C-HR、ヴェゼル、CX-3の内装や装備を比較。上質な車種は?

目安時間:約 7分

SUVの中でも、全長を4400mm以下に抑えたコンパクトSUVは、近年、注目を集めています。

 

そのため、各社コンパクトSUVに力を入れていて、CーHR(トヨタ)が登場し競争が激化しています。

 

そこで前回、『C-HR、ヴェゼル(ホンダ)、CX-3(マツダ)の外観を比較』についてお話ししました。

 

※C-HRが、もっともボディサイズが大きいです

C-HR、ヴェゼル、CX-3の外観やサイズを比較。どのSUVを選べばいい?

 

今回は続きとして『C-HR、ヴェゼル、CX-3の内装や装備を比較』についてお話ししますね。

 

 

「愛車を高く売りたい」 が現実になる方法
  • 大切に乗ってきた車だから高く売りたい
  • 下取り査定額を上乗せしたい
  • 今の愛車の価値を知りたい

 

毎月100人以上が利用する方法で、あなたのこの悩みを解決できます。

⇒詳細はこちらをクリック

C-HR、ヴェゼル、CX-3の内装や装備の比較

C-HR、ヴェゼル、CX-3はどの車種も内装は上質ですが、インパネの形状はC-HRが立体的で特に上質です。

 

エアコンのスイッチなどがある中央の部分は、ドライバーの方に向いていて操作がしやすいです。

 

上級グレードのG-TとGには、弾性のあるソフト塗装が使われています。

 

 

居住性については、前席と後席で評価が違います。

 

前席だけを見れば、C-HRが一番快適です。

 

シートは肩の周辺までサポートしてくれて、ホールド性が良いです。

 

CX-3は、シートの座り心地が良く、運転姿勢も最適化しやすいです。

 

 

後席は、ヴェゼルが圧倒的に快適です。

 

足元空間が広く、天井も高いので、ゆったり快適に座れます。

 

C-HRの後席は2番目に快適で、ヴェゼルほど広くはありませんが、大人4人が乗っても快適です。

 

CX-3は、狭く感じ、後席に座る人の膝先の余裕は乏しいです。

 

 

荷室も、ヴェゼルが圧倒的に広く、後席を畳めば、大容量の空間を作ることができます。

 

一方、C-HRは床面積は広いですが、リアゲートを寝かせたデザインになっているので、背の高い荷物は積みにくいです。

 

C-HRの内装や装備の特徴

C-HRの内装や装備は、上質で、ドライバーにとって使いやすい形となっています。

 

設計が新しいこともあり、内装には上質な素材を使った。インパネの中央部をドライバーの方に向けたので、操作がしやすく見栄えも良い

 

居住性では前席が快適だ。シートのサイズに余裕があり、腰から肩回りの支え方も優れている。

 

後席は頭上と足元の空間はとくに広くないが、着座姿勢は快適だ。ただし後席はサイドウインドーが狭く閉鎖間が伴う。荷室の高さは乏しいが、床面積は十分にある。

(引用元:ザ・アイカー)

 

このように、C-HRは、スイッチ類がドライバーの方を向いているので使いやすく、インパネは上質です。

 

後席は足元が少し狭めですが、前席は広くて快適ですよ。

 

シートの座り心地もGoodです。

 

リアゲートは寝かせているので背の高い荷物は積みにくいですが、開口部が大きいので使いやすいです。

 

ヴェゼルの内装や装備の特徴

ヴェゼルは、居住性が良く、荷室の使い勝手が優れていて、実用性が高いSUVです。

 

インパネのデザインはオーソドックスだが、質感、操作性ともに良好だ。エアコンのスイッチはドライバー側を向いて使いやすい。ヴェゼルで最も注目されるのは後席だ。コンパクトなボディなのに足元が広く、頭上にも相応の余裕がある。大人4人が乗車しても窮屈に感じない。

 

荷室は床が低く収納性に優れ、後席を小さくたためるから積載性をさらに向上できる。SUVの中では実用性がとくに高い。

(引用元:ザ・マイカー)

 

今回比較している3車種の中で居住性が最も高く、前席だけでなく、後席も頭上と足元空間が広くて快適です。

 

180Wの外部供給ソケットの搭載、自動ブレーキはカメラも使っているなど、装備も充実しています。

 

CX-3の内装や装備の特徴

CX-3の内装や装備は、ドライバー中心の設計となっています。

 

