C-HR、ヴェゼル、CX-3の外観やサイズを比較。どのSUVを選べばいい?

目安時間:約 8分

SUVの中でも、特に注目されているクラスといえば、全長を4400mm以下に抑えたコンパクトSUVです。

 

これまでCX-3(マツダ)やヴェゼル(ホンダ)がコンパクトSUVクラスで人気でしたが、CーHR(トヨタ)が登場し競争が激化しています。

 

ですが、どの車種もかっこいいので、ユーザーとしてはどれを選んでいいか迷ってしますよね。

 

そこで、C-HR、ヴェゼル、CX-3の外観や内装、メカニズムなどを比較しました。

 

今回は、『C-HR、ヴェゼル、CX-3の外観を比較』についてお話ししますね。(内装やメカニズムに関しては、次回以降にお話しします)

 

自分にあった車を選ぶときの参考にしてください。

 

 

50万円以上もたかく売れる可能性も
  • 大切に乗ってきた車だから高く売りたい
  • 下取り査定額を上乗せしたい
  • 今の愛車の価値を知りたい

 

あなたは、これらに悩んでいませんか?

 

このサービスを使えば、50万円以上も高く売ることができる可能性があります。

かんたん車査定ガイド

↑↑↑  

無料でできます

人気コンパクトSUVのC-HR、ヴェゼル、CX-3のパワーユニットと価格

C-HRのパワーユニットは、

 

・1200ccターボ

・1800cc+モーターのハイブリッド

 

の2つがあります。

 

価格は、ハイブリッドSグレードで264万6000円です。

 

 

ヴェゼルは、1500ccのノーマルエンジンとハイブリッドで、価格はハイブリッドZホンダセンシングは267万円です。

 

コンパクトSUVの人気車種で、2014年から2016年まで3年連続でSUV新車登録販売台数No.1を獲得しました。

 

 

CX-3は、1500ccクリーンディーゼルターボのみの設定です。

 

価格はCX-3プロアクティブで、259万2000円です。

 

 

この価格帯は、プリウスSツーリングセレクションや、セレナハイウェイスター、ヴォクシーZSなど、売れすぎ車種の主力グレードが多いんです。

 

若干の値引きなどを受ければ、支払い総額が300万円以内に収まります。

 

最近は、安全装備の充実でクルマの価格が高まっていて、この価格帯が注目となっているんですよ。

 

 

C-HR、ヴェゼル、CX-3の外観やサイズの比較

C-HR、ヴェゼル、CX-3の3車種は、タイヤサイズを17~18インチと大きくしてボディの下側を力強く見せています。

 

一方、上側は5ハッチバック風のデザインで、大人4人が乗れる室内空間を確保しています。

 

リアゲートが備わっているので、荷物の出し入れがしやすくなっています。

 

このように、ボディの上側は実用的で、下側はカッコよく仕上げているんです。

 

 

3車種とも、サイドウィンドウの下端を後ろに向けて持ち上げて、ボディ後端のピラーを太くしました。

 

外観が躍動的に見えてかっこいいのですが、斜め後ろと真後ろの視界がかなり悪いです。

 

購入する前に、試乗で車庫入れや縦列駐車を確認してくださいね。

 

 

全長は、

 

・C-HRが4360mm

・ヴェゼルが4295mm(RSを除く)

・CX-3が4275mm

 

 

と、C-HRが最も大きくなっています。

 

C-HRの外観の特徴

C-HRの外観は、個性的で斬新なものとなっています。

 

フロントマスクは、設計の新しいトヨタ車に共通する顔立ちで仕上げた。ヘッドランプは薄型で鋭角的にデザインされ、その下には台形の大きなグリルが備わる。そして側面や後方を含めてボディ全体を彫りの深い造形とした。

 

後方視界が悪いのは安全面から考えても好ましくないが、単純に外観だけを眺めると、プリウスなどに比べてバランスが取れている。全高の割にタイヤサイズが大きいこともカッコ良さの秘訣だ。

(ザ・マイカー)

 

ヘッドライトは、鋭角的なデザインで、個性的な顔立ちとなっています。

 

それでいて、外観のバランスはとれていて、かっこいいです。

 

 

後姿もかっこいいのですが、後方視界が悪いので注意です。

 

C-HRの開発者も、「トヨタの社内的な視界の基準をかろうじてクリアした」というくらいなので、試乗でしっかり確認してくださいね。

 

ヴェゼルの外観の特徴

ヴェゼルの外観は、C-HRやCX-3と比べて個性は弱いですが、好き嫌いが少なく馴染みやすくなっています。

 

ヴェゼルの全高は1605mmで、C-HRやCX-3よりも55mm高い(2WD同士の比較)。広い室内を確保する目的もあり、外観はフィットなど空間効率の優れたコンパクトカーを連想させる。

 

