車を高く売る基本的なポイント。コツは愛車の商品価値を高めること

目安時間:約 10分

車が多く普及した今では、新車を購入するときに70~80%人は乗り換えをします。

 

そこで、大切になってくるのが、今まで乗っていた愛車をできるだけ高く売ることです。

 

愛車を高く売ることができれば、新車の購入資金に当てることができ、金銭的負担を軽くできるからです。

 

そのため、ディーラーに下取りさせるか、買取専門店で売るか、迷う人も多いと思います。

 

そこで、『車を高く売るための基本的なポイント』についてお話ししますね。

 

 

40万円以上も高く売れる可能性も
  • 大切に乗ってきた車だから高く売りたい
  • 簡単な方法で愛車を高く売りたい
  • 車買取一括査定は電話がたくさんくるから嫌

 

あなたは、これらに悩んでいませんか?

 

このサービスを使えば、40万円以上も高く売ることができる可能性があります。

車査定・買取の窓口

時代とともに変化する買取り事情

1990年頃までは、愛車は、新車を購入するディーラーに下取りしてもらうのが一般的な考えでした。

 

また、この時代は新車の売れ行きが好調だったので、ディーラーも中古車で儲けようとは考えていませんでした。

 

そのため、下取り査定額は、主に年式と走行距離で単純に決められていました。

 

 

しかし、1990年代のバブル経済が崩壊すると、日本国内の車の販売台数は激減。

 

これにより新車だけでは利益が得られなくなり、中古車ビジネスが重要になりました。

 

これにより90年代の後半から勢いが増したのが「車買取店」です。

 

 

これまでの新車ディーラーは年式と走行距離で査定額を決めていましたが、車買取店は中古車市場の流通価格で判断するので、ディーラーの査定額を上回ることが多かったです。

 

さらに、車買取店は大々的な宣伝を行ったことで、多くの人に存在が知れ渡り、車買取店に愛車を売るユーザーが増えたのです。

 

 

これにより新車ディーラーは、下取り車を奪われたため、査定方法を見直したんです。

 

今では新車ディーラーも店舗で査定した結果を、中古車販売の本部でチェックして、中古車市場の価格と照合して査定額を決めています。

 

そのため、査定に少し時間が掛かりますが、正確な金額が分かるようになりました。

 

 

するとユーザーは、査定額が同じなら新車ディーラーへ下取りに出せば手間が省けるので、わざわざ車買取店に行かなくなりますよね。

 

今度は、車買取店にさらなる有利な条件が求められ、今では、複数の買取店を交えた「査定競争」になっているんです。

 

 

そのため、車買取店側もいろいろなアピール方法を考えています。

 

たとえば、車買取店の「カーチス」は、電気店コジマの一部にカーチスのコーナーを作ったんです。

 

家電製品を見にきたお客様にカーチスを知ってもらい査定に結び付け、コジマ側も査定を待っている間に電化製品の売場に来てもらえれば販売につながります。

 

この方法は、車買取店にも電気店にもメリットがあるんですね。

 

 

愛車に対する車買取店のニーズは、業者によって微妙に違います。

 

だから、少しでも高く売りたい場合は、なるべく多くの業者に査定してもらうのが超重要なんです。

 

そして、簡単に複数の車買取店に査定を受けることができるのが、『車買取一括査定サイト』なんですよ。

 

 

査定前に車の傷は直す方がいいの?

愛車を売る時に一番大切なのは、愛車は「自分の商品」と認識することです。

 

車を買うときは、自分がお客様という立場ですが、愛車を売る時は立場が逆になり、ディーラーや車買取店がお客様になります。

 

なので、それほど卑屈になる必要はないですが、あまり偉そうにするのは良くないんですよ。

 

 

自分の愛車が魅力的に見えるようにすることも大切です。

 

だから査定を受けるときは、内装や外装をきれいにした状態で受けるといいです。

 

外観は洗車して、ワックスもかけておくのがおすすめだし、車内、荷室、エンジンルームの清掃もすれば完璧です。

 

洗車をしたから、査定額が高まるとは限らないですが、売買をするにあたって常識的なマナー&配慮として洗車はしておきたいですね。

 

 

営業マンに「査定を受けるときは、車を綺麗にした方がいいですか」質問すると、「いつも使っている状態で結構です」と返答されることが多いです。

 

