自動車メーカーの代表的な緊急自動ブレーキ。種類は大きく3つに分けられる

目安時間:約 6分

近年の自動車は、緊急自動ブレーキの搭載が進み、安全性が高くなってきています。

 

各自動車メーカーが、それぞれ独自の自動ブレーキを開発して安全性を高めています。

 

ですが、いったいどのような自動ブレーキがあるのでしょうか?

 

そこで、『日本の自動車メーカーの代表的な緊急自動ブレーキ』を紹介しますね。

 

 

「愛車を高く売りたい」 が現実になる方法
  • 大切に乗ってきた車だから高く売りたい
  • 下取り査定額を上乗せしたい
  • 今の愛車の価値を知りたい

 

毎月100人以上が利用する方法で、あなたのこの悩みを解決できます。

⇒詳細はこちらをクリック

緊急自動ブレーキは、大きく3つに分けられる

現在、販売されている車に搭載される緊急自動ブレーキは、大きく3つに分けられます。

 

それぞれ、メリット・デメリットがあるんですよ。

 

 

【赤外線レーザー方式】

赤外線レーザー方式は、テレビのリモコンなどでよく使われる、指向性の強い赤外線レーザーを使うものです。

 

赤外線レーザーを照射して、反射してきたものを検知して自動ブレーキを作動させます。

 

 

安い価格でつけることができるというメリットがあります。

 

一方で、照射できる距離が10m程度と近くて、検知できるエリアも小さく、検知できるのは対物だけで、作動速度は30km/hというデメリットがあります。

 

 

【ミリ波レーダー方式】

ミリ波と呼ばれる電波を照射し、反射してきた電波を測定することで障害物を検知します。

 

 

100m以上先の障害物を認識することができるので、速い速度でも自動ブレーキを使えるというメリットがあります。

 

また、悪天候にも左右されにくいです。

 

 

一方、歩行者を検知することができないというデメリットがあります。

 

 

【カメラ方式】

カメラが1つのときは「単眼カメラ」、2つのときは「ステレオカメラ」と呼ばれます。

 

 

取り込んだ画像を解析して障害物などを検知するので、白線や歩行者、自転車まで認識できるというメリットがあります。

 

 

一方で、人の目と同じように、悪天候のときやヘッドライトの照射範囲以外は、検知することができないというデメリットがあります。

 

 

日本の自動車メーカーの代表的な緊急自動ブレーキ

それでは、日本の自動車メーカーが採用している代表的な緊急自動ブレーキと、センサーを納入しているメーカーを紹介しますね。

 

トヨタ プリウス

セーフティセンスP

単眼カメラ+ミリ波レーダー

(デンソー)(デンソー)

 

 

・対人検知自律自動ブレーキ

・LDW(車線逸脱警告)

・AHB(オートマチックハイビーム)

・ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)

 

上の4つがセットになった先進安全技術です。

 

警告ブザーの音量や音質もよく、警告ディスプレイの表示面積も大きいです。

 

最も安いグレードのEにも、86,400円でメーカーオプションとして装着することもできます。

 

日産 セレナ

エマージェンシーブレーキ

単眼カメラ

(モービルアイ社)

 

 

対人検知自律自動ブレーキのことで、単眼光学式カメラだけで前走車だけでなく歩行者も検知します。

 

作動範囲は、車に対しては約10~80km/h、人に対しては60km/hが上限となっています。

 

衝突回避性能を示す公称値は30km/h以下となっていますが、実力はもう少し上という感じです。

 

ホンダ フリード

ホンダセンシング

単眼カメラ+ミリ波レーダー

(非公表)(非公表)

 

 

・対人検知自律自動ブレーキ

・LDW(車線逸脱警告)

・LKS(車線逸脱防止支援システム)

・ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)

・誤発進抑制

・先行車発進検知

・標識認識

・歩行者事故低減ステアリング

 

これらがセットになった先進安全技術です。

 

歩行者事故低減ステアリングは、ホンダ独自の技術で、歩道にいる歩行者を認識した場合、それを避けるためのステアリング操作を補助してくれます。

 

 

日本の自動車メーカーが採用している代表的な緊急自動ブレーキや先進安全技術には、このようなものがあります。

 

次回は、続きとして、マツダやスバルなどの緊急自動ブレーキについてお話ししますね。

愛車を高額買取してもらう方法。車買取一括査定の利用がポイント

車を高く売るためには、普通にディーラーの下取り査定や車買取店の査定を受けるだけではダメです。
 
複数の車買取店やディーラーの査定を受け、価格競争させることが重要です。
 
これをすることで、1店舗だけの査定よりも、数十万円以上も高く売ることができる可能性があるんです。
 
 
方法は簡単です。
 
以下のような流れで行えばいいんです。
 
1.車買取一括査定サイトを利用して、複数の車買取店から査定を受ける
2.複数の車買取店を競合させて、最も高い査定額を引き出す(⇒車買取で最も高い査定額を得る交渉術。買取価格が数十万円アップも
3.ディーラーの下取り査定を受ける
4.「ディーラーの下取り査定額」と、2の「車買取店の最も高い査定額」を競わせる(⇒車の下取り査定額を上乗せする方法。車買取店との競合がコツ
5.最終的に高い方に売却する(ただし、差が2~3万円くらいのときはディーラーへ下取りに出す)
 
このように行えば、愛車を最も高く売ることができ、下取り査定の上乗せも期待できるんですよ。(車を売却するだけの人は、2.で終わればいいです)
 
「愛車を最も高く売りたい」「下取り査定額をアップさせたい」という人は、ぜひ行ってください。
 
 
ただ、たくさんの車買取店を回るのは大変ですよね。
 
そこで便利なのが“車買取一括査定サイト”です。
 
必要項目を入力するだけで、あなたの住んでいる所の複数の車買取店が無料で査定をしてくれるんです。
 
しかも、実際に車を見て査定をするときも、無料で自宅まで来てくれるんです。
 
愛車を高く売るたい人は、車買取一括査定サイトを利用して、複数の車買取店に査定を受けることからスタートです。

当サイト人気一括査定サイトランキング

かんたん車査定ガイド

たった45秒で一流業者が愛車の値段を教えてくれる!

入力項目が少ないので査定依頼がとっても簡単。東証一部上場企業が運営しているので安心ですね。一流の大手買取業者からコダワリの専門業者まで最大10社の一括査定を受けることができますよ。しかも、入力してすぐに概算の最高額も分かるのもGoodです。

車査定比較.com

申し込み後、すぐに買取相場を教えてくれる!

全国の200社以上の質の高い車買取業者と提携し、サイトの運営会社は上場企業なので、安心して利用できる無料買取一括査定サイトです。たった数項目の入力で、最大10社の車買取店から見積りがもらえます。しかも、全国75万台のデータから算出した買取相場を、申し込み後すぐに教えてくれますよ。

カーセンサー.net簡単ネット査定

意外な高値が期待できる一括査定サイト

リクルートが運営しているカーセンサーの一括査定サイト。最大30社から見積もりが届きます。地方の中小買取企業も参加しているため意外な高値が期待できます。さらに、大手では買い取ってくれない車に強いのも特徴です。


車を最も高く売却する方法
愛車を高く売るコツ
車を高く売却する車選び
車買取査定の基本
車買取の裏ネタ
新車を安く購入するコツ
新車を購入する時期
賢い商談方法と予約購入につい
商談を行う販売店選び
お得に新車を買う商談の基本
今月の人気記事
カテゴリー

ページの先頭へ