ワックスとコーティングの違いとおすすめは?洗車のポイント

目安時間:約 7分

車のボディを綺麗に保つためには、定期的な洗車が必要です。

 

汚れをキッチリ洗い流し、ワックスなどで保護することが大切です。

 

けれど、洗車用品は、多すぎてどれを選んでいいか迷ってしまいますよね。

 

とくに、ワックス(コーティング剤)選びは重要になってきます。

 

そこで、『ワックスやコーティング剤を選ぶポイント』についてお話ししますね。

 

 

「愛車を高く売りたい」 が現実になる方法
  • 大切に乗ってきた車だから高く売りたい
  • 下取り査定額を上乗せしたい
  • 今の愛車の価値を知りたい

 

毎月100人以上が利用する方法で、あなたのこの悩みを解決できます。

⇒詳細はこちらをクリック

ワックスとコーティングの違い

洗車の後に、ボディを守るものとして塗るものといえば、「ワックス」や「コーティング」です。

 

そんなワックスとコーティングは、同じものと思っているかもしれませんが、まったく別物です。

 

効果も違うんですよ。

 

 

ワックスとコーティングの違いは、以下のようになっています。

 

ワックスとコーティングの違い

 

【ワックス】

・塗装に付着しているだけ

・自然なツヤとなる

・落ちやすい

・油膜の原因になる

 

【コーティング】

・化学的に塗装と結びつく

・耐久性が高い

・紫外線や酸性雨からも守る

・ツヤが人工的

・油膜にならない

(引用元:CARトップ)

 

この違いをみると分かりますが、強固な膜を塗装の上に作って保護してくれるコーティングの方が有利なんです。

 

 

そもそも、なぜ洗車の後に、ワックスやコーティング剤で保護する必要があるのでしょうか?

 

車の塗装は、鉄板の上に塗られた樹脂です。

 

しかも、厚さはたった数十ミクロンで、はがき程度しかありません。

 

これほど薄い膜の塗装に、紫外線や酸性雨、排気ガスなどがあたれば、たちまち劣化してしまいます。

 

そのため、定期的にワックスやコーティングで、塗装を守ってあげる必要があるんです。

 

 

ワックスやコーティングを選ぶポイント

ワックスやコーティングを選ぶポイントは、まず、「お手入れ好きかどうか」が大切です。

 

こまめにお手入れができる人はワックスでもいいですが、あまりマメじゃない人は耐久性が高いコーティングの方が良いです。

 

 

固形ワックスでも効果は1ヶ月ほどが限度です。

 

また、コーティング剤などには「耐久性6ヵ月」などと書かれているものがあります。

 

けれど、付着したゴミでコーティングが削られたり、施工の技術により耐久性は左右されるので、実際のところは、「書かれている耐久性の期間×0.6」くらいが効果の目安です。

 

 

ワックスを選ぶなら、天然成分ならではの極上のツヤがでる「カルナバロウ」が入っている物がオススメです。

 

 

一方、コーティング剤は、ガラス系がいまのところオススメです。

 

ガラス系とは、皮膜の主成分にガラスと同じケイ素を使っていて、耐久性が高いことが特徴です。

 

また、透明感があるようなツヤが出ます。(しっとり感が好きな人は、イマイチなツヤ感かもしれません)

 

ガラス系のコーティングは、耐久性や水を弾く力、価格などのバランスがいいんです。

 

 

昔のコーティングは、施行が面倒でしたが、近年は簡単なものが増えてきました。

 

洗車の後に濡れたままで吹き上げと一緒にできるものや、ひどく汚れていなければそのまま使えるもの、保護と汚れ落としが同時にできるものも出ています。

 

これら施工が簡単なものから選ぶのもいいですよ。

 

 

ボディカラーや親水/撥水も押さえておこう

さらに、押さえておきたいのが、ボディカラーや撥水/親水です。

 

 

シャンプーやワックスには、ボディ色が指定されているものがあります。

 

これは、汚れが目立つホワイト系のものにはコンパウンドが入っているんです。

 

