マツダやスバルなど、自動車メーカーの代表的な緊急自動ブレーキ2

目安時間:約 6分

近年の自動車は、各自動車メーカーがそれぞれ緊急自動ブレーキを開発し、搭載が進んできているので安全性が高くなってきています。

 

ですが、それぞれの自動車メーカーの自動ブレーキには、どのような違いがあるのでしょうか?

 

そこで前回、「日本の自動車メーカーの代表的な緊急自動ブレーキ」として、トヨタやホンダ、日産の緊急自動ブレーキを紹介しました。

 

※トヨタやホンダ、日産の自動ブレーキにも違いがあります

自動車メーカーの代表的な緊急自動ブレーキ。種類は大きく3つに分けられる

 

今回も続けてマツダやスバルなどの日本の自動車メーカーの緊急自動ブレーキについてお話ししますね。

 

 

「愛車を高く売りたい」 が現実になる方法
  • 大切に乗ってきた車だから高く売りたい
  • 下取り査定額を上乗せしたい
  • 今の愛車の価値を知りたい

 

毎月100人以上が利用する方法で、あなたのこの悩みを解決できます。

⇒詳細はこちらをクリック

日本の自動車メーカーの代表的な緊急自動ブレーキ2

それでは、日本の自動車メーカーが採用している代表的な緊急自動ブレーキと、センサーを納入しているメーカーを紹介しますね。

 

マツダ アクセラ

i-ACTIVSENSE

単眼カメラ+ミリ波レーダー

(モービルアイ社)(非公表)

 

 

日産・セレナと同じく、モービルアイ社の光学式単眼カメラで、「アドバンストSCBS」を作動させて、低速域での対車両と対人を検知します。

 

また、ミリ波レーダーを組み合わせることで、高速域でも機能する「SBS」を作動させます。

 

スバル インプレッサ

アイサイトver3

ステレオカメラ

(日立オートモーティブシステムズ)

 

 

2つの光学式カメラで、自動ブレーキだけでなく、たくさんの先進安全技術を機能させます。

 

予防安全アセスメントのテスト結果からもわかる通り、自律自動ブレーキは車速にかかわらず安定して機能し、高い安全性を実現しています。

 

オプションのアドバンスドセイフティパッケージでは、ミリ波レーダーによる後側方車両検知機能などがプラスされます。

 

スズキ スペーシア

デュアルカメラブレーキサポート

ステレオカメラ

(日立オートモーティブシステムズ)

 

 

CNPシナリオでは50km/hまでならほぼ衝突が回避でき、60km/hでも致死率がいきなり上がる衝突速度(30km/h)をわずかに下回るという好結果を残している自動ブレーキ(先進安全技術)です。

 

CPNOシナリオでは、衝突回避は30km/hが限界でしたが、将来的にはプログラム変更による機能の向上が期待できます。

 

※CNPとは、遮蔽物なしで歩行者が横断するもの

CPNOとは、駐車車両の陰から歩行者が横断するもの

 

ダイハツ タント

スマートアシストⅢ

ステレオカメラ

(デンソー)

 

 

2つの光学式カメラを採用して、確実な歩行者検知を目指した自動ブレーキ(先進安全技術)です。

 

ただしカメラの設置は、左右ほぼ隣りあわせとなっています。

 

なのでスバルやスズキのステレオカメラのように、遠くまでの複眼立体視は物理的に期待できません。

 

自律自動ブレーキの作動領域は、対車両では約4~80km/h、対歩行者では50km/hです。

 

三菱 アウトランダーPHEV

e-Assist

単眼カメラ+ミリ波レーダー

(非公表)(非公表)

 

 

・自律自動ブレーキ(対人検知はありません)

・LDW(車線逸脱警告)

・ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)

・誤発進抑制

 

がセットになった先進安全技術です。

 

 

停止車両に向かうCCRsシナリオ・AEBでは、20km/hまでクリアしました。

 

また、警報ブザーの後に一定の踏力でブレーキを踏む同FCW(前方車両衝突警報)は、ほぼ30km/hをクリアしました。

 

 

日本の自動車メーカーが採用している代表的な緊急自動ブレーキや先進安全技術には、このようなものがあります。

 

車の安全性が高くなり、事故が減ることは素晴らしいことなので、自動ブレーキなどの先進安全技術がもっと進化するといいですね。

愛車を高額買取してもらう方法。車買取一括査定の利用がポイント

車を高く売るためには、普通にディーラーの下取り査定や車買取店の査定を受けるだけではダメです。
 
複数の車買取店やディーラーの査定を受け、価格競争させることが重要です。
 
これをすることで、1店舗だけの査定よりも、数十万円以上も高く売ることができる可能性があるんです。
 
 
方法は簡単です。
 
以下のような流れで行えばいいんです。
 
1.車買取一括査定サイトを利用して、複数の車買取店から査定を受ける
2.複数の車買取店を競合させて、最も高い査定額を引き出す(⇒車買取で最も高い査定額を得る交渉術。買取価格が数十万円アップも
3.ディーラーの下取り査定を受ける
4.「ディーラーの下取り査定額」と、2の「車買取店の最も高い査定額」を競わせる(⇒車の下取り査定額を上乗せする方法。車買取店との競合がコツ
5.最終的に高い方に売却する(ただし、差が2~3万円くらいのときはディーラーへ下取りに出す)
 
このように行えば、愛車を最も高く売ることができ、下取り査定の上乗せも期待できるんですよ。(車を売却するだけの人は、2.で終わればいいです)
 
「愛車を最も高く売りたい」「下取り査定額をアップさせたい」という人は、ぜひ行ってください。
 
 
ただ、たくさんの車買取店を回るのは大変ですよね。
 
そこで便利なのが“車買取一括査定サイト”です。
 
必要項目を入力するだけで、あなたの住んでいる所の複数の車買取店が無料で査定をしてくれるんです。
 
しかも、実際に車を見て査定をするときも、無料で自宅まで来てくれるんです。
 
愛車を高く売るたい人は、車買取一括査定サイトを利用して、複数の車買取店に査定を受けることからスタートです。

当サイト人気一括査定サイトランキング

かんたん車査定ガイド

たった45秒で一流業者が愛車の値段を教えてくれる!

入力項目が少ないので査定依頼がとっても簡単。東証一部上場企業が運営しているので安心ですね。一流の大手買取業者からコダワリの専門業者まで最大10社の一括査定を受けることができますよ。しかも、入力してすぐに概算の最高額も分かるのもGoodです。

車査定比較.com

申し込み後、すぐに買取相場を教えてくれる!

全国の200社以上の質の高い車買取業者と提携し、サイトの運営会社は上場企業なので、安心して利用できる無料買取一括査定サイトです。たった数項目の入力で、最大10社の車買取店から見積りがもらえます。しかも、全国75万台のデータから算出した買取相場を、申し込み後すぐに教えてくれますよ。

カーセンサー.net簡単ネット査定

意外な高値が期待できる一括査定サイト

リクルートが運営しているカーセンサーの一括査定サイト。最大30社から見積もりが届きます。地方の中小買取企業も参加しているため意外な高値が期待できます。さらに、大手では買い取ってくれない車に強いのも特徴です。


車を最も高く売却する方法
愛車を高く売るコツ
車を高く売却する車選び
車買取査定の基本
車買取の裏ネタ
新車を安く購入するコツ
新車を購入する時期
賢い商談方法と予約購入につい
商談を行う販売店選び
お得に新車を買う商談の基本
今月の人気記事
カテゴリー

ページの先頭へ