洗車で車を洗うときのポイント。泡を切らさないことが重要

目安時間:約 6分

車のボディを綺麗に保つためには、定期的に洗車を行うことが大切です。

 

洗車は、汚れをキッチリ「洗い流す」ことと、ワックスなどで「守る」ことがポイントです。

 

そこで、前回、ワックスやコーティング剤を選ぶポイントについてお話ししました。

 

※ワックスとコーティングは、明確な違いがあります

ワックスとコーティングの違いとおすすめは?洗車のポイント

 

今回は、その続きとして、『洗車で車を洗うときのポイント』についてお話ししますね。

 

シャンプーがけは、間違った方法で行うと傷を増やすだけなんですよ。

 

 

50万円以上もたかく売れる可能性も
  • 大切に乗ってきた車だから高く売りたい
  • 下取り査定額を上乗せしたい
  • 今の愛車の価値を知りたい

 

あなたは、これらに悩んでいませんか?

 

このサービスを使えば、50万円以上も高く売ることができる可能性があります。

かんたん車査定ガイド

↑↑↑  

無料でできます

洗車で車を洗う順番は、ルーフ⇒サイドの順

車のボディを洗うときに使うシャンプーは、車用ならどれでもOKです。(ただし、ボディカラー指定は守ってください)

 

ときどき、食器用洗剤を使う人がいますが、塗装がシミになってしまうことがあるのでNGです。

 

使うスポンジは、車用の目が粗いものを使うといいですよ。

 

車のシャンプー用のスポンジは、スポンジに小さな穴があいていて、その穴に汚れが入るので、ボディを傷つけなくてすむからです。

 

 

ボディを洗う順番は、

 

1.ルーフの真ん中から前半分

2.ルーフの真ん中から後ろ半分

3.ボディのサイド

 

です。

 

サイドを最後に洗うことで、自分が泡でべちゃべちゃになるのを防げます。

 

 

さらに細かい順番として、窓ガラス⇒ボディ⇒ホイールの順番で洗うことも大切です。

 

というのも、仮に傷がついても塗装なら磨いて消すことができますが、ガラスは傷を消すのは困難だからです。

 

ホイールは、スポンジがかなり汚れるので、最後にした方がいいんですよ。

 

 

洗車で車を洗うときは、泡を切らさないことが重要

車を洗うときの最大のポイントは、「泡を切らさない」ことです。

 

泡はとにかく大切で、「汚れを包み込んで落とす」、「クッションの役目をして、ボディを傷から守る」という効果があります。

 

あらかじめバケツに泡をいっぱい作っておいてくださいね。

 

 

バケツに泡を作るときは、まずシャンプーをバケツに入れ、その後、水を強めに噴射すると簡単にできますよ。

 

その後、洗っていくうちに泡は減っていきますが、スポンジをバケツに入れて揉むと泡はまた増えます。

 

 

実際にボディを洗うときは、力を入れないでスポンジで撫でるようにします。

 

泡が十分についていれば、力を入れなくても、汚れはしっかり落ちます。

 

先に泡をボディに垂らしておくのもいいですよ。

 

あまりにボディの汚れがひどい場合は、まずシャンプー水をボディ全体にかけてから、スポンジで改めて洗うといいですよ。

 

 

また、給油口やドアの開口部など、開けれるところはすべて開けて洗うのも大切です。

 

ボディの継ぎ目などは、柔らかい歯ブラシでかき出すように優しく洗ってくださいね。

 

 

「ボディを洗うときは、絶対に泡は切らさない」を守って洗ってください。

 

 

すすぎは、泡の洗い残しがないように

洗い終わった後のすすぎでは、泡の流し残しがないようにしてください。

 

水は、ボディに対して直角ではなく、平行に当てるようにすると効率よく泡を流し落とせます。

 

また、ドアのすき間や、給油口など、開けて洗ったところもしっかり洗い流してください。

 

 

泡が残っていないように、すすぎを行ってくださいね。

 

 

拭き上げは直線的に一定方向に動かす

すすぎが終わったら、拭き上げです。

 

拭き上げをするときは、セーム皮などの専用品でもいいのですが、100均などの吸水タオルでもOKです。

 

