車のクロス―バーは9のジャンルがある。SUV以外のものも

目安時間:約 6分

近年、SUVをはじめとして、クロスオーバーが人気となっています。

 

クロスオーバーは、「異なる分野を融合させて新しいものをつくる」ことです。

 

そんなクルマのクロスオーバーは、現在、9ジャンルあります。

 

そこで、『車のクロスオーバーの分類』についてお話ししますね。

 

 

50万円以上もたかく売れる可能性も
  • 大切に乗ってきた車だから高く売りたい
  • 下取り査定額を上乗せしたい
  • 今の愛車の価値を知りたい

 

あなたは、これらに悩んでいませんか?

 

このサービスを使えば、50万円以上も高く売ることができる可能性があります。

かんたん車査定ガイド

↑↑↑  

無料でできます

9ジャンルの車のクロスオーバー

昔は、「セダンはセダン」、「クーペはクーペ」と、はっきり分けられていました。

 

けれど、時代が進むにつれてそれぞれの良いところが融合されて、クロスオーバーとして新しいジャンルが作られています。

 

クロスオーバーはSUVに多いですが、それ以外のジャンルにも増えてつつあるんですよ。

 

 

コンパクトカー+ミニバン|クロスオーバー その1

代表車種 :タンク4兄弟、ソリオ、ポルテ&スペイド、シエンタ、フリードなど

 

 

ボディはコンパクトカーサイズで、全高を高くしてミニバンのような広い室内空間を確保しています。

 

全長の長いシエンタとフリードは、3列目シートも備えています。

 

使い勝手がよく、運転もしやすいので人気となっています。

 

乗用車+ミニバン|クロスオーバー その2

代表車種 :ウィッシュ、ジェイド、BMW2シリーズグランドツアラーなど

 

 

全高を乗用車に近い1600mm前後におさえつつ、3列目シートを備えています。

 

昔は人気のジャンルでしたが、今は背の高い普通のミニバンに人気で負けてきています。

 

セダン+クーペ|クロスオーバー その3

代表車種 :ベンツCLA、CLS、BMW4&6グランクーペ、パナメーラなど

 

 

スタイルを優先したセダンです。

 

全高をおおよそ1400mm台前半に抑えています。

 

 

もともとはカリーナEDで日本車が開拓したジャンルでしたが、今の日本車にはこのジャンルはありません。

 

一方、輸入車では、車種が増えているジャンルです。

 

SUV+乗用車(乗用車寄り)|クロスオーバー その4

代表車種 :C-HR、CX-3、ベンツGLAなど

 

 

SUVのジャンルに入りますが、SUVにとって重要な最低地上高は乗用車+αくらいです。

 

スタイル重視のSUVです。

 

SUV+乗用車(SUV寄り)|クロスオーバー その5

代表車種 :XV、アウトバック、ハスラーなど

 

 

スタイルは乗用車に近いですが、最低地上高は高く、高性能な4WDシステムを備えていて、SUV並みの走破力を持っています

 

いざというときに頼りになります。

 

SUV+スペシャルティカー|クロスオーバー その6

代表車種 :ジューク、イヴォーク、BMW X4、X6、ベンツGLEクーペなど

 

 

スタイリッシュなボディを乗せているSUVです。

 

最低地上高はそれなりに高く、雪道の走破力も高いです。

 

SUV+高級車|クロスオーバー その7

代表車種 :ハリアー、レクサスNX,レンジローバーなど

 

 

SUVと高級車を混ぜたジャンルです。

 

SUVと高級車の要素の優先度の折り合いで、クルマのキャラクターが変わってきます。

 

SUV+スポーツカー|クロスオーバー その8

代表車種 :ポルシェマカン、カイエンなど

 

 

スポーツカーに近いスピード性能を持っているSUVです。

 

全高が高く、車重も重いので、性能を確保するのに高い技術力が必要なジャンルです。

 

