新車の商談は、長期決戦と短期決戦どちらが有効?店長との交渉は得ではない

目安時間:約 7分

車は高い買い物なので、だれでもお得に購入したいと考えますよね。

 

ただ、普通にディーラーを訪れて商談するだけでは、お得に購入することはできません。

 

ちょっとしたコツや注意点を押さえることが、ポイントなんです。

 

そこでこれまでに、車をお得に購入するための流れや注意点についてお話ししました。

 

 

※新車の購入は商談前の情報収集がとても重要

安くお得に車を買うには事前の情報収集が大事|新車購入の基本

 

※初回交渉は、販売時期で臨機応変に
商戦期の車購入は短期決戦で。通常期の初回交渉は様子見|新車購入の基本2

 

※最終交渉・契約でダメ押しの条件提示を
最終交渉はポイントを決めて攻める。納車は入念に確認を|新車購入の基本3

 

※欲しい車種に合わせて、競合を行おう

ディーラーのタイプ別傾向と対策。競合のパターンは3つ|新車購入の基本4

 

※知人を商談に同席させるのはNGです

新車購入の商談でやってはいけない2つのNG交渉。在庫車は売れ残りではない|新車購入の基本5

 

※末期モデルや未使用中古車にもメリットがあります

未使用中古車のメリットとは?できるだけ上級グレードを選ぼう|新車購入の基本6

 

 

今回も、前回の続きとして、商談での注意点の続きについてお話ししますね。

 

内容は、

 

・商談は長期決戦と短期決戦どちらが有効的なのか
・女性1人で販売店に行くとカモられる?
・担当営業マンが気に入らないときはどうすればいい?
・店長と交渉するのが一番お得?
・納期が翌月になりそうなときは、登録も翌月にしてくれる?

 

についてです。

 

 

「愛車を高く売りたい」 が現実になる方法
  • 大切に乗ってきた車だから高く売りたい
  • 下取り査定額を上乗せしたい
  • 今の愛車の価値を知りたい

 

毎月100人以上が利用する方法で、あなたのこの悩みを解決できます。

⇒詳細はこちらをクリック

商談は長期決戦と短期決戦どちらが有効?

今どきの新車購入の商談は、短期決戦が一般的です。

 

インターネットなどの普及により、ユーザー側も購入車種の絞り込みを事前に行なうし、値引きも粘れば粘るほど拡大するという時代ではなくなっています。

 

営業マンも、一人のお客に長く時間が掛けられない状況にあるので、短期で結論をでそうなお客には好条件を提示してきます。

 

そのため、本命一本で初回交渉時に契約となることも多いです。

 

ただ、もう一方で、いったん商談を中休みして再開するといった長期戦も効果が高いです。

 

増販期では短期決戦がおすすめですよ。

 

 

女性1人で販売店に行くとカモられる?

女性1人で販売店に行っても、カモられることはないです。

 

ただ、女1人で行くと、『本気で車を買おうという意欲のあるお客』とは見られないことがあります。

 

女性の場合、実際に支払うのが実父やご主人ということが多く、女性一人での来店では契約まで行かないことが多いです。

 

そのため、営業マンは様子を見ているという感じです。

 

 

ただし、男女問わず予備知識がないとカモられる可能性は十分高いので、新車を購入するときは事前に情報収集することが大切です。

 

女性1人でも事前準備をして商談に臨めば、営業マンはきちんと対応してくれますよ。

 

 

担当営業マンが気に入らないときはどうすればいい?

商談で「担当してくれている営業マンがどうしても気が合わない」ということがあります。

 

けれど、担当の営業マンを変えてもらうなんてことはできないと思っている人は多いです。

 

そんなときは、商談をする店舗を変えるのが一番です。

 

 

都市部なら、自宅周辺に本命の車を扱う販売会社の店舗はたくさんあります。

 

移った店舗が同系列の店舗だとしても、事情を素直に話せば特に問題はないです。

 

 

ただ、どうしても店舗を変えたくないことってありますよね。

 

そんなときは正直に担当を変えほしいことと、その理由を店長に話せば交代してくれます。

 

でも、同じ店舗だとどうしても妙なしこりは残ってしまうので、できるだけ店舗を変えることがおすすめです。

 

 

店長と交渉するのが一番お得?

