レクサスCTを車買取査定や下取りで、最も高く売却する方法。値引き以外の大切なコツ

目安時間:約 7分

ハイブリッドながらスポーティ志向を高めて作らた、5ドアハッチバックのレクサスCT(CT200h)。

 

現行型は、2011年1月12日に発売されました。

 

そんなレクサスCTを下取りや車買取で高く売るには、どうすればいいのでしょうか?

 

レクサスCTの特徴を紹介しつつ、『レクサス・CT(CT200h)を最も高く売る方法』についてお話ししますね。

 

最も高く売るポイントは、複数の車買取店やディーラーの下取り査定を受け、競合させることなんですよ。

 

 

ちなみに、CT(CT200h)の名前の由来は、「Creative Turing」からきていて、「200h」は2000ccエンジン並みの動力性能があるハイブリッドカーを示しています。

 

 

「愛車を高く売りたい」 が現実になる方法
  • 大切に乗ってきた車だから高く売りたい
  • 下取り査定額を上乗せしたい
  • 今の愛車の価値を知りたい

 

毎月100人以上が利用する方法で、あなたのこの悩みを解決できます。

⇒詳細はこちらをクリック

レクサスCT(CT200h)の特徴

先代プリウスと共通のハイブリッドシステムを搭載している、ハイブリッドコンパクトカーのレクサスCT。

 

レクサスらしい高級感を持っていて、内装の質感が高く、スポーティな運転感覚が特徴のクルマです。

 

 

レクサスCTは、先代プリウスと同じ1800cc+モーターのパワートレーンを搭載しているので、プリウスのレクサス版と思われがちです。

 

ですが、運転感覚に力を入れて開発されていて、システムの特性はスポーツ志向となっています。

 

リアのサスペンションも、ダブルウィッシュボーン独立で、プラットフォームのベースもレクサスHSに近いです。

 

さらに、センタコンソールに設置されているドライブモードセレクトは、モーターの駆動力を通常からスポーツモードやエコモードに変えることができるんです。

 

これにより燃費重視やスポーティな走りなど、状況に応じて設定を自由自在に操れることができるんです。

 

 

内装もレクサスらしく豪華で、ところどころに上質な素材が使われていて高級感はばっちり。

 

シートや装飾の色も豊かで、造形も凝っているので、機能的でくつろげる室内空間となっています。

 

 

CTは、レクサス車のなかで最もボディサイズが小さく、入門といわれることもあるクルマですが、他のコンパクトカーとは別格の高級があり、所有感が満たされる作りとなっています。

 

燃費も走りも重視したいユーザーにオススメです。

 

 

このように、レクサスCTは、

 

・内外装の質感が上質

・セッティングがスポーティで、運転が楽しい

・燃費が良く経済的

 

という、プレミアムコンパクトカーなんです。

 

 

レクサスCTのライバル車は、アクセラスポーツ(マツダ)やインプレッサスポーツ(スバル)、Aクラス(ベンツ)、A3(アウディ)、1シリーズ(BMW)などです。

 

値引きの上乗せ交渉などのときに、競合車として使ってくださいね。

 

 

レクサスCT(CT200h)のデメリット

レクサスCTのデメリットは、後席が少し窮屈なところです。

 

天井が低めに作られているので、後席は着座位置が低めで、少し窮屈に感じます。

 

また、荷室は広く作られていますが、収納できるところは少ないです。

 

 

後輪の接地性がいまひとつなのもデメリットです。

 

スポーティなセッティングになっているので良く曲がるのですが、後輪の接地性はイマイチです。

 

乗り心地も少し硬めとなっています。

 

けれど、2014年に行われたマイナーチェンジで、ボディ剛性をアップし、サスペンションのセッティングも見直されました。

 

それにより、ハンドリングの切れ味や乗り心地は向上しています。

 

 

そして、価格が割高なのもレクサスCTのデメリットです。

 

機能や装備を考えると、少し割高に感じます。

 

ライバル車のベンツAクラスやアウディA3の方が、大幅に安く、値引き額も上回ることが多いです。

 

 

レクサスCTには、このようなデメリットがあります。

 

 

レクサスCT(CT200h)のメリット

レクサスCTのメリットは、ハンドル操作に機敏に反応するところです。

 