一方、傷が目立つ濃色系には、コンパウンドは入っていないんです。

 

間違えて使うと、汚れや傷が目立つことになるので注意です。

 

 

また、コーティングには、撥水タイプや親水タイプがあります。

 

撥水タイプは、水滴がす~っと落ちるので気持ちよいですが、レンズ効果で乾くと丸いシミになりやすいです。

 

一方、親水タイプは、水がベタ~っと膜になる感じなりますが、落ちるときに汚れも一緒に洗い流してくれます。

 

好みで別れるところなので、選ぶときにどちらのタイプにするかも考慮するといいですよ。

 

 

このように、ワックスとコーティングには違いがあり、選ぶポイントも違ってきます。

 

自分の好きな方や、こまめにメンテナンスができるかどうかなどで選んでくださいね。

愛車を高額買取してもらう方法。車買取一括査定の利用がポイント

車を高く売るためには、普通にディーラーの下取り査定や車買取店の査定を受けるだけではダメです。
 
複数の車買取店やディーラーの査定を受け、価格競争させることが重要です。
 
これをすることで、1店舗だけの査定よりも、数十万円以上も高く売ることができる可能性があるんです。
 
 
方法は簡単です。
 
以下のような流れで行えばいいんです。
 
1.車買取一括査定サイトを利用して、複数の車買取店から査定を受ける
2.複数の車買取店を競合させて、最も高い査定額を引き出す(⇒車買取で最も高い査定額を得る交渉術。買取価格が数十万円アップも
3.ディーラーの下取り査定を受ける
4.「ディーラーの下取り査定額」と、2の「車買取店の最も高い査定額」を競わせる(⇒車の下取り査定額を上乗せする方法。車買取店との競合がコツ
5.最終的に高い方に売却する(ただし、差が2~3万円くらいのときはディーラーへ下取りに出す)
 
このように行えば、愛車を最も高く売ることができ、下取り査定の上乗せも期待できるんですよ。(車を売却するだけの人は、2.で終わればいいです)
 
「愛車を最も高く売りたい」「下取り査定額をアップさせたい」という人は、ぜひ行ってください。
 
 
ただ、たくさんの車買取店を回るのは大変ですよね。
 
そこで便利なのが“車買取一括査定サイト”です。
 
必要項目を入力するだけで、あなたの住んでいる所の複数の車買取店が無料で査定をしてくれるんです。
 
しかも、実際に車を見て査定をするときも、無料で自宅まで来てくれるんです。
 
愛車を高く売るたい人は、車買取一括査定サイトを利用して、複数の車買取店に査定を受けることからスタートです。

当サイト人気一括査定サイトランキング

かんたん車査定ガイド

たった45秒で一流業者が愛車の値段を教えてくれる!

入力項目が少ないので査定依頼がとっても簡単。東証一部上場企業が運営しているので安心ですね。一流の大手買取業者からコダワリの専門業者まで最大10社の一括査定を受けることができますよ。しかも、入力してすぐに概算の最高額も分かるのもGoodです。

車査定比較.com

申し込み後、すぐに買取相場を教えてくれる!

全国の200社以上の質の高い車買取業者と提携し、サイトの運営会社は上場企業なので、安心して利用できる無料買取一括査定サイトです。たった数項目の入力で、最大10社の車買取店から見積りがもらえます。しかも、全国75万台のデータから算出した買取相場を、申し込み後すぐに教えてくれますよ。

カーセンサー.net簡単ネット査定

意外な高値が期待できる一括査定サイト

リクルートが運営しているカーセンサーの一括査定サイト。最大30社から見積もりが届きます。地方の中小買取企業も参加しているため意外な高値が期待できます。さらに、大手では買い取ってくれない車に強いのも特徴です。


車を最も高く売却する方法
愛車を高く売るコツ
車を高く売却する車選び
車買取査定の基本
車買取の裏ネタ
新車を安く購入するコツ
新車を購入する時期
賢い商談方法と予約購入につい
商談を行う販売店選び
お得に新車を買う商談の基本
今月の人気記事
カテゴリー

ページの先頭へ