渡する」ということを表す書類です。

 

実印を押す必要があるので注意が必要です。

 

 

この4つの書類は必ず必要なものです。

 

新車を購入するときは、あらかじめ用意できるものは用意しておくと、手続きがスムーズになりますよ。

 

 

見積り書を確認するために覚えておきたい用語11項目

次に、見積書を見るときに、覚えておくと便利な言葉を紹介しますね。

 

【自動車税】

自動車の排気量に伴って都道府県に納める税金です。

 

新車購入時に、登録の翌月から年度末の分までを納めます。

 

軽自動車の場合は、月割り制度がないので金額は一律です。

 

 

【自動車取得税】

自動車を取得するときに都道府県に納める税金です。

 

新車の場合は(車両本体価格+付属品)×0.9の5%で、軽自動車の場合は(車両本体価格+付属品)×0.9の3%がその額になります。

 

 

【自動車重量税】

自動車の重量に応じて国に支払う税で、車検期間の分をあらかじめ納めます。

 

自動車リサイクル法による還付制度もあります。

 

 

【検査登録手続代行費用】

購入する車両の検査・新規登録や、移転登録を販売店が代行する場合に生じる費用です。

 

これは、複雑な作業なので代行を依頼するのが一般的です。

 

 

【車庫証明手続代行費用】

車庫証明書の申請の手続きを、販売店が代行するときに生じる費用です。

 

最寄りの警察署に地図を書いて書類を提出して取得します。

 

 

【下取車手続代行費用】

下取り車があるときに、使用人の名義を変更したり削除したりする手続きを、販売店が代行する場合にかかる費用です。

 

 

【下取り車査定料】

下取り車がある場合に、その下取り査定額を調べたときの手数料です。

 

5,000円~6,000円掛かりますが、ディーラーによってはカットが可能です。

 

 

【納車費用】

購入した新車を受け取るときに、所定の場所まで車を持ってきてもらうための費用です。

 

自分で店頭に取りに行けば費用はかかりません。

 

 

【検査登録法定費用】

購入した車を使用するには、検査登録を受ける必要があります。

 

この手続きをするために、車を関係官庁へ納入する手数料のことです。

 

 

【法定費用】

検査登録費用や書庫証明費用等のことで、購入した車を使用するために行う手続きの手数料です。

 

消費税の課税は対象外です。

 

 

【注文書】

買い手が「私はこの車を注文します」として、売り手に渡す書類です。

 

作成は営業マンが行なってくれますが、契約書と一緒にしているディーラーもあります。

 

 

注文書の用語はたくさんですが、注文書をチェックするには覚えておくととても便利ですよ。

 

 

車両本体価格とオプション価格以外に、カットできる費用は4つ

見積書の作成してもらったら、書かれている金額の内容は隅々までチェックしてください。

 

新車をお得に購入するには、無駄な出費を少しでもしないで契約に結びつけることが大切です。

 

そこで、少しでも出費を減らすために、以下のような諸費用は、カットを交渉してください。

 

 

●下取り査定料(約5,000円~8,000円)

下取り査定をディーラー側からいってきた場合でも、その後に見積書に記載されていることがほとんどです。

 

商談のときには、この点を指摘してカットしてもらってください。

 

「○○店では、下取り手数料はかかりませんでしたよ」と伝えるのが効果的です。

 

 

●下取り車手続き代行費用(約5,000円)

道路運送車両法においては、購入した側が手続きを行うように定められています

 

そして、ディーラ―が買い手なので、こちらが払う必要はありません。

 

見積書の記載がある場合は、必ずカットしてもらってくださいね。

 

 

●納車費用(約7,000円~10,000円)

自宅まで納車してもらう場合に発生する費用です。

 

ディーラ―に取りに行けば、もちろん費用はかかりません

 

下取り車と交換する形で、ディーラーに購入した車をとりに行くといいですよ。

 

 

●車庫証明手続き代行費用(約11,500円~20,000円)

法定費用の証紙代金は必要ですが、誰にでもできる作業です。

 

自分で車庫証明手続きを行えば、数万円浮かせることができますよ。

 

 

これら4つの諸費用は、カットすることが可能です。

 

けれど、初回の商談でカットの要求をしないでください。

 

商談の初めに「車庫証明は自分で取ります」といってしまうと、その分、値引きが渋られてしまいます。

 

商談の最終段階(契約書にハンコを押す手前くらい)で申し出ることがポイントです。

 

 

車庫証明書の取得方法

カットできる諸費用のうち、唯一手間がかかるのが“車庫証明書の取得”です。

 

しかし、車庫証明書の代行費用は15,000円~20,000円くらいかかるので、自分で取得して少しでも節約したいです。

 

地図を書くことができれば、誰にでも簡単に取得できるので、ぜひ挑戦してみてください。

 

 

1、必要書類を揃える
管轄の警察署の交通課に行き、「車庫証明書の書類をください」といえば、慣れた対応で書類一式をくれます。

 

 

2、必要書類の記入をする
渡される書類は、「保管場所の所在地、配置図」、「自動車保管場所証明申請書」、「保管場所標章交付申請書」、「使用承諾書」の4つです。
「保管場所の所在地、配置図」には、車庫の場所(自宅や契約駐車場)の地図と、敷地のどこに止めるのかを書きます。
ネットの地図サイトなどで調べて書くと簡単に書けますよ。
「自動車保管場所証明書」と「保管場所標章交付申請書」は、車体番号の記入をします。