スポーティなセッティングとなっているので、カーブを機敏に曲がってくれて運転が楽しいです。

 

 

内装が上質で燃費も良い所です。

 

レクサス車らしく内装は上質に作り込まれていて、装備も充実しています。

 

居心地もよく、所有感が満たされます。

 

レクサス車は高級車なので燃費がイマイチな車種もありますが、CTは26.6~30.4km/L(JC08モード燃費)と、燃費性能も良いです。

 

 

そして、取り回し性が良いところもメリットです。

 

コンパクトで街中で扱いやすいサイズなので、取り回し性が良いです。

 

 

このように、スポーティで運転が楽しく、内装も豪華で、燃費も良い車がレクサスCTです。

 

そんなレクサスCTを最も高く売るポイントは、以下にお話しするように、複数の車買取店やディーラーの下取り査定を受け、査定額を比較・競争させることなんです。

タグ:  

カテゴリ:レクサス 

愛車を高額買取してもらう方法。車買取一括査定の利用がポイント

車を高く売るためには、普通にディーラーの下取り査定や車買取店の査定を受けるだけではダメです。
 
複数の車買取店やディーラーの査定を受け、価格競争させることが重要です。
 
これをすることで、1店舗だけの査定よりも、数十万円以上も高く売ることができる可能性があるんです。
 
 
方法は簡単です。
 
以下のような流れで行えばいいんです。
 
1.車買取一括査定サイトを利用して、複数の車買取店から査定を受ける
2.複数の車買取店を競合させて、最も高い査定額を引き出す(⇒車買取で最も高い査定額を得る交渉術。買取価格が数十万円アップも
3.ディーラーの下取り査定を受ける
4.「ディーラーの下取り査定額」と、2の「車買取店の最も高い査定額」を競わせる(⇒車の下取り査定額を上乗せする方法。車買取店との競合がコツ
5.最終的に高い方に売却する(ただし、差が2~3万円くらいのときはディーラーへ下取りに出す)
 
このように行えば、愛車を最も高く売ることができ、下取り査定の上乗せも期待できるんですよ。(車を売却するだけの人は、2.で終わればいいです)
 
「愛車を最も高く売りたい」「下取り査定額をアップさせたい」という人は、ぜひ行ってください。
 
 
ただ、たくさんの車買取店を回るのは大変ですよね。
 
そこで便利なのが“車買取一括査定サイト”です。
 
必要項目を入力するだけで、あなたの住んでいる所の複数の車買取店が無料で査定をしてくれるんです。
 
しかも、実際に車を見て査定をするときも、無料で自宅まで来てくれるんです。
 
愛車を高く売るたい人は、車買取一括査定サイトを利用して、複数の車買取店に査定を受けることからスタートです。

当サイト人気一括査定サイトランキング

かんたん車査定ガイド

たった45秒で一流業者が愛車の値段を教えてくれる!

入力項目が少ないので査定依頼がとっても簡単。東証一部上場企業が運営しているので安心ですね。一流の大手買取業者からコダワリの専門業者まで最大10社の一括査定を受けることができますよ。しかも、入力してすぐに概算の最高額も分かるのもGoodです。

車査定比較.com

申し込み後、すぐに買取相場を教えてくれる!

全国の200社以上の質の高い車買取業者と提携し、サイトの運営会社は上場企業なので、安心して利用できる無料買取一括査定サイトです。たった数項目の入力で、最大10社の車買取店から見積りがもらえます。しかも、全国75万台のデータから算出した買取相場を、申し込み後すぐに教えてくれますよ。

カーセンサー.net簡単ネット査定

意外な高値が期待できる一括査定サイト

リクルートが運営しているカーセンサーの一括査定サイト。最大30社から見積もりが届きます。地方の中小買取企業も参加しているため意外な高値が期待できます。さらに、大手では買い取ってくれない車に強いのも特徴です。


車を最も高く売却する方法
愛車を高く売るコツ
車を高く売却する車選び
車買取査定の基本
車買取の裏ネタ
新車を安く購入するコツ
新車を購入する時期
賢い商談方法と予約購入につい
商談を行う販売店選び
お得に新車を買う商談の基本
今月の人気記事
カテゴリー

ページの先頭へ