車に関する言葉の定義。ダウンサイジングやセグメントとは?

目安時間:約 6分

車には、いろいろな言葉がありますが、なんとなく定義があいまいなまま使っているものがあります。

 

なので、急に意味を聞かれると、はっきり答えられない言葉もありますよね。

 

そこで、『車に関する言葉の定義』についてお話ししますね。

 

正しく定義を知ることは、クルマを深く知ることでもあるんですよ。

 

 

50万円以上もたかく売れる可能性も
  • 大切に乗ってきた車だから高く売りたい
  • 下取り査定額を上乗せしたい
  • 今の愛車の価値を知りたい

 

あなたは、これらに悩んでいませんか?

 

このサービスを使えば、50万円以上も高く売ることができる可能性があります。

かんたん車査定ガイド

↑↑↑  

無料でできます

車に関する定義をなんとなく使っていると、意味は次第にぶれてくる

車に関することだけでなく、日常的に使っている言葉の中にも、定義を聞かれたら答えられないものはたくさんあります。

 

あいまいなまま使っていると、意味が自然にぶれてきてしまうことも多いです。

 

なので、クルマに関する定義を知って、車を今まで以上に深く知ってくださいね。

 

ダウンサイジング

ダウンサイジングは、言葉の意味としては「小さくすること」です。

 

けれど、クルマの用語としては、「小排気量(多くは直噴)+過給機(ターボなど)」なエンジンのことを指しています。

 

 

軽自動車は、660cc+ターボが多いですが、ダウンサイジングにはなりません。

 

というのも、軽自動車は、もともと660ccだからです。

 

車のダウンサイジングは、「このボディサイズなら2Lエンジンあたりがふさわしいけど、1.5Lターボを搭載して、パワーは同等以上にして、燃費向上も目指す」というのが世界的な定義だからです。

 

自動車メーカーの定義

1996年に光岡自動車が、日本で10番目の自動車メーカ―になりました。

 

車を作れば、どんな会社でも自動車メーカーになれるわけでなく、ちゃんとした定義があるんです。

 

国土交通省の審査を合格し型式認定を得られれば、すなわち、車台番号を発行できれば自動車メーカーになるんです。

 

ハイブリッド

ハイブリッドとは、「二つを融合させる」という意味で、クルマの場合、モーターとガソリンエンジンを用いることです。

 

モーターが明確な動力源になっていることが必要です。

 

なので、スズキのマイルドハイブリッドなども、モーターはほんの少ししかアシストしませんが、モーターは動力となっているので、ハイブリッドとなります。

 

セグメント

カー雑誌などをみていると、「セグメント」という言葉が出てくることがあります。

 

セグメントとは、「区分」「部分」などの意味で、クルマの世界では、主に大きさでA~Eまでのセグメントに分けられます

 

国産車では、

 

・Aセグメント=軽自動車など

・Bセグメント=フィット、デミオなど

・Cセグメント=カローラ、インプレッサなど

・Dセグメント=レガシィなど

・Eセグメント=フーガなど

 

となっています。

 

 

ランドクルーザーもEセグメントなのですが、海外ではJセグ(クロカン)と呼ばれることもあります。

 

もともとセグメントは、保険や市場データ区分のために便宜的に使われていただけなので、今でもあいまいな分け方となっているんです。

 

 

クロスオーバーSUV

クロスオーバーとは、「融合」という意味です。

 

クルマの世界では、「クロスオーバーSUV」という具合に、SUVを中心に使われることが多いです。

 

SUVと乗用車を融合したC-HRやCX-3、アウトバック、SUVと高級車を融合したハリアーなどがあります。

 

 

けれど近年は、SUV以外のクロスオーバーも出てきていて、

 

・コンパクトカー+ミニバン :ソリオ、フリードなど

・乗用車+ミニバン :ウィッシュ、ジェイドなど

・セダン+クーペ :ベンツCLAなど

 

もあるんです。

 

 

ちなみに、SUVとは、スポーツに行くための車のことなんですよ。

 

 

車に関する言葉の定義は、このようになっています。

 

次回も引き続き、車に関する言葉の定義についてお話ししますね。

タグ:  

カテゴリ:車のおもしろい豆知識 

愛車を高額買取してもらう方法。車買取一括査定の利用がポイント

車を高く売るためには、普通にディーラーの下取り査定や車買取店の査定を受けるだけではダメです。
 
複数の車買取店やディーラーの査定を受け、価格競争させることが重要です。
 
これをすることで、1店舗だけの査定よりも、数十万円以上も高く売ることができる可能性があるんです。
 
 
方法は簡単です。
 
以下のような流れで行えばいいんです。
 
1.車買取一括査定サイトを利用して、複数の車買取店から査定を受ける
2.複数の車買取店を競合させて、最も高い査定額を引き出す(⇒車買取で最も高い査定額を得る交渉術。買取価格が数十万円アップも
3.ディーラーの下取り査定を受ける
4.「ディーラーの下取り査定額」と、2の「車買取店の最も高い査定額」を競わせる(⇒車の下取り査定額を上乗せする方法。車買取店との競合がコツ
5.最終的に高い方に売却する(ただし、差が2~3万円くらいのときはディーラーへ下取りに出す)
 
このように行えば、愛車を最も高く売ることができ、下取り査定の上乗せも期待できるんですよ。(車を売却するだけの人は、2.で終わればいいです)
 
「愛車を最も高く売りたい」「下取り査定額をアップさせたい」という人は、ぜひ行ってください。
 
 
ただ、たくさんの車買取店を回るのは大変ですよね。
 
そこで便利なのが“車買取一括査定サイト”です。
 
必要項目を入力するだけで、あなたの住んでいる所の複数の車買取店が無料で査定をしてくれるんです。
 
しかも、実際に車を見て査定をするときも、無料で自宅まで来てくれるんです。
 
愛車を高く売るたい人は、車買取一括査定サイトを利用して、複数の車買取店に査定を受けることからスタートです。

当サイト人気一括査定サイトランキング

かんたん車査定ガイド

たった45秒で一流業者が愛車の値段を教えてくれる!

入力項目が少ないので査定依頼がとっても簡単。東証一部上場企業が運営しているので安心ですね。一流の大手買取業者からコダワリの専門業者まで最大10社の一括査定を受けることができますよ。しかも、入力してすぐに概算の最高額も分かるのもGoodです。

車査定比較.com

申し込み後、すぐに買取相場を教えてくれる!

全国の200社以上の質の高い車買取業者と提携し、サイトの運営会社は上場企業なので、安心して利用できる無料買取一括査定サイトです。たった数項目の入力で、最大10社の車買取店から見積りがもらえます。しかも、全国75万台のデータから算出した買取相場を、申し込み後すぐに教えてくれますよ。

カーセンサー.net簡単ネット査定

意外な高値が期待できる一括査定サイト

リクルートが運営しているカーセンサーの一括査定サイト。最大30社から見積もりが届きます。地方の中小買取企業も参加しているため意外な高値が期待できます。さらに、大手では買い取ってくれない車に強いのも特徴です。


愛車を高く売りたいなら必見!

↑↑↑

【無料でできます!】

愛車を高く売りたいなら必見!

↑↑↑

【無料でできます!】

車を最も高く売却する方法
愛車を高く売るコツ
車を高く売却する車選び
車買取査定の基本
車買取の裏ネタ
新車を安く購入するコツ
新車を購入する時期
賢い商談方法と予約購入につい
商談を行う販売店選び
お得に新車を買う商談の基本
今月の人気記事
カテゴリー

ページの先頭へ