SUV+ミニバン|クロスオーバー その9

代表車種 :デリカD:5、クロスオーバー7など

 

 

3列シートを持つミニバンに、SUVのような高い最低地上高と4WDシステムを搭載させています。

 

大人数でアウトドアを楽しむユーザーに人気です。

 

 

現在、クロスオーバーには、このようなジャンルがあります。

 

今後もジャンルが増えてくる可能性は高いので、どのような新しい車が生まれるか楽しみですね。

愛車を高額買取してもらう方法。車買取一括査定の利用がポイント

車を高く売るためには、普通にディーラーの下取り査定や車買取店の査定を受けるだけではダメです。
 
複数の車買取店やディーラーの査定を受け、価格競争させることが重要です。
 
これをすることで、1店舗だけの査定よりも、数十万円以上も高く売ることができる可能性があるんです。
 
 
方法は簡単です。
 
以下のような流れで行えばいいんです。
 
1.車買取一括査定サイトを利用して、複数の車買取店から査定を受ける
2.複数の車買取店を競合させて、最も高い査定額を引き出す(⇒車買取で最も高い査定額を得る交渉術。買取価格が数十万円アップも
3.ディーラーの下取り査定を受ける
4.「ディーラーの下取り査定額」と、2の「車買取店の最も高い査定額」を競わせる(⇒車の下取り査定額を上乗せする方法。車買取店との競合がコツ
5.最終的に高い方に売却する(ただし、差が2~3万円くらいのときはディーラーへ下取りに出す)
 
このように行えば、愛車を最も高く売ることができ、下取り査定の上乗せも期待できるんですよ。(車を売却するだけの人は、2.で終わればいいです)
 
「愛車を最も高く売りたい」「下取り査定額をアップさせたい」という人は、ぜひ行ってください。
 
 
ただ、たくさんの車買取店を回るのは大変ですよね。
 
そこで便利なのが“車買取一括査定サイト”です。
 
必要項目を入力するだけで、あなたの住んでいる所の複数の車買取店が無料で査定をしてくれるんです。
 
しかも、実際に車を見て査定をするときも、無料で自宅まで来てくれるんです。
 
愛車を高く売るたい人は、車買取一括査定サイトを利用して、複数の車買取店に査定を受けることからスタートです。

当サイト人気一括査定サイトランキング

かんたん車査定ガイド

たった45秒で一流業者が愛車の値段を教えてくれる!

入力項目が少ないので査定依頼がとっても簡単。東証一部上場企業が運営しているので安心ですね。一流の大手買取業者からコダワリの専門業者まで最大10社の一括査定を受けることができますよ。しかも、入力してすぐに概算の最高額も分かるのもGoodです。

車査定比較.com

申し込み後、すぐに買取相場を教えてくれる!

全国の200社以上の質の高い車買取業者と提携し、サイトの運営会社は上場企業なので、安心して利用できる無料買取一括査定サイトです。たった数項目の入力で、最大10社の車買取店から見積りがもらえます。しかも、全国75万台のデータから算出した買取相場を、申し込み後すぐに教えてくれますよ。

カーセンサー.net簡単ネット査定

意外な高値が期待できる一括査定サイト

リクルートが運営しているカーセンサーの一括査定サイト。最大30社から見積もりが届きます。地方の中小買取企業も参加しているため意外な高値が期待できます。さらに、大手では買い取ってくれない車に強いのも特徴です。


愛車を高く売りたいなら必見!

↑↑↑

【無料でできます!】

愛車を高く売りたいなら必見!

↑↑↑

【無料でできます!】

車を最も高く売却する方法
愛車を高く売るコツ
車を高く売却する車選び
車買取査定の基本
車買取の裏ネタ
新車を安く購入するコツ
新車を購入する時期
賢い商談方法と予約購入につい
商談を行う販売店選び
お得に新車を買う商談の基本
今月の人気記事
カテゴリー

ページの先頭へ