けれど、営業マンからは、

 

「汚れた愛車をそのまま査定させるお客様が、日常的な点検を細かく行っているとは考えにくいです。逆にキレイにしてあると、大切に扱われてきた車両だろうと考えます」
(引用先:ベストカー)

 

という声がたくさん聞かれます。

 

洗車が営業マンの印象を大きく左右することもあり、最終的な査定額に影響することもあるんです。

 

特に、買取店のスタッフや新車の営業マンは、車好きが多いです。

 

なので、愛車をキレイにしている人と、乱雑にしている人では、どちらがいい印象がは明らかですよね。

 

だから、査定を受ける前に愛車を手入れすることは、大切なことなんです。

 

 

しかし、傷や凹みまでを修理をする必要はないです。

 

修理したからといって、修理費用を上回るほど査定額は高くならないからです。

 

コンパウンドを掛けて、細かい傷が見えにくくするだけで充分ですよ。

 

業者側もどうしても買取りたい車のときは、傷に関係なく高く買取ってくれます。

 

 

高く売るためのポイント

1.装備品や付属品は純正品を残しておく

社外アルミホイールを装着しているときは、購入のときに付いていた純正ホイールも付けたほうが、査定では有利です。

 

これは、必要に応じてノーマル状態に戻すことができるからなんです。

 

オーディオやカーナビも、付け替えた場合は同じです。

 

たまにカーナビを外して査定を受けるという人がいますが、特別な愛着がなければ外さない方が無難です。

 

 

2.ボディカラーによっても査定額は変わる

基準となるのは、ホワイト、シルバー、濃いブルーです。

 

プラス査定となるのは、パールホワイト、ブラックなんです。

 

3年落ちのプリウスを例にすると、パールホワイトとブラックはプラス3万円。

 

その他の色は、おおよそマイナス査定で、グリーンやレッドはマイナス3万円なんです。

 

 

3.走行距離は年式と大きく関わりがある

1年1万kmが基本で、これより多ければマイナス査定、少なければプラス査定となります。

 

プリウスを例にすると、5年落ちでは4万~5万kmの走行距離が標準です。

 

5年落ちで6万kmだと、マイナス5万円にもなってしまうんです。

 

これは、目安の金額なので車種などによって査定は異なりますが、走行距離が多いとかなりマイナスされてしまうんです。

 

 

このように、愛車を少しでも高く売るには、車を綺麗にして多くの業者に査定を受けることが大切なんです。

 

次回は、車を売る時期や場所のオススメや、車買取店で査定をアップさせるテクニックについてお話ししますね。

 

※たくさんのお店の査定を受けることが、愛車を高く売るためには重要です

車を売るおすすめの時期や場所は?査定をアップさせるテクニック

タグ:  

カテゴリ:車を高く売るコツ 

当サイト人気一括査定サイトランキング

車査定・買取の窓口
 

あなたの車を好条件で買取してくれる車屋を紹介してくれるサービス

車買取一括査定のデメリットと大変さを解消した車査定サービスです。あなたの車を好条件で買取してくれる中古車買取店を紹介してくれます。電話は1社からだけ、査定も1回だけなので、手間なく、かんたんに良い条件で車を売ることができます。

かんたん車査定ガイド
 

たった45秒で一流業者が愛車の値段を教えてくれる!

入力項目が少ないので査定依頼がとっても簡単。東証一部上場企業が運営しているので安心ですね。一流の大手買取業者からコダワリの専門業者まで最大10社の一括査定を受けることができますよ。しかも、入力してすぐに概算の最高額も分かるのもGoodです。

車査定比較.com
 

申し込み後、すぐに買取相場を教えてくれる!

全国の200社以上の質の高い車買取業者と提携し、サイトの運営会社は上場企業なので、安心して利用できる無料買取一括査定サイトです。たった数項目の入力で、最大10社の車買取店から見積りがもらえます。しかも、全国75万台のデータから算出した買取相場を、申し込み後すぐに教えてくれますよ。


車を最も高く売却する方法
愛車を高く売るコツ
車を高く売却する車選び
車買取査定の基本
車買取の裏ネタ
新車を安く購入するコツ
新車を購入する時期
賢い商談方法と予約購入につい
商談を行う販売店選び
お得に新車を買う商談の基本
今月の人気記事
カテゴリー

ページの先頭へ