多くの販売店では、店長が一見客と商談することはほとんどありません。

 

店長は、店舗のマネージングに専念する立場なので、現場からは遠のいています。

 

店長との商談は、かえって面倒になることもあります。

 

ましてや店舗管理を任されているので、立場上よほどの馴染み客でなければ、自ら値引きをポンポンと拡大することはないのです。

 

 

納期が翌月になりそうなときは、登録も翌月にしてくれる?

契約が決まった時点で、購入する車の登録予定日が契約月の末になりそうな場合は、納期が翌月になってしまいます。

 

こうなると、1ヵ月分無駄に自動車税を払うことになってしまうので、「登録も翌月にしてください」と交渉することは可能です。

 

しかし、営業マンは月内登録を前提に値引き条件を決めていることが多いです。

 

トラブルにならないためにも、初回の商談で納期を確認して、月末になりそうな場合は、翌月登録の希望を伝えておくといいですよ。

 

 

このように、新車の商談時は、注意してほしい点がいくつかあります。

 

お得に購入できるように参考にしてくださいね。

タグ:  

カテゴリ:車を安く買うコツ 

愛車を高額買取してもらう方法。車買取一括査定の利用がポイント

車を高く売るためには、普通にディーラーの下取り査定や車買取店の査定を受けるだけではダメです。
 
複数の車買取店やディーラーの査定を受け、価格競争させることが重要です。
 
これをすることで、1店舗だけの査定よりも、数十万円以上も高く売ることができる可能性があるんです。
 
 
方法は簡単です。
 
以下のような流れで行えばいいんです。
 
1.車買取一括査定サイトを利用して、複数の車買取店から査定を受ける
2.複数の車買取店を競合させて、最も高い査定額を引き出す(⇒車買取で最も高い査定額を得る交渉術。買取価格が数十万円アップも
3.ディーラーの下取り査定を受ける
4.「ディーラーの下取り査定額」と、2の「車買取店の最も高い査定額」を競わせる(⇒車の下取り査定額を上乗せする方法。車買取店との競合がコツ
5.最終的に高い方に売却する(ただし、差が2~3万円くらいのときはディーラーへ下取りに出す)
 
このように行えば、愛車を最も高く売ることができ、下取り査定の上乗せも期待できるんですよ。(車を売却するだけの人は、2.で終わればいいです)
 
「愛車を最も高く売りたい」「下取り査定額をアップさせたい」という人は、ぜひ行ってください。
 
 
ただ、たくさんの車買取店を回るのは大変ですよね。
 
そこで便利なのが“車買取一括査定サイト”です。
 
必要項目を入力するだけで、あなたの住んでいる所の複数の車買取店が無料で査定をしてくれるんです。
 
しかも、実際に車を見て査定をするときも、無料で自宅まで来てくれるんです。
 
愛車を高く売るたい人は、車買取一括査定サイトを利用して、複数の車買取店に査定を受けることからスタートです。

当サイト人気一括査定サイトランキング

かんたん車査定ガイド

たった45秒で一流業者が愛車の値段を教えてくれる!

入力項目が少ないので査定依頼がとっても簡単。東証一部上場企業が運営しているので安心ですね。一流の大手買取業者からコダワリの専門業者まで最大10社の一括査定を受けることができますよ。しかも、入力してすぐに概算の最高額も分かるのもGoodです。

車査定比較.com

申し込み後、すぐに買取相場を教えてくれる!

全国の200社以上の質の高い車買取業者と提携し、サイトの運営会社は上場企業なので、安心して利用できる無料買取一括査定サイトです。たった数項目の入力で、最大10社の車買取店から見積りがもらえます。しかも、全国75万台のデータから算出した買取相場を、申し込み後すぐに教えてくれますよ。

カーセンサー.net簡単ネット査定

意外な高値が期待できる一括査定サイト

リクルートが運営しているカーセンサーの一括査定サイト。最大30社から見積もりが届きます。地方の中小買取企業も参加しているため意外な高値が期待できます。さらに、大手では買い取ってくれない車に強いのも特徴です。


車を最も高く売却する方法
愛車を高く売るコツ
車を高く売却する車選び
車買取査定の基本
車買取の裏ネタ
新車を安く購入するコツ
新車を購入する時期
賢い商談方法と予約購入につい
商談を行う販売店選び
お得に新車を買う商談の基本
今月の人気記事
カテゴリー

ページの先頭へ