駐車と停車の違いとは?HIDとディスチャージの違いは?車に関する言葉の定義3

目安時間:約 5分

車に関する言葉にはいろいろなものがありますが、なんとなく定義があいまいなまま使っているものってありますよね。

 

そこでこれまでに、『車に関する言葉の定義』として、ダウンサイジングやセグメント、高速道路と自動車道の違いなどについてお話ししました。

 

※自動車メーカーにも定義があるんですよ

車に関する言葉の定義。ダウンサイジングやセグメントとは?

 

※高速道路と自動車道は、実は同じ

高速道路と自動車道の違いは?ナンバープレートの数字の意味|言葉の定義2

 

 

今回も続きとして、

 

・駐車と停車、駐禁の違い

・エコカー減税が適応される車種はどのように決まっている?

・4シーズンタイヤやスタッドレスタイヤとは?

・HIDとディスチャージの違いは?

・スピード違反で検挙される速度は?

 

についてお話ししますね。

 

 

50万円以上もたかく売れる可能性も
  • 大切に乗ってきた車だから高く売りたい
  • 下取り査定額を上乗せしたい
  • 今の愛車の価値を知りたい

 

あなたは、これらに悩んでいませんか?

 

このサービスを使えば、50万円以上も高く売ることができる可能性があります。

かんたん車査定ガイド

↑↑↑  

無料でできます

車に関する定義を知ることは、クルマを深く知ることに

車に関する言葉の定義があいまいなまま使っていると、ほかの人と話をしているときなどに混乱してしまうことがあります。

 

そこで、クルマに関する定義を知って、クルマを深く知ってくださいね。

 

駐車と停車、駐禁の違い

駐車は、一般的には運転者が車から離れてすぐに(5分以上放置)運転できない状態のことをいいます。

 

そして駐車を禁止区域で行うことを、駐禁となります。

 

 

一方、停車は、運転車がすぐに運転できる状態の停止のことを指します。

 

これまではドライバーが車に乗っていれば、停車で切符をきられることはほとんどありませんでした。

 

けれど最近は、乗っていても切符を切られることがあるので注意です。

 

携帯で電話などをしていると、すぐに車を出せないと判断されて、違反切符を切られてしまうようなんです。

 

エコカー減税が適応される車種はどのように決まっている?

エコカー減税は、国が定めた燃費基準をどのくらい達成しているかで、適応されるかどうかが決まります。

 

適応されると、取得税、重量税、自動車税(軽自動車税)が免税されます。

 

 

燃費基準は排気量ごとに決まっているので、燃費が悪い大型車にも恩恵があります。

 

燃費の悪い大型車にもエコカー減税が適応されるというのは、少し変な気がしますね。

 

4シーズンタイヤやスタッドレスタイヤとは?

4シーズンタイヤは、春夏秋冬に対応しているタイヤで、滑りにくいので夏にも使え、ブロックも細かいので保険的な意味として冬にも使えます。

 

スタッドレスタイヤは、「スタッド(スパイク)なし」の冬用タイヤです。

 

 

HIDとディスチャージの違いは?

HIDもディスチャージもキセノンバルブも同じもので、メーカーによって表記が異なるだけです。

 

車用のほとんどはキセノンガスの中で放電発行させる高輝度放電灯のことです。

 

HIDは、高輝度放電灯の英語表記の頭文字をとった略語なんですよ。

 

 

スピード違反で検挙される速度は?

どのくらいのスピードを出すと切符を切られるかは、ドライバーとしては気になるところですね。

 

オービスが光るのは、呼び出しなどの手間を考えて赤切符(一般道で30km/h、高速道路で40km/h)といわれています。

 

ネズミ捕りなど、その他の取り締まりは、メーターの誤差を考えて20km/h以上とも。

 

ただし、切符を切られる速度の確実な定義もなく、移動式オービスなどが登場して細い道路でも行なわれ、取り締まりが行われる速度はもっと遅くなるなどのうわさもあります。

 

どのくらいの速度を出したら切符を切られるというのを気にするのではなく、安全運転をすることに気を使うほうがベストですよ。

 

 

車に関する言葉の定義は、このようになっています。

 

いろいろ知ると、面白いことが分かりますね。

愛車を高額買取してもらう方法。車買取一括査定の利用がポイント

車を高く売るためには、普通にディーラーの下取り査定や車買取店の査定を受けるだけではダメです。
 
複数の車買取店やディーラーの査定を受け、価格競争させることが重要です。
 
これをすることで、1店舗だけの査定よりも、数十万円以上も高く売ることができる可能性があるんです。
 
 
方法は簡単です。
 
以下のような流れで行えばいいんです。
 
1.車買取一括査定サイトを利用して、複数の車買取店から査定を受ける
2.複数の車買取店を競合させて、最も高い査定額を引き出す(⇒車買取で最も高い査定額を得る交渉術。買取価格が数十万円アップも
3.ディーラーの下取り査定を受ける
4.「ディーラーの下取り査定額」と、2の「車買取店の最も高い査定額」を競わせる(⇒車の下取り査定額を上乗せする方法。車買取店との競合がコツ
5.最終的に高い方に売却する(ただし、差が2~3万円くらいのときはディーラーへ下取りに出す)
 
このように行えば、愛車を最も高く売ることができ、下取り査定の上乗せも期待できるんですよ。(車を売却するだけの人は、2.で終わればいいです)
 
「愛車を最も高く売りたい」「下取り査定額をアップさせたい」という人は、ぜひ行ってください。
 
 
ただ、たくさんの車買取店を回るのは大変ですよね。
 
そこで便利なのが“車買取一括査定サイト”です。
 
必要項目を入力するだけで、あなたの住んでいる所の複数の車買取店が無料で査定をしてくれるんです。
 
しかも、実際に車を見て査定をするときも、無料で自宅まで来てくれるんです。
 
愛車を高く売るたい人は、車買取一括査定サイトを利用して、複数の車買取店に査定を受けることからスタートです。

当サイト人気一括査定サイトランキング

かんたん車査定ガイド

たった45秒で一流業者が愛車の値段を教えてくれる!

入力項目が少ないので査定依頼がとっても簡単。東証一部上場企業が運営しているので安心ですね。一流の大手買取業者からコダワリの専門業者まで最大10社の一括査定を受けることができますよ。しかも、入力してすぐに概算の最高額も分かるのもGoodです。

車査定比較.com

申し込み後、すぐに買取相場を教えてくれる!

全国の200社以上の質の高い車買取業者と提携し、サイトの運営会社は上場企業なので、安心して利用できる無料買取一括査定サイトです。たった数項目の入力で、最大10社の車買取店から見積りがもらえます。しかも、全国75万台のデータから算出した買取相場を、申し込み後すぐに教えてくれますよ。

カーセンサー.net簡単ネット査定

意外な高値が期待できる一括査定サイト

リクルートが運営しているカーセンサーの一括査定サイト。最大30社から見積もりが届きます。地方の中小買取企業も参加しているため意外な高値が期待できます。さらに、大手では買い取ってくれない車に強いのも特徴です。


愛車を高く売りたいなら必見!

↑↑↑

【無料でできます!】

愛車を高く売りたいなら必見!

↑↑↑

【無料でできます!】

車を最も高く売却する方法
愛車を高く売るコツ
車を高く売却する車選び
車買取査定の基本
車買取の裏ネタ
新車を安く購入するコツ
新車を購入する時期
賢い商談方法と予約購入につい
商談を行う販売店選び
お得に新車を買う商談の基本
今月の人気記事
カテゴリー

ページの先頭へ