 

そのため、ディーラーに車が届いたら、教えてもらうようにお願いしておきます。

 

最後に、自宅の場合は自認書を書き、契約駐車場の場合は大家さんに「使用承諾書」を書いてもらってください。

 

 

3、書類を警察署に提出に行く

車庫証明の申請には、都道府県に納める費用がかかります。

 

都道府県によって金額は多少違いますが、2,000円~2,200円くらいです。

 

また、書類の提出のときに、「車の使用本拠地」が確認できる免許証か住民票が必要です。

 

書類、お金、免許証、または、住民票をもって申請に行きます。

 

万が一、書類に不備があっても、その場で警察官が教えてくれるので心配ないですよ。

 

 

4、一週間くらいで車庫証明ができるので取りに行く

書類を提出すると、「○○日できます」といわれるので取りに行きます。

 

受け取るときに「保管場所標章」ステッカー代(500円くらい)を支払い、2枚の書類を受け取って車庫証明の取得は完了です。

 

その中の「保管場所証明書」はディーラーの営業マンに渡し、「保管場所標章番号通知書」は自分では保管、ステッカーは新車に貼ります。

 

 

基本的に車庫証明書が必要なのは普通車(登録車)の購入のときですが、都道府県によっては軽自動車でも保管場所の届け出が必要な場合があります。

 

しかし、普通車(登録車)とは違って、費用は、保管場所標章のステッカー代金(500円位)だけです。

 

書類は、普通車とほとんど同じですが、申請ではなく届け出なので即日交付してくれる警察署もあります。

 

契約駐車場の人は、早めに書類を揃えておくとスムーズですよ。

 

 

このように、少しの努力で数万円浮かせることができます。

 

少しでもお得に新車を購入するためにも、一度挑戦してみてください。

タグ:  

カテゴリ:車を安く買うコツ 

愛車を高額買取してもらう方法。車買取一括査定の利用がポイント

車を高く売るためには、普通にディーラーの下取り査定や車買取店の査定を受けるだけではダメです。
 
複数の車買取店やディーラーの査定を受け、価格競争させることが重要です。
 
これをすることで、1店舗だけの査定よりも、数十万円以上も高く売ることができる可能性があるんです。
 
 
方法は簡単です。
 
以下のような流れで行えばいいんです。
 
1.車買取一括査定サイトを利用して、複数の車買取店から査定を受ける
2.複数の車買取店を競合させて、最も高い査定額を引き出す(⇒車買取で最も高い査定額を得る交渉術。買取価格が数十万円アップも
3.ディーラーの下取り査定を受ける
4.「ディーラーの下取り査定額」と、2の「車買取店の最も高い査定額」を競わせる(⇒車の下取り査定額を上乗せする方法。車買取店との競合がコツ
5.最終的に高い方に売却する(ただし、差が2~3万円くらいのときはディーラーへ下取りに出す)
 
このように行えば、愛車を最も高く売ることができ、下取り査定の上乗せも期待できるんですよ。(車を売却するだけの人は、2.で終わればいいです)
 
「愛車を最も高く売りたい」「下取り査定額をアップさせたい」という人は、ぜひ行ってください。
 
 
ただ、たくさんの車買取店を回るのは大変ですよね。
 
そこで便利なのが“車買取一括査定サイト”です。
 
必要項目を入力するだけで、あなたの住んでいる所の複数の車買取店が無料で査定をしてくれるんです。
 
しかも、実際に車を見て査定をするときも、無料で自宅まで来てくれるんです。
 
愛車を高く売るたい人は、車買取一括査定サイトを利用して、複数の車買取店に査定を受けることからスタートです。

当サイト人気一括査定サイトランキング

かんたん車査定ガイド

たった45秒で一流業者が愛車の値段を教えてくれる!

入力項目が少ないので査定依頼がとっても簡単。東証一部上場企業が運営しているので安心ですね。一流の大手買取業者からコダワリの専門業者まで最大10社の一括査定を受けることができますよ。しかも、入力してすぐに概算の最高額も分かるのもGoodです。

車査定比較.com

申し込み後、すぐに買取相場を教えてくれる!

全国の200社以上の質の高い車買取業者と提携し、サイトの運営会社は上場企業なので、安心して利用できる無料買取一括査定サイトです。たった数項目の入力で、最大10社の車買取店から見積りがもらえます。しかも、全国75万台のデータから算出した買取相場を、申し込み後すぐに教えてくれますよ。

カーセンサー.net簡単ネット査定

意外な高値が期待できる一括査定サイト

リクルートが運営しているカーセンサーの一括査定サイト。最大30社から見積もりが届きます。地方の中小買取企業も参加しているため意外な高値が期待できます。さらに、大手では買い取ってくれない車に強いのも特徴です。


愛車を高く売りたいなら必見!

↑↑↑

【無料でできます!】

愛車を高く売りたいなら必見!

↑↑↑

【無料でできます!】

車を最も高く売却する方法
愛車を高く売るコツ
車を高く売却する車選び
車買取査定の基本
車買取の裏ネタ
新車を安く購入するコツ
新車を購入する時期
賢い商談方法と予約購入につい
商談を行う販売店選び
お得に新車を買う商談の基本
今月の人気記事
カテゴリー

ページの先頭へ