今のマツダ車の室内はドライバー本位に設計されている。CX-3も同様で、最適な運転姿勢に調節しやすい。ペダル配置も最適だ。前輪駆動車に多い左側へ寄った配置ではない。

 

インパネの形状はデミオの上級グレードと基本的に同じだが、合成皮革のパネルを装着するなど、ていねいに仕上げた。シートのホールド性も良い。その半面、後席の頭上と足元空間は狭めだ。荷室容量も小さくなる。

(引用元:ザ・マイカー)

 

ドライバーに重きを置いて設計されているので、インパネは上質で、シートもホールド性が良いです。

 

一方、後席は、頭上と足元が狭めで、少し窮屈に感じてしまいます。

 

前席の中央にはダイヤル式のスイッチを配置するなど、内装は上質です。

 

 

C-HR、ヴェゼル、CX-3の内装や装備には、このような特徴があります。

 

各社、内装にも独自の個性を出しているのが分かりますね。

 

次回も続きとして、C-HR、ヴェゼル、CX-3のメカニズムや運転感覚の比較についてお話ししますね。

愛車を高額買取してもらう方法。車買取一括査定の利用がポイント

車を高く売るためには、普通にディーラーの下取り査定や車買取店の査定を受けるだけではダメです。
 
複数の車買取店やディーラーの査定を受け、価格競争させることが重要です。
 
これをすることで、1店舗だけの査定よりも、数十万円以上も高く売ることができる可能性があるんです。
 
 
方法は簡単です。
 
以下のような流れで行えばいいんです。
 
1.車買取一括査定サイトを利用して、複数の車買取店から査定を受ける
2.複数の車買取店を競合させて、最も高い査定額を引き出す(⇒車買取で最も高い査定額を得る交渉術。買取価格が数十万円アップも
3.ディーラーの下取り査定を受ける
4.「ディーラーの下取り査定額」と、2の「車買取店の最も高い査定額」を競わせる(⇒車の下取り査定額を上乗せする方法。車買取店との競合がコツ
5.最終的に高い方に売却する(ただし、差が2~3万円くらいのときはディーラーへ下取りに出す)
 
このように行えば、愛車を最も高く売ることができ、下取り査定の上乗せも期待できるんですよ。(車を売却するだけの人は、2.で終わればいいです)
 
「愛車を最も高く売りたい」「下取り査定額をアップさせたい」という人は、ぜひ行ってください。
 
 
ただ、たくさんの車買取店を回るのは大変ですよね。
 
そこで便利なのが“車買取一括査定サイト”です。
 
必要項目を入力するだけで、あなたの住んでいる所の複数の車買取店が無料で査定をしてくれるんです。
 
しかも、実際に車を見て査定をするときも、無料で自宅まで来てくれるんです。
 
愛車を高く売るたい人は、車買取一括査定サイトを利用して、複数の車買取店に査定を受けることからスタートです。

当サイト人気一括査定サイトランキング

かんたん車査定ガイド

たった45秒で一流業者が愛車の値段を教えてくれる!

入力項目が少ないので査定依頼がとっても簡単。東証一部上場企業が運営しているので安心ですね。一流の大手買取業者からコダワリの専門業者まで最大10社の一括査定を受けることができますよ。しかも、入力してすぐに概算の最高額も分かるのもGoodです。

車査定比較.com

申し込み後、すぐに買取相場を教えてくれる!

全国の200社以上の質の高い車買取業者と提携し、サイトの運営会社は上場企業なので、安心して利用できる無料買取一括査定サイトです。たった数項目の入力で、最大10社の車買取店から見積りがもらえます。しかも、全国75万台のデータから算出した買取相場を、申し込み後すぐに教えてくれますよ。

カーセンサー.net簡単ネット査定

意外な高値が期待できる一括査定サイト

リクルートが運営しているカーセンサーの一括査定サイト。最大30社から見積もりが届きます。地方の中小買取企業も参加しているため意外な高値が期待できます。さらに、大手では買い取ってくれない車に強いのも特徴です。


車を最も高く売却する方法
愛車を高く売るコツ
車を高く売却する車選び
車買取査定の基本
車買取の裏ネタ
新車を安く購入するコツ
新車を購入する時期
賢い商談方法と予約購入につい
商談を行う販売店選び
お得に新車を買う商談の基本
今月の人気記事
カテゴリー

ページの先頭へ