その一方でフェンダーは緩やかに張り出し、大径タイヤを収めることでSUVの力強さを演出した。3車種の中では個性が弱い半面、馴染みやすい雰囲気があり、広い室内と相まってファミリーカーに適する

(ザ・マイカー)

 

切れ長のヘッドランプはホンダ車の特徴で、ボディの下回りは力強い印象です。

 

デザインはおとなしい分、全高を1605mmと高めに設定して存在感を強めているんですよ。

 

CX-3の外観の特徴

CX-3は、スポーティで塊感の強い「魂動デザイン」を採用して、スタイリッシュになっています。

 

先代CX-5以降に発売されたマツダ車は、スカイアクティブ技術の採用と併せて、すべての車種を「鼓動デザイン」によって仕上げている。フロントマスクには大型のグリルが備わり、ヘッドランプは薄型にデザインした。

 

サイドウインドーの下端を後ろに持ち上げて、躍動感も演出している。全高は4WDも含めて1550mmに抑えられ、低重心になって立体駐車場を利用しやすいのもメリットだ。

(引用元:ベストカー)

 

フロントマスクは、マツダ車に共通する「魂動デザイン」ですが、天井の高さを抑えて外観はコンパクトカー風になっています。

 

18インチタイヤを採用することで、力強い印象の外観となっています。

 

 

C-HR、ヴェゼル、CX-3の外観には、このような特徴があります。

 

各社、それぞれ独自の個性を出して車をデザインしているのが分かりますね。

 

次回は続きとして、C-HR、ヴェゼル、CX-3の内装や装備の比較についてお話ししますね。

愛車を高額買取してもらう方法。車買取一括査定の利用がポイント

車を高く売るためには、普通にディーラーの下取り査定や車買取店の査定を受けるだけではダメです。
 
複数の車買取店やディーラーの査定を受け、価格競争させることが重要です。
 
これをすることで、1店舗だけの査定よりも、数十万円以上も高く売ることができる可能性があるんです。
 
 
方法は簡単です。
 
以下のような流れで行えばいいんです。
 
1.車買取一括査定サイトを利用して、複数の車買取店から査定を受ける
2.複数の車買取店を競合させて、最も高い査定額を引き出す(⇒車買取で最も高い査定額を得る交渉術。買取価格が数十万円アップも
3.ディーラーの下取り査定を受ける
4.「ディーラーの下取り査定額」と、2の「車買取店の最も高い査定額」を競わせる(⇒車の下取り査定額を上乗せする方法。車買取店との競合がコツ
5.最終的に高い方に売却する(ただし、差が2~3万円くらいのときはディーラーへ下取りに出す)
 
このように行えば、愛車を最も高く売ることができ、下取り査定の上乗せも期待できるんですよ。(車を売却するだけの人は、2.で終わればいいです)
 
「愛車を最も高く売りたい」「下取り査定額をアップさせたい」という人は、ぜひ行ってください。
 
 
ただ、たくさんの車買取店を回るのは大変ですよね。
 
そこで便利なのが“車買取一括査定サイト”です。
 
必要項目を入力するだけで、あなたの住んでいる所の複数の車買取店が無料で査定をしてくれるんです。
 
しかも、実際に車を見て査定をするときも、無料で自宅まで来てくれるんです。
 
愛車を高く売るたい人は、車買取一括査定サイトを利用して、複数の車買取店に査定を受けることからスタートです。

当サイト人気一括査定サイトランキング

かんたん車査定ガイド

たった45秒で一流業者が愛車の値段を教えてくれる!

入力項目が少ないので査定依頼がとっても簡単。東証一部上場企業が運営しているので安心ですね。一流の大手買取業者からコダワリの専門業者まで最大10社の一括査定を受けることができますよ。しかも、入力してすぐに概算の最高額も分かるのもGoodです。

車査定比較.com

申し込み後、すぐに買取相場を教えてくれる!

全国の200社以上の質の高い車買取業者と提携し、サイトの運営会社は上場企業なので、安心して利用できる無料買取一括査定サイトです。たった数項目の入力で、最大10社の車買取店から見積りがもらえます。しかも、全国75万台のデータから算出した買取相場を、申し込み後すぐに教えてくれますよ。

カーセンサー.net簡単ネット査定

意外な高値が期待できる一括査定サイト

リクルートが運営しているカーセンサーの一括査定サイト。最大30社から見積もりが届きます。地方の中小買取企業も参加しているため意外な高値が期待できます。さらに、大手では買い取ってくれない車に強いのも特徴です。


愛車を高く売りたいなら必見!

↑↑↑

【無料でできます!】

愛車を高く売りたいなら必見!

↑↑↑

【無料でできます!】

車を最も高く売却する方法
愛車を高く売るコツ
車を高く売却する車選び
車買取査定の基本
車買取の裏ネタ
新車を安く購入するコツ
新車を購入する時期
賢い商談方法と予約購入につい
商談を行う販売店選び
お得に新車を買う商談の基本
今月の人気記事
カテゴリー

ページの先頭へ