硬い縫い目があるものだと、傷がついてしまうのでNGです。

 

 

拭き上げをするときは、ゴシゴシやくるくる回しながら拭くのは厳禁です。

 

直線で一方向に動かすように拭いてくださいね。

 

また、タオルは、マメに絞るのもポイントです。

 

 

ヘッドライトやドアの境目、給油口などに水が残っていると、あとから垂れてきてワックスなどをかけるときに悪影響になります。

 

吸収力の高いタオルなどで、しっかり吸い出してくださいね。

 

 

車のキレイを保つためには、洗いは重要です。

 

傷をつけないように優しく行いながら、しっかり汚れを落としてくださいね。

タグ:  

カテゴリ:車のおもしろい豆知識 

愛車を高額買取してもらう方法。車買取一括査定の利用がポイント

車を高く売るためには、普通にディーラーの下取り査定や車買取店の査定を受けるだけではダメです。
 
複数の車買取店やディーラーの査定を受け、価格競争させることが重要です。
 
これをすることで、1店舗だけの査定よりも、数十万円以上も高く売ることができる可能性があるんです。
 
 
方法は簡単です。
 
以下のような流れで行えばいいんです。
 
1.車買取一括査定サイトを利用して、複数の車買取店から査定を受ける
2.複数の車買取店を競合させて、最も高い査定額を引き出す(⇒車買取で最も高い査定額を得る交渉術。買取価格が数十万円アップも
3.ディーラーの下取り査定を受ける
4.「ディーラーの下取り査定額」と、2の「車買取店の最も高い査定額」を競わせる(⇒車の下取り査定額を上乗せする方法。車買取店との競合がコツ
5.最終的に高い方に売却する(ただし、差が2~3万円くらいのときはディーラーへ下取りに出す)
 
このように行えば、愛車を最も高く売ることができ、下取り査定の上乗せも期待できるんですよ。(車を売却するだけの人は、2.で終わればいいです)
 
「愛車を最も高く売りたい」「下取り査定額をアップさせたい」という人は、ぜひ行ってください。
 
 
ただ、たくさんの車買取店を回るのは大変ですよね。
 
そこで便利なのが“車買取一括査定サイト”です。
 
必要項目を入力するだけで、あなたの住んでいる所の複数の車買取店が無料で査定をしてくれるんです。
 
しかも、実際に車を見て査定をするときも、無料で自宅まで来てくれるんです。
 
愛車を高く売るたい人は、車買取一括査定サイトを利用して、複数の車買取店に査定を受けることからスタートです。

当サイト人気一括査定サイトランキング

かんたん車査定ガイド

たった45秒で一流業者が愛車の値段を教えてくれる!

入力項目が少ないので査定依頼がとっても簡単。東証一部上場企業が運営しているので安心ですね。一流の大手買取業者からコダワリの専門業者まで最大10社の一括査定を受けることができますよ。しかも、入力してすぐに概算の最高額も分かるのもGoodです。

車査定比較.com

申し込み後、すぐに買取相場を教えてくれる!

全国の200社以上の質の高い車買取業者と提携し、サイトの運営会社は上場企業なので、安心して利用できる無料買取一括査定サイトです。たった数項目の入力で、最大10社の車買取店から見積りがもらえます。しかも、全国75万台のデータから算出した買取相場を、申し込み後すぐに教えてくれますよ。

カーセンサー.net簡単ネット査定

意外な高値が期待できる一括査定サイト

リクルートが運営しているカーセンサーの一括査定サイト。最大30社から見積もりが届きます。地方の中小買取企業も参加しているため意外な高値が期待できます。さらに、大手では買い取ってくれない車に強いのも特徴です。


愛車を高く売りたいなら必見!

↑↑↑

【無料でできます!】

愛車を高く売りたいなら必見!

↑↑↑

【無料でできます!】

車を最も高く売却する方法
愛車を高く売るコツ
車を高く売却する車選び
車買取査定の基本
車買取の裏ネタ
新車を安く購入するコツ
新車を購入する時期
賢い商談方法と予約購入につい
商談を行う販売店選び
お得に新車を買う商談の基本
今月の人気記事
カテゴリー

ページの先頭へ